2011 051234567891011121314151617181920212223242526272829302011 07

ささやかなしあわせ

国稀・特別本醸造!


先日のツアーの際に立ち寄った「国稀酒造」で買ってきた「泰蔵」という酒粕焼酎をツアー最終日の打上げにて皆様に振舞わせていただきましたが、
その際、ちゃっかりと自宅用の日本酒も買っておりまして(^^;
すっげー高級、というわけではありませんが(1本5千円以上もするのは買えません!/苦笑)
でも、日頃呑んでる日本酒よりは、ちょっと高級なお酒です。
ふふ~ん♪


美味いっ!(^^)(^^)(^^)


増毛まで行かないと買えないのよね~・・・
(通販なら買えるのか?でも、せっかくならあの場所で買いたいよね・・・)


大事に大事に、呑ませていただきました。




いただきもののグリーンアスパラのホイール焼きをつまみにして
いただきもののラーメンに、近所の八百屋の特売のモヤシと同じく特売・3本100円で売ってたネギをのせていただいて
満たされた晩餐です。
特売で、曲がったキュウリもたくさん買ったので、明日は漬けましょうかねー。
近所の八百屋の野菜は、ほとんどが北海道内の農家からの直販。
特売品は、大きさも色もバラバラで、多分全部規格外品だから特売なのでしょうが、すっげーありがたいです。
曲がってたって美味しいし(^^)


ビンボーなのにエンゲル係数がめっちゃ低いという、とってもゼイタクな暮らしをさせていただいております(^^;


野菜が安くて、ビールと冷酒が美味しい季節になってきました。
夏だねー。




夏が来れば、
四十路だねー(←強引)


四十路


同居人氏が今回のバースディライブ2daysのチラシを見て
「お葬式の案内みたい・・・」と申しておりました。


・・・


くじけないもんっ!!(T_T)


皆様、是非あざ笑いにいらしてくださいませ。お待ちしております。

スポンサーサイト
[ 2011/06/27 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

寒いっ!

・・・なんて書いたら、日記のタイトルだけで、本州在住の音楽仲間の皆様を敵に回しそうですが(^^;


いやしかしホントに今日は寒かったんですってば!!!


朝起きたら、窓の外は快晴。
わーい、お出かけ日和だー、と、短パンにTシャツ姿でドアを開け
「・・・寒っ!!!」
即座に部屋に戻っていつものジーパンに穿き替え、パーカー羽織って出直しました;


つい先日は、「6月の北海道なのに、気温30度ってのはどーよ?」と思いましたが
今日は、「6月の北海道とはいえ、気温10度台ってのはどーよ?」と。
(それでも日中は晴れてたから良かったのですが、日が沈んだ今の外気温は多分10度以下;)
天気に文句言ってもはじまらないのですが、わかっちゃいるけどこの気温差はカラダにキツい。
ストーブの前で、スイッチつける誘惑とたたかっております。




次回ライブの頃には、北海道も夏になってるといいなぁ・・・(^^;


●7月3日(日) 札幌 ライブハウスLOG
“マンスリーライブ特別編 ~四十路突入記念 更年期をぶっとばせ~”
 ゲスト出演:長津宏文、菊池隼人、須藤ともえ、仔羊亭タイヨウ(落語)
 住所:札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
 19:00開演 ライブチャージ1,000円
(7月は通常の第2火曜日のライブはお休みさせていただき、3日(日)にライブをさせていただきます)


●7月13日(水) 小樽 一匹長屋
“Shinobu ソロライブ ~10日遅れのバースディライブ~”
 住所:小樽市花園3-3-3
 20:00開演 ライブチャージ1,500円(ワンドリンク付)



“バースディライブ”と冠してのライブは、これが最初で最後です。
ということで、「年に2回も誕生日ライブやるの?」という点は、あまり気にしないでください(^^;
どちらのライブも、たくさんの皆様のご来場をお待ちしております!



