2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

帰ってきました!&名古屋報告

名古屋、京都、滋賀でお会いした皆様、お世話になった皆様、そして会場には来られなかったけれど気にかけてくださったすべての皆様、
本当に本当に、
ありがとうございました!!


昨夜、無事北海道に戻りました。


濃密すぎるくらいに濃い時間の連続だった、3泊4日の旅でした。


11/1、お昼過ぎに新千歳空港を発つ便で中部国際空港セントレアへ。
荷物が多いため、車で空港に向かったものの、事前にネットで調べて狙いをつけていた空港の駐車場のうち安いほうが満車で高い方に停めなきゃならんというアクシデントで若干テンションが下がる我々夫婦。
しかし、これまで私の一人旅では毎度トラブル続きだったギター預けの諸手続き(超過料金手続等)がこれまでになくすんなりとすすみ、気分良く搭乗口へ・・・と思ったら旦那さんは金属探知機で引っかかる(^^;
ワタワタしつつ、どうにか無事機内へ。そして離陸。


しかし、


上空の気流は我々を歓迎するかのように荒れまくり、
スッチーさんも「機長の指示により」ほぼ着席したままにて、セントレア着。


機内放送の落語を楽しみながら気を紛らわそうにも
数分置きのベルトサインと機内放送じゃ
噺に集中もできやしない(^^;
ゲロ吐かなかった自分を褒めてあげたい。頑張ったよ我々。


セントレアがあるのは名古屋市内ではありません(笑)

常滑の招き猫さんたちに旅の疲れを癒されて
外に出れば、今回もお世話になります、のHOBOけいすけさん&タさきフみえさんが空港まで迎えに来てくださっていて。
楽しい旅の始まりです。


ここ数年、というか、けいすけさんたちと一緒に回らせていただくようになってからは、名古屋を起点にしつつ、ライブは関西方面で、というのが多かったのですが、今回の旅は、久しぶりに初日が名古屋ライブ。
けいすけさんちでひと休みして、この日の会場・きてみてやへ。


この日のライブは、
私の名古屋初ライブにお客さんとして来てくださって、
その後、私のコンサーティナが今も演奏可能な状態であるためのメンテナンスをしてくれる職人さんを紹介してくれて、
名古屋の素敵な場所を教えてくれて、
何より、HOBOけいすけというミュージシャンとの出会いをくれた、
私にとって、かけがえのない人

コンサン

その、追悼ライブ。


事前にけいすけさんたちがご家族からお借りしておいてくれた、コンサンの遺影とお部屋で対面。
その大切な写真を持って、きてみてやへ。


久し振りのきてみてや。
稲ちゃん(と呼ばせて頂いてますが、大先輩です!私の大好きなマスターです)の元気な姿が嬉しくて
「はがき、ありがとなぁ」「そんなに気ぃ遣わんでええのに」の言葉が嬉しくて
「太ったやろ!」の突っ込みも、今ここにコンサンがいたら同じこと言ってたんだろうなーと思ったら、それすら嬉しくて(いや痩せなきゃって反省はしてますが/汗)
なんだか、ライブ前の時点で、泣くの堪えるのが結構しんどかったです。


機材セッティングが終わった頃、本日のスペシャルゲスト・金澤栄東さん到着。
また会えたこと、そして、栄東さんに覚えててもらえたことも、嬉しかった。


会いたかった友達、コンサンが出会いをくれた大切な人も、来てくれた。
コンサンも、いる気がした。


午後7時半を回ったころ、ゆるやかにライブはスタート。

菊池隼人with金澤栄東


本州初ツアーのはずの菊池隼人は、いつもどおり、飄々としたステージ。
栄東さんとの共演は、「時代おくれ」を。



そして、このステージ途中、思いがけないお客様がご来店。
まー、びっくり(^^;
その方に飛び入り演奏していただくのは、もう少し先のこと。

タフwith金澤栄東


ターフー、この日が栄東さんと初共演だったとのこと。意外!
そんなふうに思えないくらい、自然に、ターフーの唄の世界を栄東さんのハーモニカの音色がさらにあざやかにやわらかに描き出してた気がした。

Shinobu with 金澤栄東


そして、私。
セットリストは
 1.君と走る
 2.半分だけの月
 3.柘榴(ゲスト:金澤栄東)
 4.方舟
 5.ブラザー軒(カヴァー)

「柘榴」は、ここでHOBOけいすけさん&金澤栄東さんの“北風と太陽”と、コンサンの「マイスペースバンド」と私とでのジョイントライブを初めてさせていただいた際、栄東さんが客席で突然演奏し始めてくれた、思い出の曲。
この日のセットは、思い出の曲と、コンサンが好きだと言ってくれた曲と、コンサンに捧げる曲。
聴いててくれたかな。
いやー、お座敷の壁のところで酔っぱらって寝てたかな(笑)

いとうたかお with 金澤栄東


ここで、飛び入りゲスト。
言葉は、いらないですよね。
「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」、春一でも聴いた。
あの時、かぶりつきからコンサンにメールした。「今ペケさんが歌ってるよ!」って。
コンサン、すぐ返信くれたよね。
そんな話、ペケさんは知るはずもないのに、あの日と同じ唄をうたってくれた。
参りました。


北風と太陽(HOBOけいすけ & 金澤栄東)


そして、トリは、けいすけさんと栄東さん。
素晴らしかった。
二人だからこそ、の世界。


みんなで「プカプカ」を唄った後、
大トリで、栄東さん。


もう、写真撮る余裕も無かった。
今日はしんみりする日じゃなくにぎやかにする日なんだから泣かないぞ、の決意を、見事に崩壊させてくれた。
でも
栄東さん、ありがとうございました。


この場をセッティングしてくれたけいすけさんに感謝です。
勿論、稲ちゃんにも。
この日、お会いしたすべての人たちに、感謝です。


ツアー初日なのに、
あまりにも濃すぎて、濃さに圧倒されて、もう倒れそうな感じで(^^;


こんな奇跡も、
多分、
いや間違いなく、
コンサンのマジックだね。


ありがたいこと尽くしの、名古屋の夜でした。



スポンサーサイト
[ 2012/11/05 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/752-899da622