2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

2/12 山形県鶴岡市 Bar TRASH 【Bar TRASH Acoustic Live】

雪降る道を進み、一路鶴岡へ。
太平洋側から日本海側への旅は生まれて初めて。

寒河江サービスエリア!
初めての山形!
寒河江のサービスエリアは雪!!


日本海!
朝は太平洋側の福島にいたのに、お昼には日本海へ!
イカ宗さん長距離運転ありがとうございます!!

湯野浜温泉!
海辺は寒かったけれど、湯野浜温泉でほっこりとあたたまる。
しょっぱくて熱~いお湯の温泉。お肌すべすべ(^^)
前夜の疲れも移動の疲れもすっかりとれて、いざ、ライブ!!


・・・の前に
加茂水族館!
(このあたりから、FB等で「ホントにライブしに行ってんのか?」との疑惑浮上/笑)

メメシノブ
(母と娘ではなく姉妹。あくまで姉妹。)
メメイカ
(父と娘でなく姉妹・・・ってのは無理がある気が/汗)
イカシノブ
(サービスエリアで夫婦(っつーか、めめちゃんの両親)に間違われた2人/汗汗汗)

加茂水族館、以前テレビで見て気になっていた場所でもあり(一時経営が大変になって・・・というのが、地元の「山の水族館」にも通じるものがある気がして親近感もあって)、もともとクラゲも水族館も大好きでもあったので、今回見に行くことが出来て嬉しかったです。


ライブ会場のBar TRASHさんが開店するまでまだ少し時間があったので、今回のライブのポスターも貼って頂いた楽器店兼雑貨屋さんの「なんだ屋」さんにもご案内していただきました。
足りなくなってたピックを購入することが出来て助かりました(^^)
そして古書の品ぞろえにビックリ。
鶴岡、ライブ抜きで一日過ごしたくなりました。


その後、いよいよ本日の会場、Bar TRASHへ。
マスターのタケさん、PAの高橋カツヲさん、そして共演のサトウ正春さんにご挨拶。
Ikasama宗教さんとマスター、カツヲさん、正春さんの会話がなんだか家族のようで、あったかい家庭にお邪魔しているような気持ちになった。
そして、リハの時点で、とても気持ち良い音!


この日はトップバッターで唄わせていただきました。

2/12キクチシノブ

 1.シーベック・シーモア(インスト)
 2.君と走る
 3.柘榴
 4.ことり
 5.方舟
 6.ニジマスノウタ
 7.ライト

マスターがアイリッシュもお好きだと聞いていたので、久しぶりに「ことり」を。
自分で書いた言葉に自分が負けそうになる瞬間もあったけれど、それでも歌って良かった。
反省点はたくさんあるけれど、だからこそ、また歌いたい、って思えた。
聴いてくださった皆様、ありがとうございました。


2番手に、地元代表、サトウ正春さん。
2/12サトウ正春さん

カヴァーもオリジナルも、どこまでも熱い歌。「歌いたい!」と「聴いて欲しい!」の情熱がステージからガンガン伝わってきた。
出会えたことに感謝です。また再会できますように!!


3番手、memekoさん。
2/12memekoさん

前日とはまた一味違ったセットリスト。お店の木の柔らかな雰囲気とクラリネットの音色の柔らかさとが一体となって、心地よい空気が広がって。
めめちゃんに会えて良かったです。また一緒に旅したい、って思いながら、音と歌声にゆっくりと浸ってました。


トリは、Ikasama宗教さん。
2/12Ikasama宗教さん

「日々是、命辛々」をいきなり聴けて嬉しかった!
そして、前日同様に新曲でたたみかけて、でも後半も前日とは違う選曲で。
歩いてきた道、乗り越えてきたこと、抱えた重さ。全部を音楽に昇華して、でもきれいごとじゃなくて、イカ宗さんにしか生み出せない歌。
イカ宗さんと出会ってなかったら、この日のライブは無かった。
聴きながら、いろんな思いが込み上げて来て、胸がいっぱいになって・・・・・・


・・・・・・そして


終演後に飲み過ぎたバカは私です(汗)
いやだってTRASHの自家製梅酒サイコーに美味しいんですもの!!(←そこまでは記憶あり)


ライブ後は、高橋カツヲさんとあきのさんの「わくわくもぐらハウス」に泊めて頂きまして
美味しい日本酒をいただいたところまでは記憶があるのですが
翌朝イカ宗さんからお聞きした情報によりますと


・「ここで寝て良いですか~?」と、こたつで就寝しようとする
・同じくめめちゃんもこたつで寝ようとする
・結果、イカ宗さんカツヲさんあきのさんに寝室までご案内いただき、メメシノブはステージ衣装のまま就寝


・・・・・・

本当に申し訳ございませんでしたm(_ _)m

朝起きて「なんでワンピース着て寝てるんだべ?」ってビックリですよ。
もっとビックリしたのが、記憶まったく無いのにちゃんとコンタクトレンズ外して化粧落として寝てたこと。
そこまで出来たんなら着替えろよ自分(泣)
記憶無い間に何かやらかしてんじゃないかと思うともう恥ずかしさと申し訳なさで、平たい胸がさらに締め付けられる思いですよ。


いろいろご迷惑をおかけしましたが
それでも「また是非!」って言ってくださった皆様に心から感謝いたします。
鶴岡、大好きです!お会いした皆様、本当に本当にありがとうございました!また再会を!!

スポンサーサイト
[ 2017/02/17 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/987-f3ffd2a0