まずは、北海道内の皆様、寒さで体調崩さないように、お互い気をつけましょうねー;
そして、本州の皆様は、暑さで体調崩さないように気をつけてくださいねー;

[ 2011/06/25 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

覚書

他の方々に対して強制するものではなく
まして特定の誰かを想定してのものでもなく
あくまで自分自身に対して「常にこう思っていよう」という事柄等、箇条書。






・(改善目的の問題提起、というレベルを超えて)
 会社を罵ったり
 会社に限らず、自分の今の環境をバカにしたり
 自分の周囲の人達を見下すことは、
 “そんな場所にしかいられない今現在の自分自身”を見下していることに他ならない。
 他人を罵ることは、その人と出会った自分を罵ること。
 「あの人サイテー!なんでこんなことも解らない人間がこんなところにいるの?!この会社の人事は間違ってるわー!!」
  とヒステリックに叫んでいるのは、今の自分自身に満足出来ない苛立ちを、周囲への罵倒で発散しているだけの未熟者だ。


・分かり合えない人って、いる。
 それを無理矢理分かろうとズカズカ相手の陣地に踏み込むのは、親切ではなく余計なお世話。
 分かり合えない、ってことを分かろう。


・肉親や親友亡くして間もない人間に、パワースポットだスピリチュアルだ云々と語るのは、余計なお世話。
 けれど、
 パワースポットやスピリチュアル云々にすがりつくことでしか精神のバランスを保てない人間に、それは商業主義が生んだニセモノだ云々と説教するのも、余計なお世話。
 互いに不快なら、見ない・寄らない・かかわらなければ良いだけのこと。


・復興支援も同様。
 自分は現地に行けない。だから僅かずつでも毎月お金を送り続ける。
 自分は自分。他人は他人。
 他の人の支援の仕方に意見する必要は無い。


・評論家は嫌いだ。


・他人のプライバシーを詮索したがる人ほど
 自分のプライバシーを侵害されることに過剰反応する。


・結局のところ、
 自分がされたくないことを、他人にしなければいいだけだ。たいがいのトラブルは、それで防げる。



でも、


・人前で歌うということは、
 そんなトラブルも全部受け入れること。
 その覚悟をした人間だけに、許されること。


・覚悟が無いなら、ステージに立ってはいけない。
 誰も、あなたに「お願いです!ステージに立ってください!」なんて言ってないのだから。
 自分がその場所で歌いたいから、そこに行っただけのこと。
 自分自身で、好きで選んだ道ならば、自分のケツは最後まで自分で拭け。



だけど、


・度を越した理不尽な攻撃には、泣き寝入りする必要は無い。
 いや、泣き寝入りしてはいけない。
 人間性まで否定されるような攻撃には、理路整然と、法に則って対処すべし。
 理不尽な攻撃の結果、自分自身の中に生まれてしまった「怒り」「憎しみ」「悲しみ」等のネガティブな感情の全てを否定する必要は無い。
 ネガティブな感情も、冷静さを伴えば、次の行動への原動力になる。
 被害妄想に陥ってるヒマがあるなら、動け。
 泣いたり愚痴をこぼすのは、ヒマと余裕のあるやつのすることだ。
 ヒマや余裕があるうちは、受けた攻撃なんて、攻撃とも呼べないようなたいしたことないレベルのものだ。








以上、
他人には、決して押し付けないように、
でも、自分自身には常に言い聞かせて、


いきますか。





私は歌い続けます。






[ 2011/06/25 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

松山隆宏さん

私が初めてギターを手にして弾き語りの練習を始めたのは、2000年の3月。
それから半年くらい経って、自分の好きなミュージシャンは全員自分自身の言葉で唄っているという当たり前のことに気付き、オリジナルでの弾き語りを始めた。
それから、数ヶ月後。
当時お世話になってたライブハウスで、「今度ツアーでここに来るプロミュージシャンのライブで、前座として唄ってみないか?」との話をいただいた。


それが、松山隆宏さん。
松山隆宏さんのライブで、生まれて初めて「プロの前座」を務めさせていただいたのは、2001年の年明けすぐのこと。
あれから10年。




そんな、松山隆弘さんのライブを、昨日、LOGで見てきた。



楽しかった!!


