2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

7年前

ライブ感想文でもアルバム評でもない上に、思い出話にしては若干重っ苦しい部分もあり(汗)、しかも長文なので(滝汗)、軽くスルーしていただければ幸いですが・・・


ニュースで「あれから7年」というのを聞いて、思い出したこと。




初めて北海道外で歌わせていただいたのは、2001年9月15日だった。
岐阜県加茂郡白川町で開催された『第8回 ホワイトリバー・ミュージックフェスティバル』


その4日前、あの出来事があった。


ギターを持っての初めての旅は、警備員だらけのものものしい雰囲気の新千歳空港から始まった。
飛行機になんて、それまでも何度も乗っていた。慣れていた。
でも、その時の空港は、見慣れた空港とは別世界だった。
「空席があれば機内にも持ち込めるよ!」と旅するミュージシャンの方々から聞いていたギターは、誓約書に署名させられた上で預けさせられた。
手荷物検査では化粧ポーチの中の爪切りと小さな眉用ハサミが危険物として没収された。
以前飛行機に乗った時は大丈夫だったバレッタが金属探知機に反応した。
空港の張りつめた空気が怖かった。
緊張しすぎたせいか、初めて飛行機に酔って吐いた。


ふらふらの状態で飛行機を降りると、東京からライブを見に車で来てくれた友人が空港まで迎えに来てくれていた。
友人の車で福井に行き、ネットで知り合いになっていた福井の音楽仲間達と初めて会った。
それで、少し落ち着いた。
翌日、同じ友人と、そして福井の仲間のうちの一人と、岐阜県のライブ会場に行った。
長時間のドライブ、それもその道中の大半が曲がりくねった山道で、また酔った。
酔い止め薬を飲むと声が出なくなるのでただただガマンするしかなく、友人の励ましのおかげでどうにか吐き気をこらえて持ちこたえていた。


着いたところは、山の上の自然公園の中に建てられた野外音楽堂。
パイプオルガンをかたどったステージ。
歩くのがやっとなくらい、へろへろだったけど、でも、来て良かった、って思った。
(実際は、「行った」というより「連れて行ってもらった」もしくは「運んでもらった」が正しい気もするけれど・・・;)



ホテルなどあるはずもなく、寝袋持参の旅。スタッフの方々と一緒に、楽屋に雑魚寝。
それが私の初めての「歌う旅」だった。
いろんなことがあった。
以前ライブの際によくMCのネタにしていた「昼間は真っ白だった筈の壁が、夜中にトイレに起きた時には木目調になっていた」というのも、ここでの出来事。
(片羽が私の掌くらいの大きさの蛾が壁を埋め尽くしていた)
でも、全部楽しかった。
勿論、ライブも。


今はライブでカヴァーを歌うことはほとんど無いけれど
(「平和に生きる権利」だけは別ですが・・・)
その頃は、札幌でのライブの際にサポートしてくれていた人から、オリジナルだけじゃなくカヴァーも歌わなければならないような無言の圧力を受けていて、それを拒絶するほどの精神力も無く、どこか媚びを売るようなライブをやっていた気がする。情けないけど。
けれど、岐阜では選曲するのも自分ならステージに立つのも自分だった。責任を負うのも自分。
やりたいことをやらせてもらえる。
やりたいようにやろうと思った。
30分のステージ。オープニングとアンコール以外は全部オリジナルにした。


でも
その時に
その時点での自分のオリジナルの中には
その時の自分の気持ちを投影できる歌が無いことに気づいてしまった。



旅に出る数日前に起きた出来事への思いも
一人でギターを持って知らない街に行くまでの思いも
ものものしい空港で感じた思いも
友達の顔を見てほっとした時の思いも
出会いの嬉しさも


なにひとつ、その時の私のオリジナルの中には無かった。
(今もまだ、自分の気持ちをそのまま表現できているオリジナルがあるとは言い切れないけれど。)



嬉しい出来事がたくさんあった旅。
でも
まだまだな自分にもたくさん気づかされた。
オリジナルが変わるきっかけは、自分自身でも気づいていない様々な要素がいくつもあるのだろうけれど
7年前のあの時の旅も、そんなきっかけの中のひとつだと思う。



考えてみれば、北海道外の音楽仲間とのつながりは、元をたどれば全てがこのフェスと、同じ年の5月に初めて見に行った大阪の春一番コンサートがくれたものかもしれない。
岐阜のフェスに行くようになっていなければ、名古屋に行くことも無かったのだから。
フェスは、歌う仲間とのつながり。
春一番は、聴く仲間とのつながり。
そして、あれから7年経って
歌う仲間と聴く仲間とのつながりや、
ともに歌う仲間と好きなプロミュージシャンとが、
イコールで結びついているとまでは言えないにしても、微妙に重なり合ったりしているのが面白い。





ちなみに
ちょっと話がそれるけれど、
オリジナル云々以前に
実は、その頃の私はギター自体、手にしてまだ1年ちょっとで(汗)
よくもまぁ、ずうずうしく道外のフェスになんて出演申し込みをしたものだと思う。
でも、そのずうずうしさのおかげで出会えた人達とのつながりが、今もずっと続いているんだから
勇気って、大事だ。
いや、勇気というより、度胸か(^^;




そして、来週、またギターを持って飛行機に乗る。


御世話になる皆様、よろしくお願いいたします。
初めて出会うことになる皆様も。





スポンサーサイト
[ 2008/09/11 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

気をつけておいでね~!!

待っとります。
[ 2008/09/15 06:47 ] [ 編集 ]

ありがとうございます!

よろしくお願いします!!
[ 2008/09/15 20:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する