2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

南相馬SHOUT『チバサバ夏の東北ツアー!!』

福島から南相馬までは、車で1時間半程度。
途中、菊池家の本家のある伊達を通り、飯館村を通り、南相馬へ。

ライブまで時間があったので、海を見に行く。
堤防は、工事中だった。
堤防側から見た景色、そして、さらに車を走らせて浪江で見た景色を、決して忘れない。
草花の生い茂る線路。海側に広がる葦野原は、どこまでも静かできれいだった。
けれど、「二輪車の通行禁止」の看板と、交差点ごとのバリケードに立つ警備員の姿が現実を伝えていた。
悔しかった。

いろんな思いを抱えて臨んだ南相馬ライブ。
SHOUTでお会いした皆様、お世話になった皆様、お店のマスター、ありがとうございました!!

南相馬SHOUT初ライブ!

●7月20日(月・祝)福島県南相馬市 SHOUT
 『チバサバ夏の東北ツアー!!」
 出演者および出演順:
  高野Yajirobayシンジ、ハルミ、ランブリン前田 ロンサムバンド、チバ大三、Kenji、キクチシノブ

タカノシンジさん
トップバッターの高野さん。南相馬の今を伝える唄。
南相馬のお客さんたちの大合唱。
いきなり、ガツンときた。

ハルミさん
この日、同じ景色を見てきたハルミさん。気合の入り方が伝わってきた。
以前東京で聴いた時以上の叫び。

ランブリン前田ロンサムバンド
主宰のランブリン前田さんによる一人ジャグバンド(?)ランブリン前田ロンサムバンド。
歩き出すと演奏が始まるというスタイル。
楽しかった!
笑えた、って意味だけじゃなく、音楽がどこまでも楽しかった。

チバ大三さん
この日の主役のチバ大三さん、トリじゃなく中盤に登場。
チバさんにとっても南相馬でのライブは初めてだったそうですが、前夜以上にアットホーム感が生まれていたのは唄とパフォーマンスの力なんだろう。
「野良牛の冒険」は、昼間見た景色が重なった。

Kenjiさん
トリ前、Kenjiさんは、じっくり聴かせるギターと唄。
トップバッターの高野さんと表現方法は違うけれど、でもリアルな思いが唄からたくさん伝わってくるライブだった。


そして、私。

 1.君と走る
 2.ニジマスノウタ
 3.ライト
 4.ことり
 5.Hard times come again no more
 6.半分だけの月
アンコール
 7.柘榴

前夜の福島ライブ以上に、気持ちばかりが空回りしてしまったライブでしたが、最後の「柘榴」で全力出しつくしました。
聴いてくださった皆様、ありがとうございました!!


********************

ライブ翌日、南相馬から常磐道を通って東京に向かう道中で見た景色は、前日に見た景色以上に辛くて、悔しくて、
だけど絶対にまたここに来ようとあらためて思った。
今回のツアーを組んでくれたチバ大三さん、一緒に旅してくれたハルミさんに感謝します。
そして、出会ったすべての方に。
また会いましょう!!
これからも、どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2015/07/22 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/882-697c9f28