FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

2018.7.14.Brainsparking フォトギャラリー

やっとネット復旧したので、あらためて先日の仙台ライブの写真など。

20180714-01ikasyu.jpg

トップバッターは主催者・Ikasama宗教。
「こっちは真剣にふざけてんだ」と常日頃おっしゃってる方ではありますが、それにしてもこの時期このタイミングでの「Ikasama宗教のマーチ」にはビックリ(どんな歌かはあの日あの場にいた方だけの秘密ですね。身の危険もありますんで^^;)
そこからの「生死を賭けたい」「イカをさばけ!」「誰も助けてくれない」の怒涛の攻撃には圧倒された。
「人が望む唄」、ライブで聴くのは初めてだったかも。深い詞。そして、震災前に書かれた歌「いつかきっと泣く」は、ライブで唄われるの自体が久しぶりだったとのこと。
後半は「人生大盛、汗だくで!」からの「クレイジークレイジースパイラルのテーマ」そして「放射能が怖くてメシが喰えるか!」。
あっと言う間の30分計9曲。堪能させていただきました。

20180714-02yosiro.jpg

2番手、いとうよしろう。from東京にして宮城県石巻市出身。
ライブを聴くのは昨年7月のクレイジークレイジースパイラル以来だったのだけれど、失礼ながら、「こんなにギター上手い人だったんだ!」ってビックリしました(これまで気付いてなくて本当に申し訳ありません;)。
ある意味ポップで親しみやすいメロディと歌詞。MCで敢えて(狙って?)気持ち悪いキャラをさらしながら、でも、楽曲と演奏のクオリティの高さが真っ直ぐ伝わってくるステージ。
これまでの「ジェラシー」で突っ走るよしろうくんのステージも好きだったけど、でも正直、今回のステージを見て、良い意味でイメージ変わりました。
誰に何を言われようと、やりたいようにやればいいだけなんだよね。嬉しかった。また共演できる日を楽しみにしています。


20180714-03cokein.jpg

3番手、コケイン。
はじめまして、だったのだけれど、ステージ見て一発で引き込まれました。
ブルーズ!
でも、ロック!!
低音びしびし鳴らすギターが心地よい。そして何より、歌声の迫力。
しゃがれ声ではないんだけど、低くて迫力があって、それでいてしっかりとコトバが伝わってくる歌声が心地よかった。
出会えて良かった。また是非再会を。

20180714-04shinobu01.jpg

20180714 4番手 シノブ

4番手、というより、後半戦トップバッターで唄わせていただきました。
セットリスト等は前の日記に書いたとおり。
追記するとしたら、衣装のこと。
この日はアイヌ文様のTシャツでステージに上がらせていただきました。もう10年近く前に、トンコリ奏者のOKIさんのライブを見に行った際に会場で買ったもの。
アイヌ文様は日常生活の中でもごく普通に目にしているし、単純な話、カッコいいんで子供の頃から大好きだった。
ちなみにアイヌ民族の友達は同級生にもいたし、職場にもいる。
差別が無いとは言えない現状は知ってるけど、それ以上に、共存しているごくあたりまえの日常があることも知って欲しい。
ってなことは、MCでは一切言いませんでしたけど(音楽に関係ないからね)
このTシャツを着てることで、何か伝わっていたら嬉しく思う。


20180714-05dappo.jpg

5番手にして地元・宮城勢のトリ・脱法超電磁高橋。
この日は、高橋さんが立ってステージに上がってる姿を見るだけで、ちょっと涙腺ゆるみかけた(けど泣かなかったよ泣くもんか)。
足切断の危機を乗り越えて復活してからの高橋さんのステージを見るのは初めてだったけれど、以前と変わらない歌声とリバーブたっぷりのギターとで展開されるステージングは以前と変わらず。
生きててくれて良かった。
次は10月、また共演できるのが楽しみです。


20180714-06machukoke.jpg

トリにしてこの日の主賓・まちゅこけfrom大阪西成。
ギターも歌も、そして指先から視線の先まですべてがきっちり「作られた(計算された)」ステージ。
それでいて、やんちゃさというか、「楽しいぜー」、って空気も全身から醸し出ししつつ。
女が一人でギター抱えて旅するだけでも大変なのに、西成、って地名を掲げて活動し続けてここまでくるには、相当な覚悟と苦労があったのは容易に想像がつくのだけれど、でもそんな想像すら飄々と越えてゆくような軽さ。歌ってる内容は確かにアルバムタイトルにある「怒涛」って言葉が当てはまるんだけど、その歌声や、ステージでのたたずまいに、重苦しさは無かった。
良いもの見させてもらいました。


全体を通して、音も照明も心地よかった。
リハの時には若干硬く感じられたサウンドが、本番になってお客様が入ったらちょうど良い柔らかさになってた。さすが音屋スタジオ。PA、感謝です。
あらためまして、お会いしたすべての皆様、ありがとうございました。
また是非、再会を。

スポンサーサイト
[ 2018/07/19 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/1087-e8fb14c5