2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

岩見沢・三回忌・マンスリー

なんだか頭の中が整理しきれないまま数日が経過してしまいましたが


まずは、昨日のマンスリーライブ、御来場くださいましたお客様、そして急なお願いだったにもかかわらず出演してくださった菊池隼人氏、ありがとうございました!!


●2011年6月14日(火)札幌 ライブハウスLOG
 “Shinobuマンスリーライブ/ゲスト:菊池隼人”
(前半に出演)
セットリスト
 1.晩秋
 2.吾亦紅
 3.路傍の車輪
 4.鬼さんこちら
 5.三条通
 6.分岐点
 7.方舟


実は先週から花粉症だか風邪だか分からない鼻炎と喉の痛みがずっと続いていて、酷い鼻声で
マンスリーライブ前日までは普通の会話もキツイ状態だったため
万が一、ライブ途中に声が出なくなってしまった場合に備えて(汗)ソロではなく菊池隼人氏とのツーマンライブにさせていただいたのですが
根がお調子者なせいか(笑)唄いだしてしまえばエンジンがかかり
結局しっかり1時間たっぷりと唄わせていただきました。
・・・とはいえ、鼻声であったことにかわりはなく、自分なりに全力で唄ったとはいってもいつもの歌声とは多分違ってしまっていたでしょうから、せっかく足を運んでくださったお客様には申し訳なかったです;
体調管理も仕事のうち、と反省しております・・・


加えて、急遽出演をお願いした菊池隼人氏がお仕事関係のアクシデント等があったとのことで、その影響もあってかなんだかエンジンがかからない状態でのステージで(汗)
それでもしっかり5曲歌いきってくださったのは流石という他ないのですが、こちらの甘えで無理なお願いをしてしまって、申し訳ない気持ちです;


いろんな意味で、まだまだですね。
反省点の多い1日となりました。


お客様がこれに懲りず、また来ると言ってくださったのが救いです。
次回マンスリー、頑張ります!!


******************

マンスリー前日は、
あれから2年、という日で。


お供えは六花亭


この2年間
いろんなことがありすぎて
振り返ろうにも振り返れないほどに膨大な出来事が押し寄せてきた日々だけれど


それでも、自分の歌に書いたとおり
辿り着く日まで、舟を漕ぎ続けるだけなのだろうと思う。


いろんな思いを込めて、命日翌日のマンスリーライブのラストは「方舟」を唄いました。


******************


日曜日の岩見沢M’s Barのライブは楽しかった!
岩見沢在住の友人達はお仕事等の都合で残念ながら来店していなかったのだけれど
それでも店内は超満員。
地元を、というより人と人との繋がりをずっと大切にしながら音楽活動を続けてきたhopesign氏の人柄をあらためて感じた。


ステージは、良い意味で、予想通りの展開。
たかしなひろゆき氏とhopesign氏、それぞれに、それぞれの持ち味をそのまま出したステージ。
2人とも、日常の暮らしの中で見たことや感じたことをそのまま歌にするシンガーソングライターだけれど
例えるなら、たかしなくんの歌詞は、8ミリフィルムの短編記録映画のよう。
hopesign高橋くんは、モノクロームの写真をスライドにして、その1枚1枚を静かに差し出すかのよう。
ギター弾き語りでのスタイルも、ギターのうねりという波に乗って言葉が押し寄せてくるようなたかしなワールドに対し、必要最小限のギターを合いの手のように使いながら、言葉をひとつひとつ差し出してくるhopesignワールド。
スタイルは違うけれど、2人とも「歌詞」を届ける・「思い」を伝える、という意味では共通していて
そんな世界をじっくりと堪能した約2時間。
いい夜でした。


*********************


6月は昼間のお仕事関係の都合もあり、ライブはこれで終了です。
次回のライブは7月!
多分、最初で最後のバースディライブです(^^;
詳細はこのブログの上段に載せてますので、良かったら皆様あざ笑いに是非いらしてくださいませ。お待ちしております。
スポンサーサイト
[ 2011/06/16 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/616-e96ca3f8