2013 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 06

約2ヶ月ぶりの「日常」(?)

3月まで、毎月欠かさず唄わせていただいていた場所で、久しぶりのライブでした。
5/25LOGでお会いした皆様、ありがとうございました!


2013.5.25 札幌LOG
“ジョイントライブ”
 出演者および出演順:オクヤマケイ、伊藤義彦、長津宏文、Shinobu、菊池隼人(敬称略)

Shinobuセットリスト
 1.鬼さんこちら
 2.豪猪(ヤマアラシ)
 3.三条通
 4.ニジマスノウタ
 5.方舟


新曲、間に合わず(^^;
約2ヶ月前までと変わらない感じで、歌わせていただきました。
と言いつつ、ホントに何も変わらないかといえばそんなわけもなく、
豪猪のストロークで、右手がぷるぷるしてきたり、
三条通の間奏で、左手小指がつりそうになったり、
という、超初心者的なグダグダっぷりをさらしながらのライブとなりました。
声だけは出てひと安心、と思ったら、翌朝にニューハーフみたいなダミ声になってて愕然としたり(これは唄い過ぎより打ち上げでの喋りすぎが原因だった気もしますが・・・;)。


ケイくんの直球ステージ、新曲満載の伊藤さんのステージ、そしてニューギターを手にした長津さんのステージと、聴き応え満点で、久しぶりに“うた”にどっぷりと浸かって心地よい時間を過ごさせていただきました。
(隼人氏のステージについては本人のブログ等でご確認くださいませ。まぁ、いつもどおりでした。曲順がちょっと新鮮だったけど。)
離れても、こうして共演してくれる人たちがいて、足を運んでくれる方々がいるから唄ってゆける。
ありがたいなー、と、あらためて感じました。
共演してくださった皆様、そして、週末のお忙しい中、足を運んでくださった皆様に、感謝です。ありがとうございました!


翌26日は同じくLOGにて「中ちゃん&隼人オンステージ」
こちらは観客としてのんびり聴いて楽しむ予定が、予想外の「店主&副店主(?)2名揃って不在」との展開に、結局隼人氏がギタリストやりながらPAやって、ヨメがカウンターの中でドリンク係というお馴染みの展開。
しかし、ドリンク手伝うのも久しぶりだったんで、ビールサーバーにとまどったり新しい伝票の書き方に迷ったりとグダグダでした;
ライブ後は、中ちゃんが用意してくれたツマミやお客様からの差し入れを頂きながらしばし歓談。
さらにその後は一部メンバーにて161倉庫に流れて打ち上げ第二弾。


2日間とも、宿泊先に戻ったのは午前3時過ぎ。
北見転居後、午前0時を待たずに寝るというすっかり健全な生活パターンになっている身には少々キツかった・・・;


でも、
楽しかった!!
お付き合いくださいました皆様、お会いできた皆様、ありがとうございました!!!


ちなみに、5月から新体制でバー営業もはじまったLOGは、ドリンクが充実しておりました(^^)
そして、心なしか店内がちょっとキレイになってました(^^)(^^)


札幌2DAYSを無事に終え、北見に戻ってみれば
3日前にはやっと咲き始めていた桜が、すっかり葉桜になっておりました。
GWに降雪という展開にもビックリしましたが、5月下旬のこの時期に今日はまさかの最高気温30度超え。
帰宅して家中の窓を全開にしてたら蚊らしきものが入ってしまったようで、現在我が家は蚊取り線香たいてます・・・夏だねぇ・・・




次回LOGライブは6/29(土)!
・・・やけに遠くに引っ越したっつー割には、4月にライブが無かっただけで結局LOGでマンスリーライブやってんじゃねーか、とのツッコミが各方面がら聞こえてきそうですが(^^;
今回お会いできた皆様は勿論、今回お会いできなかった皆様にも、たくさんお会い出来たら嬉しいです。
ご来場をお待ちしております!!
(その前に、新しい地元・北見でのライブも早く決めたいところですが・・・)

スポンサーサイト
[ 2013/05/27 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(2)

思い出話 H11.8.28. そして武道館のこと

天気:快晴


札幌から新千歳空港へ。そこから飛行機で関空へ。
さらに関空から電車を乗り継ぎ乗り継ぎ・・・
乗り継ぐたびに減ってゆく乗客。
すっげー行ってみたかった、初めて行く街。
この最高のタイミングでやっと行ける、初めて行く場所。
でも、だけど、ちょっと、心細いなぁ・・・
と、思いながら着いた終着駅。
前を歩く親子連れをふと見れば、小学校低学年くらいの男の子のリュックの横で揺れているのは
オレンジ色のタイツ姿のあの選手のキーホルダー。


