FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

いよいよ明日から【四綾乃宴】!

今年もmemekoちゃんが北海道にやってくる!
昨年は私とめめちゃんのツーマンでしたが、今回は私の自主企画として、北見と札幌それぞれで4組出演のジョイントライブの形でライブを開催させていただきます。
北見では(単独での主催は)初めて、札幌でも久しぶりの自主企画ライブ。
これまでに何度も共演させていただいて、大好きになった方々にお願いしてのライブ。
北見も札幌も、本当に本当におススメなので、たくさんの方に足を運んでいただけたら嬉しいです。
とにかく聴いて欲しい。体験して欲しい。
もっと言えば、足を運んで欲しい。どちらのお店も、日頃ライブハウスに馴染みのない方々でも、のんびりと心地よく音楽を楽しんでいただける空間です。
8/24北見カーティスクリーク
8/25札幌・澄川モダンタイム
どうぞよろしくお願いいたします。


【memeko&シノブ “暴走”母娘 北海道プチツアー2018】

四綾乃宴 北見編
20180824北見編 出演者紹介

●8/24(金)北見 Curtis Creek(カーティスクリーク)
 『四綾乃宴(よつあやのうたげ) 北見編』
 出演:memeko(from東京)、miho、小吉(こまっちゃん&きょうちゃん)、シノブ
 住所:北見市春光町2-151-6(駐車場あり)
 電話:0157-33-5236
 19:00開場 19:30開演
 料金 投げ銭(別途要ドリンクオーダー)
 [出演順およびタイムテーブル(予定)]
 19:30~20:00 シノブ
 20:05~20:35 小吉
 20:40~21:10 miho
 21:15~21:45 memeko
 ※ シノブはピアノ弾き語りでの出演です


四綾乃宴 札幌編
20180825札幌編 出演者紹介

●8/25(土)札幌 モダンタイム
 『四綾乃宴(よつあやのうたげ) 札幌編』
 出演:memeko(from東京)、うけ丸、狸小路親音会(親方リリー)、シノブ
 住所:札幌市南区澄川3-2 ハイツリービル3F 
 http://modantime.sunnyday.jp/
 電話 011-832-0235
 15:30開演 16:00開演(18:00終演予定)
 料金 1,500円(ワンドリンク付)
 [出演順およびタイムテーブル(予定)]
 16:00~16:30 memeko
 16:35~17:00 シノブ
 17:05~17:30 狸小路親音会(親方リリー)
 17:35~18:00 うけ丸
 ※ シノブはギター弾き語りでの出演です



以下、フライヤーに載せた、出演者紹介です。
(文責:シノブ)

【memeko(from東京)】
ギブソンのギターを抱え弾き語りしながら、ループを駆使してクラリネットやパーカッションも同時演奏し独自の世界を展開する個性派シンガーソングライターにして、国際大会参加資格を持つ市民ランナー。
というプロフィールから筋骨隆々スーパーウーマンかと思いきや、歌も人柄もどこまでもほんわかと暖かく、やわらかな女性。
東京の高円寺荻窪界隈の所謂アングラ(という表現は好きではないけれど)と呼ばれるライブシーンにあって、どんな過激なバンドや変態(褒め言葉です)シンガー達と共演する時であっても、彼女の音楽スタイルは決してブレないおだやかさとやわらかさを保ち続けている。
もしかするとめめちゃんは、やわらかであり続けようとすることに一途で頑固なのかもしれない。


【Miho】
圧倒的な歌唱力とパフォーマンスで、ロック、ポップス、そして地元イベントでの歌謡ショーまで様々な舞台で活躍するシンガー・ミホさんが、「シンガーソングライター」として自作の歌を弾き語りし始めた。
もともと歌唱力がずば抜けているのに加えて、バンドサウンドではなくシンプルなギター弾き語りで歌われるその歌詞の世界は、人生の酸いも甘いも乗り越えてのラブソングや命を見送る想い等、ただキレイなだけではない本音の数々。
本当の「北見の歌姫」は、この方だと思う。
でも、もし私がそんなこと言ったら、きっとご本人は
「姫じゃないし」
って、冷静に言う気がする。
そんなたたずまいも含めて、大好きなシンガーです。


【小吉】
ボーカルの「杏(きょう)ちゃん」とギターの「こまっちゃん」が昭和歌謡を中心に歌い奏でる、音も歌も醸し出す空気もすべてがほんわかとあたたかいユニット。
ボーカルの杏ちゃんの、とにかく歌うのが好きで楽しくて仕方ないって思いが伝わってくるのびのびとした歌声、曲に彩りを添えるピアニカや様々な鳴り物、そして何よりステージ上での笑顔が最大の魅力。
ギターのこまっちゃんは、プロミュージシャンとの共演も多いドラマー&パーカッション奏者であり、様々なライブの主催や多くのミュージシャンのCD製作サポート等で精力的に活動し続けている北見の音楽プロデューサー的存在でもあるけれど、小吉ではギタリストに徹して「うた」を支えている。そんな姿勢も素敵で、大好きなユニットです。


【うけ丸】
初めて出会ったのはもう15〜16年くらい前、札幌市内の老舗ジャズバーで、確かお互いお客さんとしてだったと思う。
その後、札幌市内のいくつものお店で共演させていただき、そのたびにファンになった。ピアノも、歌も。
おそらく弾き語り以前にジャズピアニストとして活躍してきたであろう超絶なテクニックがあるのが演奏の端々に感じられるのに、でもそれを決して誇示することなく、どこまでもやわらかく、あたたかく、自然体の歌世界。そして、MC含めて肩の力の抜けたステージ。
それでいて、敬愛するピアニストに三柴江戸蔵を挙げてくれるところも大好きです。
なごみ系ならぬナゴム系?
大好きなシンガーソングライターであり、ピアニストです。


【狸小路親音会(親方リリー)】
ギター1本弾き語りでオリジナルを歌うブルース系の男性シンガーはたくさんいる。知識やテクニックが伝わってくる人も。
でも、誰かの真似じゃなく、その人の人間味がじんわりと伝わってくるようなブルースシンガーは、そう多くはないような気がする。
リリーさんの歌は、その自然体の歌声も、オリジナルの詞世界もカバーの選曲もすべて、リリーさんそのものだと思う。
オフステージでは、決して饒舌ではないのだけれどいつもおだやかな笑顔で、誰に対しても優しい言葉でその場の空気を和ませてくれる。
その姿はまさに現場をまとめて信頼される「親方」そのもの。
会うたびにほっとする、尊敬するシンガーです。

【シノブ】
主催者。
暴走母娘ツアーの暴れる母担当。
(注:memekoさんとの間に血縁関係はありません。実生活で母でもありません。)
仕事しながらあちこち歌い歩く生活を続けて19年目。
決して世間一般ウケすることはないであろうトゲトゲしいオリジナルしか歌っていないにもかかわらず、気づけば自分とは真逆の、優しくやわらかな歌を聴かせてくれるミュージシャンとのご縁も出来た。
でもきっと皆さん心の奥底にはただ優しいだけじゃない芯をしっかりと秘めていて、だからこうして縁が続いているんだろな、とも思う。
そんな敬愛する方々に共演をお願いする、自主企画ライブ「四綾乃宴」。
出会いに感謝しつつ、しっかりいつもどおり全力でかき鳴らし叩き吼え歌います。


スポンサーサイト
[ 2018/08/24 ] お知らせその他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/1095-3e279147