2011 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 01

年の瀬ですね

今月のライブが12/13のマンスリーライブで終了してしまっていたもので
音楽的な面では、12月第2週にしてすでになんだかもうすっかり1年が終わったような気分でいましたが
本当の年の瀬ですね。
お餅を買って、黒豆を煮る準備して、ささやかながらも年越しの準備をしています。


去年の今頃には、今年がこんな1年になるなんて、夢にも思いませんでした。
3月11日から、いろんなことが大きく変わった今年。
今年の年越しで料理に使うお醤油は、陸前高田市のお醤油屋さんのものです。
一緒に取り寄せためんつゆも美味しいです(^^)
でも、考えてみれば、
“陸前高田”って地名も、3月11日が無ければ、知ることは無かったかもしれないと思います。


世の中全体を見渡せば
腹の立つこと、やりきれないこと、信じられないことや人、たくさんあるのでしょうが
自分自身の周囲だけに限れば
良い人たちに恵まれて、支えられて、日々を過ごさせてもらった1年でした。
そして、3月11日以降は、そんな人たちと、
時にはたくさんの“腹の立つこと”に対して、同じ気持ちで腹を立てながら、
でも、怒りをネガティブに発散するのではなく
それぞれの“音楽”というやりかたで対峙していくような、
そんな周囲の存在に励まされることの多かった1年だった気がします。
たくさんの街、たくさんの場所、たくさんの人たちとライブをさせてもらって
そのどれもが大切な思い出だけれど
中でも、あの8月15日の「PROJECT FUKUSHIMA」は、今年一番のライブだったと思います。


そして、年に1度の旅の中で、
西と東の差、でなく
北と南の差、でもなく
ここまできたら、地域の温度差じゃなくて「個体差」なんだと
西や南にいても同じ思いを持っている人たちの存在のおかげで、“ひとくくり”にして責め立てることの無意味さにあらためて気づかされもした。
そんな出会いや再会のおかげで、
耳をふさぎたくなるようなネガティブキャンペーンがテレビから流れる日々の中でも
自分自身が誰より嫌いな“評論家”ってやつに、他の誰でもなく自分で自分を貶めてしまうことから、どうにか逃れてここまでこられた気がします。
曖昧な表現しか出来ませんが。
ってか、敢えて曖昧な表現してますが。


自分は自分に出来ることを、これからも続けてゆきます。
ささやかなことしか出来ないけれど。
でも、ささやかでも、続けてゆきます。忘れずに。


今年1年お世話になった皆様、ありがとうございました。
来年が皆様にとって良い年になるようお祈りしています。


スポンサーサイト
[ 2011/12/28 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

正男くんって1971亥年生まれだったのね

タイトル意味無し。


いや、意味アリ、っすかね。
激動の2011年。年の瀬にこんなニュースが飛び込んでくるなんて、ね。


こんな時に
我々夫婦はこんな本を読んでおります。


木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか


「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」


ダンナさんが買ってきたのですが、ヨメが先に読み終えてしまいました。


感想
「プロレスって凄い」



・・・この感想って、たぶん、いや間違いなく、著者の意図とは正反対だと思います。


力道山によって貶められ、柔道史から消され、プロレスの歴史においては“力道山に負けた柔道家”としてしか記録されていない木村政彦が、どんなに素晴らしい格闘家であったかを、昭和という時代背景と柔道、プロレスを含む格闘技の歴史にも詳細に触れながら書かれたドキュメンタリー。
木村政彦の素晴らしさについて触れるのと等しく、力道山の生い立ちやその背景、否応なく背負わされた歴史の重さ - 戦後日本と朝鮮の問題 - についてもきちんと触れられている。
けれど
根底にあるのは、著者の
“プロレス”
に対する嫌悪。
いや、嫌悪というよりも、憎悪。
自分の敬愛する木村政彦を貶めた“力道山”、そして“プロレス界”に対する消しようのない憎しみと怒りが、行間からもじわじわと伝わってくる。


にもかかわらず、
そんな著者が、綿密な取材に基づいて、真正面から「力道山 対 木村政彦」戦について論じてゆく中で、
浮き上がってくるのは、
情け容赦ない“プロレス”の強さ。


八百長?
ブック?
それが何だというのだろう。
観客を魅了し、観客を熱狂させ楽しませる「興行」を成り立たせるために
レスラー達がどれほど自らを律し、自らの肉体を鍛え上げているか。


プロレスを「興行」にすぎぬと軽視し、
見下し、
自分のネームバリューを上げるためにプロレスを「利用」しようとするものに対し、
プロレス界は容赦無い。
それを、プロレスを憎悪する著者自身が、事実を丹念に記載していくことで、浮かび上がらせてしまっている。
恐らく、自らの意図に反して。


プロレスファンにも、そうじゃない人にも、是非読んでほしい本です。
すっげー分厚いけど(苦笑)。








そして
過去に、このブログにも、
プロレスをバカにしてプロレスファンに不快感を与えるためだけに、執拗な書き込みを繰り返す粘着質な人間が約2名ほどいたけれど、
出来ることなら、彼等がこの本を読んで何と言うかを、聞いてみたいと思う。



[ 2011/12/20 ] プロレス | TB(0) | CM(2)

“オレ天国”盛況でした!!!