わ~~~、地元だぁぁぁぁ~~~~~。


ホテルのロビーには、四方の壁に、大会ポスター。
チェックイン後にポスターを見てたら、フロントのおじさんが「もしかして、プロレス見にいらしてくださったんですか?!」と声をかけてくれた。
そうですと答えると、さっき書いたばかりの私の住所を二度見。
そして、
「遠いところわざわざ、小橋選手のために、ありがとうございます!!」
まるで親戚のように、深々と頭を下げられた。


ホテルに荷物を置いて、タクシーで体育館へ。
行き先を告げると、運転手さん、おもむろにこちらを振り向き、満面の笑みで
「お客さん!ボク、さっき小橋選手乗せたんですよ!そこ、さっきまで小橋選手が座ってたんですよ!!!」
会場に着くまでの数分間、たっぷりとプロレス談義。そして、観光案内。


開場時刻よりも1時間以上前に到着した体育館には、すでに何人ものお客さん。
駐車場には、いつもの見慣れた大型バス。
入り口横にはついたて。その向こうには、会場外でトレーニングする笑顔の選手たち。
の中心には、小橋。
ベイダーとのベンチプレス合戦は、見るからに、ありえねー重さ。すっげー。
でも、なんだかなんだか、楽しそう。


週末恒例の選手記念撮影会は、もちろん小橋と。
撮ってもらった写真を後で見たら、小橋の二の腕と私の顔の大きさが同じ。


「明るく楽しく激しいプロレス」プラス「三沢光晴カラー」だった頃の全日本プロレス。
その日の大会も捨て試合無し。
丸藤のシングル初勝利、という思いがけない場面にも立ち会えた。
そしてメインのタッグマッチでもちろん小橋。
いい試合だった。
その日が小橋の地元での初勝利だった、というのは、あとで週プロを見て初めて知った。


翌朝。
チェックアウト後、ホテルの方に呼び止められた。
「記念にどうぞ」と渡されたのは、昨日の大会のポスター。
貼らずにしまってあった分を、お土産にと、わざわざ。



いい思い出ばっかりだった、1泊2日。
H11.8.28. 京都・福知山
小橋建太(当時は小橋健太)選手の地元でのプロレス観戦。




あれから、いろんなことがあった。
あの頃は、まさか全日本が本当に分裂するなんて思いもしなかったし、その後、三沢があんな形で突然逝ってしまうなんて想像もしなかった。
この10数年の間に、たくさんの選手の怪我、病気、そして逝去。辛いことも聞きたくないゴシップもたくさんあった。
それでも、なんだかんだでずっとプロレスファンでい続けているのは、小橋の存在があったからだと思う。




そんな小橋が、引退した。
H25.5.11.日本武道館。


武道館には行けなかったので、大会翌日、録画を見た。
何から何まで、小橋らしい大会だったんだな、と思った。
団体の枠もなんもかも関係なく、あれだけの人達が集まったのは、小橋の人柄と、これまでの歩みがあったからだと思う。
そして、
小橋は、最後まで最高のプロレスラーだった。


テンカウントの前のインタビュー
「引退試合が出来なかった三沢さん」
という言葉に涙腺崩壊。





長い間、お疲れ様でした。
そして、プロレスの楽しさを教えてくれてありがとう。
小橋は引退しても、小橋が教えてくれたプロレスの楽しさ・おもしろさがあのリングの上にある限り、自分はプロレスファンでい続けようと思う。









というワケで
6.16(日)「みちのくプロレス 北見大会」見に行ってきます(^^)/

(ブログの最初と最後で内容が全く一致してなくて申し訳ないっす。まぁ、いつものことですが。)
[ 2013/05/16 ] プロレス | TB(0) | CM(0)

GW後半報告しようにも・・・

こう寒い日が続いちゃ出かける気にもならず
せっかくの大型連休というのに、北見市内に籠っております。


一昨日は、ドライブ&湯治(?)を兼ねて、せめて留辺蘂あたりの温泉へ、と思い立つも、道路地図に我が家からわりと近くに温泉施設があるのを発見。
行き先変更してそちらへGO(^^)/
しかし、クルマを走り出してみると、近くといってもいきなりの山の中。事前にネット等で詳細を調べることなく地図だけを頼りに行ったため、思いっきり道に迷ったり、山道で曲がり損ねて気が付いたら広大な畑の真ん中の農道で行き場をなくしたりetc.・・・相変わらず計画性とは無縁の我々夫婦。


