2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

洛陽な夜

って言っても、中国に行ってたわけじゃないのですが(笑)
LOGでのジョイントライブ、楽しく終了いたしました!
ご来場くださいました皆様、共演してくださった長津さん、隼人くん、須藤さん、ありがとうございました!!


2月5日 札幌 ライブハウスLOG
 「長津宏文、菊池隼人、須藤ともえ、Shinobu ジョイントライブ」
(3番目に出演)
セットリスト
 1.半分だけの月
 2.歌うだけ
 3.路傍の車輪
 4.死んだことにしてしまおう(コンサーティナ弾き語り)
 5.君と走る(コンサーティナ弾き語り)
 6.柘榴
 7.ことり
 8.三条通


須藤さんも、隼人くんも、唄を聴いたのはもう何年ぶりかも思い出せないくらい久しぶり。
記憶の中の二人の歌よりも、ずっとずっと力強くなっていた。
歌声だけじゃない。隼人くんのギターの迫力にも圧倒された。
そして、二人とも、オリジナルの言葉に、鋭さがあった。
その鋭さは、言うまでもなく、長津さんの歌にもあるのと同質の鋭さで。
後先考えず口先だけで攻撃するような鋭さなんかじゃない。それは鋭くもなんともない、うわっつらだけのガキのたわごとだ。
そんなんじゃない。覚悟と強さのある、鋭さ。


こういう歌が好きだ。
出会えたことに、感謝です。


偶然にも、今日の出演者は全員が、今は無き“洛陽”というお店で歌ってたことのある歌うたいで。
そして、長津さんいわく、「全員揃ってアンダーグラウンド」で(笑)
でも、このままアンダーグラウンドのままじゃあ、みんな生活が辛いので(爆)今年のテーマは「ポップ」と「メジャー」でいこう、ということになりました(笑)


そんなアンダーグラウンドなライブに、
今夜は思いがけず、たくさんのお客様が足を運んでくださって、
お久しぶりです、だった方も、
いつもありがとうございます、な方も、
皆さんに会えて、聴いていただけて、本当に本当に嬉しかったです。
ありがとうございました!


スポンサーサイト
[ 2009/02/06 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/259-fc0069f3