2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

藤川真里さんのこと、そして太子ホールのこと

2009年9月27日 滋賀県東近江市 太子ホール
リハを終え、太子ホールの番頭さんが用意してくれたお弁当をいただいていた時
その歌は流れてきた。


力まない、けれど力強い、女性の歌声だった。
言葉がそのまんま届く、まっすぐな歌声と、一聴しただけで「上手い」って分かるギター。


あ、こういう歌、好き。


「これ、フジカワさんだ」って、その日の共演者だったHOBOけいすけさんが教えてくれたけれど
その時は、それがどんな方なのかも知らず、
ああそういえば、この前けいすけさんのブログでお名前を見たんだ、とおぼろげに思い出しつつ
ただただ、けいすけさんたちと話しながらも、耳がずーっとその歌を追ってた。
歌声に、ギターに、そして何よりその言葉に引きつけられた。
弱さをさらけ出す強さと、過去も迷いも全部包み隠さずさらけ出す覚悟。


ライブ後にも、会場にはまた同じアルバムが流れた。
楽器を片付けながら、やっぱり、またずーっと聴いていた。


繰り返し流れ続けていた、そのアルバムは
年に1度しか北海道から滋賀に来られない私に、
その大阪在住のミュージシャンの歌を、どうしても聴いて欲しくて
太子ホールの番頭さんがかけてくれていたものだった、ということを
帰り際、番頭さんが教えてくれた。
番頭さんの作戦どおり(笑)その数時間で、私はすっかりその人のファンになっていた。


それが、藤川真里さん。
その時流れていたのは、「光車」という藤川さんの最新アルバムだった。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=fujikawamari


それから数ヵ月後、
いつも私の関西ツアーのブッキングをしてくれているHOBOけいすけさんやタさきフみえさんのおかげで
藤川さんのCDを送っていただき、
その感想をメールでお送りしたところ、ご本人とも連絡を取り合えるようになり
今回、初めて共演させていただきます。
藤川さんのホームタウン・大阪で。


「嬉しい」という言葉では言い尽くせないくらいに嬉しく、そして楽しみです。


そして、このご縁を作ってくれた、太子ホールへの感謝の気持ちも、言葉で言い尽くせないほどで。
番頭さんが、自分のハコのことを考えるだけじゃなく、
本当に本当に音楽が大好きで、ミュージシャンを応援してくれている方だっていうのは、
番頭さんに出会ってから、ずっと感じていたことだけれど
今回の件で、あらためてその思いを実感した。


感謝の気持ちで歌います。
ツアーまで、あと1週間。







●11月19日(金)大阪 パルチザン
 共演:藤川真里(大阪)、タさきフみえ(愛知)
 住所:大阪市中央区西心斎橋2-9-5
  日宝三ツ寺会館 地下1階
 電話:06-6213-6647
●11月20日(土)滋賀 太子ホール
 共演:HOBOけいすけ(愛知)、タさきフみえ(愛知)、つき(滋賀)
 住所:滋賀県東近江市八日市町12-12
 電話:0748-25-2805
●11月21日(日)京都 スローハンド
 共演:HOBOけいすけ(愛知)、やなぎ(岩手)、TNりらぐ(滋賀)
 住所:京都市中京区烏丸丸太町東南角 ノアーズアークビルB1F
 電話:075-212-8390




そして今夜はツアー前のラストライブ!
LOGにてジョイントライブ。
夜8時開演。
札幌の皆様、是非いらしてください。お待ちしております。
スポンサーサイト
[ 2010/11/12 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/544-2440b50b