「舟を出そう」で始まったライブ。
あの日のライブで聴いて好きになった歌も、初めて聴く歌も、どれも言葉ひとつひとつが心に残った。
そして、あの時はただ単に「いい歌だなー」って思って聴いていた「吟遊詩人の哀歌」の歌詞が、この10年の間に見たこと、感じたこと、越えてきた出来事と重なって、ひりひりするくらいに心に沁みた。
松山さんのソロ、中盤からのタンク宮本さん(旭川在住で、ここ数年松山さんと北海道ツアーを一緒に回られているベーシスト。上手い!カッコいい!そしてMC楽しい!!)との世界、そしてコンガ千葉さんも入ってのバンドサウンド・・・全部素敵だったけれど、音の形は様々でも、そのどれもが松山さんの詩世界。
でも、しゃべりは痛快な江戸っ子で(笑)
タンクさんとのやりとりは、掛け合い漫才。そして北海道内道路案内。
でも北海道内の道路案内するのはタンクさんじゃなくて松山さん(笑)。
国道沿いならまだしも、道東の国道から脇道入ったところのセイコーマートの場所まで把握してるツアーミュージシャンって凄すぎです。



前座をさせていただいた後も、小樽・一匹長屋での松山さんのライブに何度か足を運んではいたのだけれど、ここ数年はタイミングが合わなかったりして、お会いするのも7~8年ぶり。
覚えていていただけて、嬉しかった。
「うわ~、あれから10年かぁ~!!(笑/そりゃもう笑うしかないっすよね;)」って。


行って良かったです。
そして、
自分が初めて出会った“旅する歌うたい”が、この方で良かった、って思いました。
出会えたことが嬉しい、って、10年を経た今、またあらためて思った。



**************


余談ですが、
昨日は店主・長津さんも店にいたのですが、前座を務めたのは長津さんではなく、
ライブハウスLOGが誇る“歩く飛び道具(別名「飛ばない飛び道具」)”菊池隼人氏。
「間」でじっくり聴かせて油断(?)させた後、怒涛の生き物ネタ&酒ネタソング連発(LOGではお馴染み、あの某卒園ソングの替え歌まで・・・/笑)で、お客さん&メインアクトの心をがしっと鷲掴み。
松山さんいわく
「久しぶりに、正しいバカを見た」(←最上級の褒め言葉だそうです)
松山さん目当てのお客さん達も、
「いや~、今日これだけでも来た甲斐あるわ~!」と爆笑&大絶賛。
勿論、隼人氏のライブも良かったのですが、お客さんたちにもそんなふうに前座を受け入れてくれるあったかい空気が満ちてたのも、松山さんの人柄故だよな、なんてことを思ったりもして、そんなことも含めて、嬉しかったです。
いいもの楽しませていただきました。


*******************


松山隆宏さんの今年の北海道ツアーは、昨日が初日。
これから約1ヶ月かけて全道を回られます。
機会があったら、たくさんの方に聴いてほしいです。
私も7/14(木)の一匹長屋ライブにまた足を運ぶ予定です。



ちなみに、その前日、7/13が自分の長屋ライブです。
・・・小樽、いっそ泊まるか?(笑)





[ 2011/06/23 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(2)

岩見沢・三回忌・マンスリー

なんだか頭の中が整理しきれないまま数日が経過してしまいましたが


まずは、昨日のマンスリーライブ、御来場くださいましたお客様、そして急なお願いだったにもかかわらず出演してくださった菊池隼人氏、ありがとうございました!!


