FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

百歌繚乱 -Acoustic Night vol.92-

多数ご来場感謝!
お声かけくださった主催の湊さん、そして夕焼けマスター&ピッコさん、ありがとうございました!!

百歌繚乱!

●11月23日(木) 北見 LIVE HOUSE 夕焼けまつり
 「百歌繚乱 -Acoustic Night vol.92- 」
 出演者および出演順:
  湊 恵行、くりっぷ、アール&リアル(from帯広)、キクチシノブ、Shihoちゃん's


主催:湊恵行!

某昼間のお仕事の相棒(?)が北海道で第一位に選出された勢いそのままに、熱く、そして聴かせるライブを展開してくれた主催の湊恵行さん。愚痴も愛も全力で唄い切るステージ、カッコ良かった。


百歌初登場のくりっぷ!

百歌繚乱初登場。ハードロックギタリストの木村芳樹さんがギターをアコギに持ち替えて、奥様の香織さんの魅力的な歌声と共に骨太な音楽を聴かせてくれた「くりっぷ」のお二人。


帯広から登場のアール&リアル!

帯広から登場のアール&リアル。百歌繚乱出張編では常連とのこと。さすが、湊さんが紹介してくれる人だけあって、ブルースからKISSまで、こちらのツボにハマる音楽の数々を力強い演奏で聴かせてくれました。


に続いて、4番手、セミファイナルで私。

キクチシノブ(コンサーティナ)

2017唄い納めでした
(写真は湊さんからいただきました。ありがとうございました!)

2017.11.23.キクチシノブ セットリスト
1.死んだことにしてしまおう
2.柘榴
3.晩秋
4.分岐点
5.白い空
6.ライト

個人的には2017年の唄い納めだったライブ。
久し振りの曲、そして今年いろんな街、いろんな場所で唄い続けてきた曲、精一杯詰め込んで全力で弾き唄いきった30分。
ちなみに今回の百歌のテーマは「雪」。
テーマにちなんだ曲を1曲、との依頼で選曲したのが、久しぶりの「白い空」でした。
「柘榴」と同時期、「柘榴」の前に書いた歌。
というか、もともとは日記のように書いていた一篇の詩があって、その書きなぐった詩のネガティブな部分が「白い空」になり、かすかにポジティブな思いを込めた部分が「柘榴」になった。だから、この2曲は、自分の中では一対の作品。
とはいえ、「白い空」と、そして「分岐点」は、今回歌わなかった「アックスボンバー」と並んで自分自身にとっても重い歌で、最近のライブではあまり唄っていなかったのだけれど、でも、今回はどうしても歌いたかった。
すべて、全力で唄わせていただきました。
聴いてくださった皆様、ありがとうございました。


SHIHOちゃん’s

トリは久し振りの共演、Shihoちゃん's。
Shihoさんの歌声と、ドクトルG&ナイトシーンという豪華メンバーによる素敵な演奏で繰り広げられる懐かしいナンバーの数々。
楽しくて、ほっとする時間。感謝です。

全体合唱!

百歌恒例、全体合唱は、リハのグダグダっぷりを無かったことにする楽しいひととき(笑)。
みんな、さすが本番に強いなー。


百歌札を引いてのMCとか、最後の全体合唱とか、テーマに基づいての選曲とか、普段のライブではやらないことがいくつもある百歌。
そんな中で、それでも自分のライブを貫ける、って湊さんが思った人が、このステージに立っているのかもしれない。
湊さんの優しさと温かさと、そして頑固さと真面目さとの両面があってこそ、の百歌。
久し振りに参加出来て、嬉しかったし、いい刺激になりました。感謝です。


*********************

そして、百歌繚乱では、出演者のうち1名が客入れBGM&ステージ入れ替えの際のBGMを選曲するのが恒例なのですが、
今回は、湊さんからの御指名で、私が担当させていただきました。
湊さんからは、「アコースティックにとらわれず、自由に!」とのお言葉をいただいたので
これは、BGMとしてのある意味定番的なものは求められてはいないぞ(笑)と判断。
自分で自分のハードル上げるような、ぬるいもの全てに喝を入れるような強烈なアルバムだけを、と思い、選んだのは、


おぐまゆき
乖離。
藤川真理
(すべて敬称略)


どれも「BGM」には全く適さない、音と言葉に真正面から向き合わなけりゃとてもじゃないけど聴けないようなアルバムばかり。
でも、それでもかけたかった。聴いて欲しかった。
結果、大正解。
マスターが曲をかけてくれるたびに「これ誰?」って声があちこちから上がるのが嬉しかった。
聴きたい、とか、どこで買えるの?って声をかけられたりもした。
喰いついてくださった皆様、感謝です。


全身全霊込めた歌は、距離を軽く超えてゆく。
今回のライブで、誰かの心に突き刺さった音楽を生みだした方々のライブが、いつの日か北見で実現しますように。


勿論、自分自身も、そんな音楽を生み出したいし、そんな音源を作らなくちゃ、とあらためて思っています。
頑張ります。


スポンサーサイト
[ 2017/11/24 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/1049-a6b7e5ee