2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

節目

の夜になった気がします。いろんな意味で。


昨夜の“寺田町ライブ at LOG”に御来場くださいました皆様、ありがとうございました!!
寺田町さん、
瀬尾高志さん、
hopesignさん、
そして、
店主・長津さん、
PAその他、長津さんをサポートして店を切り盛りしてくれた菊池隼人氏、
ありがとうございました!!


トップバッターは、今回は私ではなく、hopesignくんがつとめてくれた。
LOGでの寺田町さんのライブで出会い、その後、LOGでのジョイントライブで度々共演している素敵な音楽仲間。
対バンのたびに、hopesignくんのステージを見て、その歌を聴いてきたけれど
昨夜のステージは、これまでで一番心に響いた。
これまでもずっと素敵だったけれど、昨日は別格だった。


そんなステージの後、私の出番。
1曲目はソロでコンサーティナ弾き語り。
2曲目からは、瀬尾さんをゲストに招いて、約半年ぶりの共演で5曲。
内2曲は瀬尾さんと出会い共演してもらうようになってからずっと歌ってる曲。
1曲は去年ここで久しぶりに共演したときに一緒に演奏してもらった、割と新しい曲。
1曲は、自分自身でもまだ歌詞うろ覚え(苦笑)の新曲。


そして、もう1曲は、
以前瀬尾さんとよくDUOでやってた頃にもあった曲だけど、
今は気持ちも歌い方もあの頃とは違ってる曲。


その歌で、寺さんが泣いてくれました。


嬉しかった。


・・・あ、勿論、泣かせて嬉しかったって意味じゃありません(汗)。


受け止めてもらえたこと、見守ってもらえたこと、伝わったこと、そのいろんな思いが全部、嬉しかったんです。



勿論、何より瀬尾さんとの共演が自分自身楽しかった!
それしか言葉がありません。
まあ反省点は山盛りでしたが(^^;
(初見の曲で、本番でいきなりカポつける、ってのは、共演者イジメに等しかったですね。瀬尾さんごめん;)
でも幸せでした!
んで久々に絶叫!!
でも、最後はノーマイク・ノーPAで。
自由になれた。音とひとつになれた気がした。
瀬尾さんに、本当に本当に感謝です。


そんな幸せなひとときの後、たっぷりと寺さんのライブを堪能。
最初は寺さんのソロ。
そして、後半は瀬尾さんを招いて。
ソロでの新曲、
初めて聴く古い曲、
そして、CDでは聴いてたけど、瀬尾さんの音世界が加わることで、CDとはまた違った世界に広がっていく歌の数々。
ぐいぐい引き込まれて、でも楽しくて、
ライブ聴きながら、ずーっと笑顔だった気がします。
多分、隣にいたhopesignくんも(笑)。


終演後も、嬉しいことがたくさんでした。
お客様もみんな笑顔で。
久しぶりに会えた方もいて、それもまた嬉しかったです。


でも一番嬉しかったのは、やっぱり、長津さんの存在で。


半年前、
一緒に前座&カウンターをつとめた隼人氏共々、寺さんや瀬尾さんに長津さんの病名を言えず、冗談で笑い飛ばしながら、
ライブ自体はとても楽しいのに、どうしても、どこか複雑な気持ちが拭えなかったあの時のことを思い返すと、
またここでこうしていられること自体が奇跡のようで
本当に本当に嬉しかった。






寺さんのライブ、そして瀬尾さんのライブ、これからもたくさんあるので、是非たくさんの方に聴いて欲しいです。
そして、LOGでも、これからも素敵なライブがたくさんあるので、是非たくさんの方に足を運んで欲しいです。
自分自身、これからも歌い続けるし、これからもいろいろな人や音や場所と出会って生きたいと思います。
ライブのたびに思うんだけれど
昨日は特にそう思った。
出会った方々に、感謝です。




【追記】

寺さんと瀬尾さんも、それぞれにブログで昨日のこと書いてくれてました。

寺田町ブログ
http://terablog.exblog.jp/14209014/

瀬尾高志ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/anabiosisofjazz/diary/201007170000/


スポンサーサイト
[ 2010/07/17 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/516-d95e5c9e