2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

2/14 横浜市野毛 Sam's Bar 【Black Valentine's day 2017 Live】

いよいよ、ツアー最終日。
前日に山形から仙台に移動していたので
横浜ライブ当日は、短い時間ではあったけれど、新幹線に乗る前に青葉城址を見たり、ずんだシェイク飲んだりで仙台を満喫し、後ろ髪を思いっきりひかれながら、
でも、こちらも大好きな街・大好きな場所のある、横浜へ。


2/14
Sam’sBarでのブラックバレンタイン、ご来場感謝!
共演の皆様、お会いした皆様ありがとうございました!!


2017.2.14女帝降臨!

この御方がいなければこのイベントは始まらない暗黒女性シンガー界の女帝・禧禧さんがまさかの選曲の連発でオープニングを飾り

奇跡の怨念怨恨情念炸裂暗黒系美少女シンガー・フレイヤさん!

可愛らしい妖精のようなたたずまいの永遠の美少女シンガー・フレイヤさんが怨念怨恨情念炸裂のオリジナルとカヴァーを織り交ぜての世界を展開し


次いで、3番手、私キクチシノブ。

2017.2.14

背中が・・・(笑)

2/14キクチシノブ セットリスト
 1.死んだことにしてしまおう
 2.君と走る
 3.吾亦紅
 4.葦の街
 5.Hard Times Come Again No More
 6.アックスボンバー
 7.明け方の夢

今回のツアーの衣装として持って行ってたワンピースを鶴岡ライブ後にパジャマにしてしまい(汗)
でもこの店でのライブにふさわしい衣装があるじゃん、と大日魂Tシャツでステージに上がったところ大好評(^^)
唄の内容的には、自分なりにこの日この場で歌いたい唄を、と考えてのセットリストだったのですが、毎年このイベントに出演させていただくたびに、自分の浅さ軽さを痛感させられます(汗)。
しかし、「吾亦紅」(オリジナルです)の歌詞をフレイヤさんが気に入って下さったり、「アックスボンバー」に禧禧さんとフレイヤさんがガッツリと食いついてくださって、あまりのありがたさに嗚呼ここに自分の居場所はあったかと感涙の夜となりました。
聴いてくださった皆様、ありがとうございました!

西横浜のエンターティナー・毒桜アンジェリックス!

トリはもちろんこの御方、毒桜アンジェリックスさん!
美しくも重々しい名曲の数々と聴けば聴くほど深いオリジナルでのステージ。
最後の曲、好きです。


みんなで記念撮影☆


Sam'sBarとのご縁も、もう4年。
歌わせて頂けることが嬉しいのは勿論、禧禧さん、フレイヤさん、アンジェリクスさんの歌をたっぷりと堪能させていただけるのも幸せです。
終演後、禧禧さんとフレイヤさんが「このイベントはありがたいよね。遠慮せずに好きな暗い歌を唄えるから」って笑顔で話してて、自分もまったく同感(笑)。
こんな豪華なイベントに毎年お誘いくださるSam’sBarのSamさんIkukoさん、ありがとうございます!!
これからも、よろしくお願いいたします!!


*********************


ライブ翌日は、ホテルをチェックアウトしたら先に空港に行って荷物を預けてから東京観光でも、と思ってたのですが
桜木町駅に向かう途中で、横浜美術館で開催中のこの写真展のポスターを見つけて、予定変更。

http://yokohama.art.museum/exhibition/index/20170104-477.html


行ってよかった。
ポスターを見た時は、ジョン・レノンをはじめ、たくさんのミュージシャンの写真が見られる~、くらいの気持ちだったけれど
そこにあったのは、ミュージシャンや有名人の写真だけじゃなかった。
東北から始まった旅の締め括りに、東北で生きる人達の肖像をたくさん見た。
これも、タイミングなんだろう。


一通り見終えても、立ち去り難くて、また展示室に戻ったりして
見るというより見られているような思いで向かい合って
結局、丸2時間くらい写真展を見てから、空港へ。


夕方に羽田を発って、午後6時、女満別着。
出発前の連日マイナス20℃の日々が嘘のように、ずっとずっと暖かくなっていた女満別の気温はマイナス2.5℃で、融けた雪の感じも風のにおいもつい先日訪れた山形みたいに感じて、それがなんとなく嬉しかった。


忘れられない旅になりました。
6日間でお会いしたすべての皆様、ありがとうございました。
またいつか、再会できることを願っています。


スポンサーサイト
[ 2017/02/18 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/988-d517e4fa