2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

『独唱パンクvol.186 吠える北海道in東京』 at 東京・高円寺Reef

2016.11.3独唱パンクポスター!


関東ツアーから無事帰宅したものの、帰宅した日は雪にやられ(汗)翌日からは連日仕事でブログの更新が遅くなりましたが
11/3独唱パンク、お会いした皆様ありがとうございました!

いやー、楽しい夜でした!

個人的には2度目の独唱パンク出演でしたが、Reefに出演させていただくのは初めて。
しかも、「北海道」をテーマに据えてのライブ。
さらに、“変身忍者”佐藤豪さん、たこボーさんとは初共演。
(実は、豪さんとは先日豪さんが北見に帰省された際にライブ抜きでお会いして飲んだのですが^^)
どんなライブも緊張感を持って臨む、っていうレベルの話とは別次元で、マジで緊張してたのもまた事実。
残念なライブやって北海道に泥塗ったらもう帰れないぞ、的な。
ライブ前に飲まないのはいつものことなんですが、今回は目の前に美味しい北海道料理のスペシャルメニューがずらりと並び、お客様も共演者さんたちもライブ前から続々と飲み始めるという誘惑の中。しかし、それでもやっぱり飲まず(飲めず;)、ノンアルコールで黙々とライブへのテンションを高める自分。
あーあ、アタシ小心者だなぁ・・・
・・・って前を見たら、いつもなら絶対飲んでる高橋小一さん(この日のトリ)が同じくノンアルコールビール飲んでた(笑)。
お互い顔を見合わせて大笑い。菊池隼人に「小心者コンビ」と命名される(^^;
そんな感じで、ライブはスタート。


トップバッターは、主宰のチバ大三さん。
「サバ道」から「屈斜路」への流れで、海から深海、そして静まり返った湖へと空気が変わってゆく。
さらに、ラブソングの「ボルトとナット」。心臓わしづかみされた気分。この唄、大好きです。
締め括りの「バカバッカ」は、いろんな意味で、嬉しかった(^^)
主宰、ありがとうございました!!


二番手、独唱パンク初登場の菊池隼人。from北見にして十勝・中川郡本別町出身。
SEで空気を変えるという、地元ライブでは使わない手段にてステージに登場。っつってもそのSEが落語のアレだし(笑)。
楽しげに飲みながら、いつもどおり「カメムシくん」「ありんこ」と虫2連発でスタート。
「ヌ印良品」が地元ライブより受けてたのは、さすが東京だなぁ、と(^^;


三番手は“変身忍者”佐藤豪さん。北見出身。お会いするのは二度目だけれど、ライブを見るのは初めて。
紙芝居を駆使しながらのステージ。紙芝居を使ったMCの楽しさとかも勿論印象的だったけれど、何より強烈だったのは、歌。
厳しさも何もかも覚悟して地元を離れた人にしか歌えない歌。地元に残るのと地元を離れるのと、どっちが良い悪いじゃなく、離れた人ならではの言葉・思いが刺さって来た。
(といっても、自分自身、ずっと北海道にいるとはいえ、実家のある札幌と北見の距離は約300キロ。生まれた街・旭川と北見の距離もその約半分とはいえ100キロ超・・・北海道、広すぎ;)
北見で生まれ育ち、今は東京で活躍する豪さんの歌を聴けたこと、嬉しかったです。来年は、北見で再会を!


ちなみに、“変身忍者”佐藤豪さんのステージ後、トリの高橋小一さんが飲み始める(笑)。


四番手は、たこボーさん。十勝の芽室出身。
チバさんから、高円寺界隈では知らない人のいない実力派、って聞いていたので、とっても楽しみにしていた。
そんな大きな期待を、さらにさらに上回るカッコいいギターと歌!!
それが、とてもさらりとしていて、凄いことやってるのに聴いてて圧倒されるというより引き込まれて楽しくて、心地よい。
菊池隼人の毒のある飄々とは違った意味での飄々さ。(でも、この飄々とした感じは、十勝ならではなのかな・・・)
ラストのライ・クーダーは鳥肌立った!出会えて良かったです。また再会できますように!!


キクチシノブ、この日はセミファイナルの5番目に唄わせていただきました。

2016.11.3 キクチシノブセットリスト
1.死んだことにしてしまおう
2.ニジマスノウタ
3.流れ
4.草熱れ
5.ライト
6.アックスボンバー

唄い始めたばかりの頃に書いた「流れ」を久々に唄う。
そして、歌詞を一部変更した「アックスボンバー」をライブで初披露。
反省点はいろいろありますが(歌詞の順番ちょっと間違ってたりとか^^;)、全力、出せましたので悔いは無し。
聴いてくださった皆様、ありがとうございました。

 
トリは、高橋小一さん。釧路出身。
美味しいビールを存分に飲みながら楽しませていただきました(笑)。
同学年。ギター二丁拳銃。会えば会うほど興味がわいてくる小一さん。
この日のステージを見て、一層ファンになった。
まっすぐな酔っ払い。ダメな自分をまるごとさらけ出して、でも前を向いて歩き続け唄いつづけてゆく。
小一さんの歌、大好きです。また来年、再会を!!


終演後も、北海道トークで盛り上がり、
隼人とたこボーさんが十勝の話題(若干、毒入りトーク/笑)で盛り上がってるのを、チバさんがすっごく楽しげに横で聞いてる姿が印象的だった。
Reefのお料理も美味しかったです。
お世話になった皆様、ありがとうございました!!


2016.11.3.独唱パンク出演者集合写真!
終演後の出演者集合写真、“変身忍者”佐藤豪さんのFacebookよりいただきました。
みんな、ステージの上での表情と違い過ぎな満面の笑顔!!


スポンサーサイト
[ 2016/11/09 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/964-27083973