2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

君と走る








銀色の列車で
君が去った街へ行こう
硝子越しの波が
ここにいるよと囁く夜

君の声はいつでも
海沿いを走るレールの上にある
僕は君と走る

海を渡る風に
煽られて波が光る
壊れかけた夜を
銀色が走り抜ける

君はいない
もう会えない
だけど列車は走るよ
あの街へ
僕は君と走る

銀色の列車で
君が去った街へ行こう
硝子越しの波が
ここにいるよと囁く夜

銀色の列車で
君が去った街へ行こう
硝子の中には君
僕を見てる
僕は走る


(作詞・作曲:井浦しのぶ)


スポンサーサイト
[ 2017/09/24 ] 歌詞 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinobuworld.blog12.fc2.com/tb.php/1039-5f41d13d