FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

6月18日は

三沢光晴生誕記念日だった。


けれど
今年は、大阪で大きな地震が発生した。
お亡くなりになられた方もいらっしゃる。
大阪全域で被害に遭われた方々がたくさんいるけれど、中でも、去年ライブでお世話になった高槻では大きな被害が出ていて、あの日出会った方々の何人かが今も避難生活を送られている等、大変な状況にある。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われた方々が、一日も早く、もとの生活に戻れるようお祈りしています。


そんな状況で
今年は、三沢バースディお祝い投稿をする気持ちにもなれず(日付が変わる直前にツイッターでは呟いていたのですが)
少し落ち着いたら、今の気持ちとか、今のプロレスについての何か楽しいことを書き記しておこうかな、くらいの気持ちだったのですが


今日になって、
6月18日に、大好きなレスラーが三沢のもとに旅立っていたことを知った。


ベイダー選手のご冥福をお祈りします


リングの上ではいつも強すぎて怖いくらいで、でもそれがカッコよくて。
そしてリングを降りれば、開場前に並んでるファンに「コンニチハ!」って声をかけてくれた。
以前このブログでも書いたけれど、福知山大会を見に行った時は、試合開始前に外でトレーニングしている様子も見せてくれた。
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/blog-entry-788.html
この時のベンチプレスでのトレーニングは、一応、会場の外とはいえ開場時間を待つファンが並んでいる列の横についたてを立ててはあったのだけれど、目隠しというより「こっちに入っちゃダメですよ」な感じの設置の仕方で。
今思えば、そのついたての向こうから、並んで待ってるファンが自分達を見てるのを分かってて、サービスでベンチプレス合戦みたいなことをしてくれたのかもしれない。
実際、炎天下で待ってる辛さを忘れるくらいテンションが上がったし。
まわりの人達とも「いいもの見られましたね!」って試合前から盛り上がった。
あの時に見た光景は、いくつものプロレス会場での楽しい出来事の中でも、特に大切な思い出のひとつになっている。

いつかの大会で実施された握手会では、両手でふわっと包むみたいに握手してくれた。
あの時の手の柔らかさと温かさ、忘れません。


闘病中、ということは、知っていた。余命宣告を受けていたことも。
でも、奇跡を信じてた。


なんだか、向こうのリングがどんどんにぎやかになっていきますね。


だけど、こっちのリングも、最近また面白くなってきてますよ。
だから、応援しますね。今頑張ってる選手たちのこと。
見守っててくださいね。


ベイダー選手、ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。


スポンサーサイト
[ 2018/06/21 ] プロレス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/1081-f5025c71