2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

小山彰太カルテット at 琥珀/岩見沢

2009年10月30日 岩見沢 琥珀
「“吉例 音三昧” 小山彰太カルテット」
 出演:小山彰太(ds)、奥野義典(as)、田中朋子(pf)、秋田祐二(b)

琥珀 店内(リハ後)

琥珀にて(ドラムセット!)

毎年恒例、小山彰太さんの北海道ツアー。
今回もいろんな場所で、ソロやトリオなどいろんな形式でのライブが繰り広げられていますが
この「私の好きな北海道ジャズミュージシャンさん大集合」的な(笑)豪華組み合わせは、今回はここ岩見沢だけ。
8月に岩見沢でライブをさせていただいた際に、今回のライブのことを教えていただいて、その場で即予約して(笑)ずーっと楽しみにしていて、迎えた、当日。
期待していた以上のライブでした!!


1st Set
 1.Turn Around(オーネット・コールマン)
 2.Silver Hall
 3.In a sentimental mood
 4.Anti Calypso

2nd Set
 1.Evidence(セロニアス・モンク)
 2.道草(田中朋子)
 3.ラメント
 4.Lungs(ヤン・ハマー)

アンコール
 ・Gentle November(武田和命)

各曲の入りのところはどれも、かっちり完成されたカルテット、って感じではなかったのだけれど(演奏前に「あれ?これってどんなんだっけ?」って彰太さんが秋田さんに聞いたり、みんなでメロディーを口ずさみながら演奏し始める場面もアリ/笑)、でも、そんな自然体の中から生まれていく音が、生き物のようにからみあい呼吸し合い、音での会話を重ねるようにしてカルテットの世界が生まれていく、というのはさすがで、そんな空気も含めて全てが“ライブ”だった。
素晴らしかったのは4人のアンサンブルだけじゃなく、しっとりDUOな場面に聴き入り(「In a sentimental mood」泣けた・・・奥野さんすごいわ。agharta335さんにも聴かせてあげたかったです;)、怒涛のソロに圧倒されすぎて笑い(彰太さんのドラム強烈すぎっ!とても62歳とは思えんっ!!/笑)、これまでにも他のライブで何度も聴いてきた曲が全く違った色合いに感じられることに驚かされて(「Anti Calypso」、すっげーアフリカンテイストなラテンって感じでノリノリでした!)
とにかく全部楽しかった!!
立ち見が出るほどの超満員のお客さんの誰もが大興奮・大満足の盛り上がり。
そんなライブの締め括り、鳴り止まないアンコールの拍手に応えて演奏されたのは、「Gentle November」。
山下洋輔さんのバンドのこと、武田和命さんのこと、話してくださった後に、じっくりと。
ひとつひとつの音が、語りかけてくるようで、心にじわーっと沁み込んだ。


早くから予約していたとはいえ、ここしばらくの様々な事情で、岩見沢まで行けるかどうか直前まで不安はあったのだけれど、でも、行けて良かった。行って良かった。
出演者の皆様に、そして、岩見沢の素晴らしいスタッフの皆様に感謝します。音楽からは勿論、岩見沢軍団の熱さからも、たくさんの元気をもらった気がした夜でした。

スポンサーサイト
[ 2009/11/01 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(2)

No title

うわ~~聴きたかったです><
超!豪華メンバーですね・・・!
最近は全然ライブに行けなくて、心に潤いがなくなっています(笑)
しのぶさんのライブも11月こそ行けたらいいな~~~。
[ 2009/11/01 22:00 ] [ 編集 ]

No title

>いっくさま
おかえりなさ~い(^^)/
岩見沢、超豪華メンバーでのライブでした。
岩見沢は、お客さんも熱い人が多くて楽しかったです(^^)
11月のライブ、良かったら是非来てください。
[ 2009/11/02 00:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/431-9d2316f1