しかし、それでもなんとかたどり着いた温泉は、ちいさなログハウスの素敵なところ。
入ってみると、これが泉質も露天風呂もなかなか良くて、しかもこの大型連休中というのに、さほど混んでいないというありがたさ。
北見や周辺市町村には日帰り入浴可能な天然温泉が多いので、こちらに来てから何か所かは行っている。しかし、これまでは近郊の温泉に行くたびに、その混雑っぷり(というか、お子様方の暴れっぷり・・・いや、元気なのはいいんですが、何故か親が一切注意しない;浴室を走り回ったり湯船に飛び込んだら、普通に危ないし下手すりゃ命にかかわると思うんだけど・・・)に辟易し「泉質はいいんだけどなぁ・・・」と残念な思いをしていた;
でも、今回は久々にゆっくりとお湯につかり、疲れをいやすことが出来ました。


「展望の湯」というところですので、興味のある方は、オホーツク方面のツアーのついでにでも是非行ってみてください。
ただし、たどり着くまでに道に迷わないよう、事前の下調べをしておくことをお勧めします(^^;


そんなこんなの、連休最終日。
明日からまた仕事だからゆっくりギター弾けないなぁ、と練習しはじめたら、ダンナさんが段ボール箱をガムテで貼り合せ、何やら巨大な防音壁(?)のようなものを作り始めました。
これは、以前から作る作ると言っていたレコーディングスタジオ的な何かなのでしょうか。
それとも、ヨメのギターがうるさいという無言の抗議なのでしょうか。・・・後者だな、多分。

[ 2013/05/06 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

GW前半報告&R.I.P・・・

連休前半の報告は、連休前日のライブから(^^)/

hopesign at 北見夕焼けまつり

北見転居26日目にして初めての、老舗ライブハウス「夕焼けまつり」
素敵なお店でした!
天井に貼られた所ジョージさんのポスターに反応するダンナさん。
カウンター上のモンキーズのシングル盤に「これ、B面もすっごい名曲なんですよね!」と反応するヨメ。
そんな我々に笑顔で接してくれて、レアなアナログをかけてくれる素敵なマスター。
常連さんたちも良い人ばかりで、初めて訪れたというのに、のびのびとリラックスして飲んで楽しませていただいたひとときでした。
勿論、ライブも良かった!!
hopesign、アンコールでは懐かしい唄も。
新旧織り交ぜながらの「今」。いいライブでした。
共演者さんたちもそれぞれ個性的な方々で、聴けて良かった。
出会いに感謝です。


翌日からは、ダンナさんの実家のある十勝・本別町へ帰省。
北見転居後、毎週末に日帰りで帰ってはいるのですが、ゆっくり泊まるのは久しぶり。
地元御用達の美味しいラーメン屋さん「ラーメン百番」のみそ野菜ラーメン食べたり、池田に足を延ばして「北物語」で美味しいカレーとピザを食べたり(ハンバーグも絶品!)、美味しく楽しい2泊3日でした。


そして、一度北見に戻り、1日は札幌へ。
夏タイヤを取りに帰るための、1泊2日の駆け足の帰省。
久し振りのみよしのギョーザが美味しかった!
(北見、ほとんどのチェーン店はあるのに、何故か「みよしの」は無いのです;)
お墓参りの後、ギターの弦をまとめ買いして用事終了・・・1泊2日といいつつ札幌滞在時間は20時間弱だった気がします。札幌の皆様にほとんどご挨拶も出来ず申し訳ありません。
っつーかご挨拶して転居してまだひと月だし(^^;


そんな、連休前半でした。


外泊が続いたせいか、北見の自宅では換気扇にスズメが巣を作ってました・・・(^^;
(可哀想だけど撤去。すっげー量の藁が出てきてビックリ。)
片付け終わってひと休みして、PCを立ち上げたら信じられないニュース。


闘病中だったのは知っていたけれど
まさか、こんなに早くなんて。
言葉が出てこない。


強烈な音楽をありがとう。
今はただ、どうか、安らかに。
Rest in peace,Jeff Hanneman.

http://www.youtube.com/watch?v=QL6-7SR6KPM&feature=player_detailpage

[ 2013/05/03 ] 日記 | TB(0) | CM(0)