2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

つらいときこそ笑え

一昨日
夜遅く、実家から帰ってきて
テレビを点けたら西原理恵子。


ずどーん


救いの御手的コトバや音は、いつも絶妙なタイミング。
ヤラれ、泣かされ、笑わされ
気付けば憑き物もどきはどこかへ流れ落ちている。


考えてみれば
一人暮らし2年目の殺風景な部屋に、
7本のギターと大量の本、でかいジャージとプレステと一緒に
「パーマネント野ばら」がやってきたのも
年が明け、実家が闘病生活9年目にして、いろんな状況が急激に良くないほうへ転がり始めたのと同時期のこと。


日曜の夜に、LOGで大阪の呉ひとしさんに再会できたのも、凄いタイミングだった。
もう何年前かも思い出せないくらい前に1度だけ出演させていただいたイベントで、
たくさんの出演者の中で、誰より印象に残っていたのが呉さんのステージ、そして唄だった。
嬉しかった。再会できたこと。そしてまた唄を聴けたこと。
打ち上げで、太子ホールのことや、大阪や京都のライブハウスの話を聞かせていただけたのも、嬉しかった。
また行こう。行けるように頑張ろう。


どうにもできないことばかり
どうしようもなく押し寄せてきて
どうにもならんと思ってた
けど
なんだかんだで、どれもこれもがどうにかなって
今は
「女ってどうにかなるみたい」
案外、頑丈なのだな、と思います。


すっかり元気になったわけではなく
安心できる状況には多分まだ程遠く
これからも、悲しくなったり、落ち込んだりすることはあるだろうけれど
そんな状況を見ていてくれている人達は案外多く
自分が思っている以上に、自分のことや、会ったこともない自分の家族のことを
遠くから見守り、心配してくれる人は多いのだ、ということにも
あらためて気付かされたりする。
感謝してもしきれないくらい、ありがたいこと続きの毎日です。




*****************

そんな風に
心配して見守ってくれていた方のお一人が
突然、先にいってしまいました。
ご自身も体調が悪いのに、会う度に、ずっと闘病中の私の母のことを気遣ってくださる方でした。
笑顔の記憶しかありません。


残念です。


明日朝、小樽に行ってきます。

スポンサーサイト
[ 2010/04/28 ] 日記 | TB(0) | CM(3)

No title

人が、どんなものをどれだけ背負っているか、わからないものですね。

自分の無頓着さ、無神経さにはっとさせられます。

そうやって、生きるということの深みを与えられていることに気づかせてもらいました。

子がもう少し大きくなったら、飲みましょうね!
[ 2010/04/29 11:28 ] [ 編集 ]

大丈夫

あなたは一人ではありません。

遠く離れて暮らしているけれどみんな、あなたがやってくるのを待っておりますよ。

また会いましょう。エロい話をたくさんしましょう。


[ 2010/04/29 19:55 ] [ 編集 ]

ありがとうございます

>さわこさま
私のほうこそ、いつも、さわちゃんの言葉から、いろんなことに気付かせてもらったり、己を省みたりする機会をいただいたりしています。ありがとう。
お子さんの誕生おめでとうございます!
互いに、ゆっくり出来る時間がとれるようになったら、また呑みましょうね!

>ハイパーメディアクリエイターHOBOさま
ありがとうございます。
泣かさないでください(苦笑)。
HOBOさんをはじめ、そちらの皆さんの言葉や有形無形のたくさんの励ましに、すっごい支えられてます。
唄い続けてきて良かったです。ありがとう。

[ 2010/05/03 01:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/503-402edae6