12/13、今年最後のマンスリーライブ特別企画“オレ天国”
ご来場くださいました皆様、共演してくださった伊藤義彦さん、須藤ともえさん、菊池隼人さん、そしてこの企画をご了承くださり出演もしてくださったLOG店主・長津宏文さん、ありがとうございました!!
今年を締め括るにふさわしい、充実のライブとなりました。
企画者としてトップバッターで歌わせていただきましたが、その後は言うまでもなく、私の好きな方々のオンパレードなわけで(笑)すっかりお客さんになって存分に楽しませていただきました☆
もうねー、伊藤さんもともちゃんも本当に本当に強烈で素敵でした。
そして隼人氏、長津さんもいつも以上にすんばらしくインパクトのあるライブで。共演させていただいたことに感謝です。
集客的にも、今年1年の合計人数的な感じで(笑/・・・って笑っていいのか?;)お忙しい中お集まりくださいました皆様に心から感謝申し上げます。本当に本当にありがとうございました。


ライブのMCでも言いましたが、“オレ天国”という言葉は、西原理恵子さんの漫画「毎日かあさん」の中に出てくるサイバラさんの息子さんの言葉から取りました。
「誰が何といおうと自分はこれが好き!」という思いを表現するのにこれほど適切な言葉は無い、と思い、大好きな人たちに共演をお願いした今回の企画のタイトルとさせていただきました。
マンスリーライブの基本はソロ、というのは続けてゆきたいと思っていますが、隔月もしくは2~3か月に1回程度の割合で、マンスリー枠でのこの企画をこれからも続けてゆきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。


そして、そんなマンスリー枠ですが
昨年より「毎月第2火曜日」でライブをさせていただいておりましたが
来年2012年より、


毎月第3火曜日


に変更させていただきますので、皆様よろしくお願い致します。


新春第1回は1月17日(火)!
こちらも特別企画でお送りいたします。
題して


「新春シンゾクシャンソンショー」


シンゾク、って
えぇ、親族、です。
出演は
私、
そして、言うまでもなく
「菊池隼人」、
「仔羊亭たいよう」
の、両氏でございます。


とっても楽しいチラシが出来ておりますので、各所で見かけたら皆様どうぞお手にとってご笑覧くださいませ。
ライブ来てくださいねー☆




[ 2011/12/15 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

嬉しいこと続きの一週間でした

日記じゃなくて、すっかり「週記」になってしまっておりますが(^^;


まずは、12月2日のLOGにて、我々のお祝いにお集まりくださいました皆様、ありがとうございました!!


「お祝い?我々??え、ナニ???」
って方もいらっしゃるでしょうが


実は私、9月某日に、毎度お馴染みアングラフォークシンガー氏と入籍しておりまして(^^;


音楽仲間の皆様には決して秘密にしてたわけではなく、
むしろ11月のツアーの際にはずいぶんとMCネタにもしておりましたが(汗)
このたび、
「せっかくだからみんなでお祝いさせてよー!」
とのありがたいお言葉を、LOGの長津親分様より頂戴し
長津さん主催によるお祝いパーティー的なライブを12月2日にLOGで開催していただいたのです。


お集まりくださいました皆様、そして長津さん、あらためまして、ありがとうございました!!
皆様からいただいたお祝いのお言葉、お祝いの歌・演奏の数々、そしてたくさんのお祝いの品々(お花、お酒、可愛いダルマや高級バスグッズ、そして美味しいホタテや素敵なキッチングッズなど、どれも本当にうれしかったです!)感謝です。
お集まりくださいました皆様の顔ぶれにつきましては、ダンナさんのブログに詳細が載ってますのでご覧ください(←あ、手抜きじゃないっすよ~;ダンナブログのアクセス数を伸ばしてあげようという妻の愛っす/汗)。
ちなみにライブの最後に皆様からの「一緒になんかやれ~!!!」のお声にこたえて披露させていただきましたのは、戸川純さんの名曲「諦念プシガンガ」でございました。
“我 一介の肉塊なり”・・・まるで我々夫婦のためにあるような歌でございます。
歌い終えた後、客席から響いた「肉~~~~~~!」の大声援に皆様からの愛を感じました。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。
・・・・・・痩せるもん;


1日置いて12月4日は、161倉庫にておまんKC氏のバースディライブ。
これも楽しかった!!
共演者は初対面の方々が多く、また音楽ジャンルもバラバラだったのですが、久しぶりにハードコア系のライブを体験し、「あー、アタシやっぱこういうの好きだわー」と再認識しつつ、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
でも最後のKCさんのチェッカーズにヤられました。
いや、正確には、KCさんの歌うチェッカーズと一緒に大合唱してる顔ぶれにヤられておりました。
ヌ○井さんが振付で「哀しくてジェラシー」歌ってる姿なんて、予想外にも程があります。貴重な体験させていただき、誘ってくださったKC氏に感謝です。


そしてその翌日は、LOGにて寺田町さんとのライブ。
こちらはじっくりと堪能!
この日は寺さんのライブも素晴らしかったけれど、寺さんの前の長津さんライブが本当に本当に楽しくて、そして鋭くて深くて、あの場にいられたことに感謝の気持ちでいっぱいでした。
ライブ後も楽しかった~!!!
久しぶりに会えたJUNKの常連さんたちとの会話も嬉しくて、楽しい夜でした。


そんな楽しいこと続きの一週間だったにもかかわらず
これまでブログ更新できなかったのは
単に、PCが絶不調だったからです;
(ダンナのブログは、固まったPCが復活した数分のスキに奇跡的に更新されたものでした^^;)


んで


今日、ついに新しいPC購入しました(^^)v


これからは、こまめに更新出来ると思いますので、今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
まずは来週12月13日(火)LOGマンスリーライブ、皆様ぜひいらしてください!!お待ちしております!!

[ 2011/12/10 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(4)