2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

音座なまらいぶ小樽2009

今年で11回目の音座なまらいぶ小樽。
1、2回目はお客さんとして、3回目からは出演者として楽しませていただいているイベント。
昨年は残念ながら所用にて欠席となってしまったのですが、今年はまた出演させていただきました。
しかも、小樽には初登場となる帯広のShizukaさんとのDUO“シヅカニシノブ”で。

今回出演させていただいた「うみ・かぜ・未来」

ヨーグルトソフトのお店です(^^)

御来場くださいました皆様、ありがとうございました!!
そして、会場となった「うみ・かぜ・未来」のスタッフの皆様や他の出演者の皆様、音座なまらいぶ実行委員の皆様、本当に本当にありがとうございました。
そしてそして、
一緒に音を生み出してくださったShizukaさんに、心から感謝します。


今年はこれまで以上に、続けていくことの大切さと難しさ、誠実にライブに臨むこと・音と向き合うことの大切さを再認識する機会にもなりました。
嬉しい出会いや、嬉しいのは勿論ビックリしてしまうような再会が満載の中、いいライブをさせていただきました。
楽しかった!!
歌ってる歌は暗いくせにね(笑)。


出演者としてだけじゃなく、
1人のお客さん(参加者)としても、
「音座初体験のShizukaさんをご案内する!」という大義名分を背負って(笑)これまでで一番たくさんの会場をまわっていろんなライブを見ることが出来たのも、楽しかった。
全ギ楽しかった~!!!
一匹長屋の音の良さをあらためて実感したりもした。
最近は平日に小樽でライブするのが状況的に厳しくなってしまって、一匹長屋でのライブは少しお休みさせて頂いていたのですが、マスターからも温かい言葉をいただいて、またここでライブしたいなーと思えるようになりました。頑張りますっ!


他の会場で見た出演者さんたちもそれぞれに素敵でした!!
自分自身のステージの時間との兼ね合いもあり、40分フルで見ることが出来たのが全ギだけだったので(^^;個々の感想をネットに書くのは控えさせていただきますが、今日見たライブ、どれも本当に良かったし、それぞれの色があってとても素敵でした。
これだけたくさんの会場で、これだけたくさんのジャンルの音楽を全て無料でたのしむことの出来るイベントが、11年間も続いている、って、凄いことだと思います。
スタッフの方々は本当に大変だと思いますが、これからも、ずっとずっと長く続けて欲しいイベントですし、続く限りこれからも参加していきたいと思います。


板橋文夫さんのCDを聴きながら帰宅し、帰宅後は中島らもさんのDVDを見ながらプチ打ち上げ(^^)
そして今、となりの部屋ではピアニスト様が撃沈してお休みになられています。
明日はピアニスト様と一緒に、「温泉→モーニング(寝坊したらランチ/笑)→美術館めぐりor書店めぐり」という癒しのフルコースの予定です。
一緒に行きたい方、連絡ぷり~ず♪

スポンサーサイト
[ 2009/10/12 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/416-271c73a0