2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

明日は10月マンスリー&永山則夫

毎月第3火曜日恒例・LOGマンスリーライブです!

●10月16日(火) 札幌 ライブハウスLOG
 “Shinobu マンスリーライブ”
 住所:札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
 http://sapporo-log.net/log_main.html
 21:00開演 ライブチャージ1,000円

平日真っ只中ですが、通常のジョイントライブより遅めの21時開演ですので、お仕事帰りに、または家事を終えた後に、お気軽にふらりと足を運んでいただけたら嬉しいです。
お待ちしております!!







・・・・・・・・・


以下、音楽に関係ない話題ですので、長文or音楽以外のネタが苦手な方は閲覧ご遠慮ください。


*******************

LOGの店主でありシンガーソングライターでもある長津親分が現在本州ツアー中のため、
ダンナさんは店番代理の日々が続き、昨夜も一人でお留守番。
何を見るともなしにつけたTVで、永山則夫のドキュメンタリーを見る。
永山則夫本人への100時間におよぶインタビューと、その母へのインタビュー、そこから作成された精神鑑定書を題材とした90分番組。




先に言っておきますが
私は死刑制度に賛成です。
ご立派な「人権派」の方々には人でなしと批判されるかもしれませんが
基本的に「目には目を」と思う人間です。


*******************

以前、ある身近な人間がスピード違反・前方不注意の車にはねられ重体になったとき
面会謝絶の病室前で、
その犯人(と敢えて言いますが)の中年女が
保険会社からのアドバイスらしきものに基づいてなのか
あるいはその持って生まれた腹黒さゆえなのか
一切謝罪しようとせず
ふんぞり返り
「突然飛び出してきたんですよ」とだけ繰り返し続けた
その表情に
心の底からの殺意を抱いたのを、今も昨日のことのように思い出す。


その場にいた被害者に近しい人間は皆、
私と違って感情を押し殺すことの出来る人間だったため
誰一人、感情的になってその女に当たるものは無かったけれど
そんな中で、
いやむしろ、それ故に、
まだ子供だった私は、声に出さずに、まばたきもせずにその女の顔だけを睨み付けながら


「ひとごろし。」


「死ね。」



とつぶやき続けた。
声には出さず、
けれど
その女の眼に入る位置から動くことなく、しっかりと口を動かして。



心の底から呪い、憎悪し続けながらのそのつぶやきが
どれくらいの時間、それが続いたかは分からない。
ある時点から、女はこちらに気づいていた。
最初は疎ましそうに。
こちらを睨み付け、そしてその後は視線をそらして。


けれど


ずっとずっと「死ね」とつぶやき続け、呪いつづけたその日の終わり、


犯人の女が泣いた。


反省か、恐怖かは分からない。
“面倒なことに巻き込まれてしまった”というご都合主義な責任転嫁からの、単なる自己憐憫にすぎなかったかもしれない。
けれど
その女がその日
初めて
泣いて

「申し訳ありません」

と口にしたとき
私はやっと「死ね」とつぶやくのをやめた。


女の暴走ワゴンにはねられた被害者は、その後、数年間に渡り、重い障害と戦うこととなった。
今もその後遺症が無いとはいえない。


けれど、犯人の女は、怪我もせず、それっきり。
後のことは分からない。
交通事故の処理は、保険会社の仕事。
一瞬、反省や後悔で涙を見せたとしても
警察で何らからの(軽微な)処分を受けてしまえば、あっさりと日常生活に戻ってゆく。
どんなに人を傷つけても、
時には殺めても、
今のこの国の法律は、そんなものだ。


死刑・大賛成。
犯した罪の重さと等しく、罰を受けろ、と思う。
心の底から思う。
人を殺したのなら死んでしまえ、と思う。
心の底から、本当に本当に、
死ね、
と思う。



*****************


そんな考え方の人間が見た、永山則夫ドキュメンタリー。


彼の発達障害の有無や彼に下された死刑判決の是非よりも
逮捕後、教育を受け、支援者を得、人間として成長していった中で
精神的に成熟すればするほど、
己の犯した罪の重さが彼を苦しめただろうな、と
そんなことを思いながら、テレビを見ていた。


スポンサーサイト
[ 2012/10/15 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(2)

ワシも死刑制度は今の日本には必要だと思ってます。終身刑とか懲役300年とかの判決が出ないだろいうしね。

というか人殺しは何をされても良いと思っております。もっと言うと弱者(子供・老人・障がい者・婦女子(?)・・・)虐待や強姦なんかは極刑のうえ臓器移植に必ず提供することを義務つけるといいなぁ~と思ってます。

ま、色々とご意見もあるでしょうがね。
[ 2012/10/16 16:03 ] [ 編集 ]

>agharta335さま

お久しぶりです!御無沙汰してて申し訳ありません;
コメントありがとうございます。

終身刑や、懲役何百年とかがあれば、「死刑廃止」というのも分からなくはないのですが・・・
弱者虐待や強姦は臓器移植して、という考え、私も賛成です。

いろんな考え方の方がいるのは当然、とも思うのですが、
「死刑廃止賛成=善人、心の広い人、良識ある人」
「死刑制度賛成=人でなし、冷酷、心無い人」
という区分けになるのが、理解できません。
犯人の人権云々の前に、被害者の人権は?と思います。
[ 2012/10/17 21:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/747-199b306d