●2011年6月14日(火)札幌 ライブハウスLOG
 “Shinobuマンスリーライブ/ゲスト:菊池隼人”
(前半に出演)
セットリスト
 1.晩秋
 2.吾亦紅
 3.路傍の車輪
 4.鬼さんこちら
 5.三条通
 6.分岐点
 7.方舟


実は先週から花粉症だか風邪だか分からない鼻炎と喉の痛みがずっと続いていて、酷い鼻声で
マンスリーライブ前日までは普通の会話もキツイ状態だったため
万が一、ライブ途中に声が出なくなってしまった場合に備えて(汗)ソロではなく菊池隼人氏とのツーマンライブにさせていただいたのですが
根がお調子者なせいか(笑)唄いだしてしまえばエンジンがかかり
結局しっかり1時間たっぷりと唄わせていただきました。
・・・とはいえ、鼻声であったことにかわりはなく、自分なりに全力で唄ったとはいってもいつもの歌声とは多分違ってしまっていたでしょうから、せっかく足を運んでくださったお客様には申し訳なかったです;
体調管理も仕事のうち、と反省しております・・・


加えて、急遽出演をお願いした菊池隼人氏がお仕事関係のアクシデント等があったとのことで、その影響もあってかなんだかエンジンがかからない状態でのステージで(汗)
それでもしっかり5曲歌いきってくださったのは流石という他ないのですが、こちらの甘えで無理なお願いをしてしまって、申し訳ない気持ちです;


いろんな意味で、まだまだですね。
反省点の多い1日となりました。


お客様がこれに懲りず、また来ると言ってくださったのが救いです。
次回マンスリー、頑張ります!!


******************

マンスリー前日は、
あれから2年、という日で。


お供えは六花亭


この2年間
いろんなことがありすぎて
振り返ろうにも振り返れないほどに膨大な出来事が押し寄せてきた日々だけれど


それでも、自分の歌に書いたとおり
辿り着く日まで、舟を漕ぎ続けるだけなのだろうと思う。


いろんな思いを込めて、命日翌日のマンスリーライブのラストは「方舟」を唄いました。


******************


日曜日の岩見沢M’s Barのライブは楽しかった!
岩見沢在住の友人達はお仕事等の都合で残念ながら来店していなかったのだけれど
それでも店内は超満員。
地元を、というより人と人との繋がりをずっと大切にしながら音楽活動を続けてきたhopesign氏の人柄をあらためて感じた。


ステージは、良い意味で、予想通りの展開。
たかしなひろゆき氏とhopesign氏、それぞれに、それぞれの持ち味をそのまま出したステージ。
2人とも、日常の暮らしの中で見たことや感じたことをそのまま歌にするシンガーソングライターだけれど
例えるなら、たかしなくんの歌詞は、8ミリフィルムの短編記録映画のよう。
hopesign高橋くんは、モノクロームの写真をスライドにして、その1枚1枚を静かに差し出すかのよう。
ギター弾き語りでのスタイルも、ギターのうねりという波に乗って言葉が押し寄せてくるようなたかしなワールドに対し、必要最小限のギターを合いの手のように使いながら、言葉をひとつひとつ差し出してくるhopesignワールド。
スタイルは違うけれど、2人とも「歌詞」を届ける・「思い」を伝える、という意味では共通していて
そんな世界をじっくりと堪能した約2時間。
いい夜でした。


*********************


6月は昼間のお仕事関係の都合もあり、ライブはこれで終了です。
次回のライブは7月!
多分、最初で最後のバースディライブです(^^;
詳細はこのブログの上段に載せてますので、良かったら皆様あざ笑いに是非いらしてくださいませ。お待ちしております。
[ 2011/06/16 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

来週はマンスリーライブ!そして今夜は岩見沢

怒涛のミャァミャァミャァ3DAYSの余韻もまださめやらぬところではありますが
来週は恒例:LOGマンスリーライブでございます。
今回のツアーでも大変お世話になりました菊池隼人氏を先月に引き続きゲストにお招きし、ツーマンでお送りいたします。
じっくりたっぷり聴いていただいても終電にはちゃんと間に合いますので、皆様是非いらしてくださいませ。


●6月14日(火) 札幌 ライブハウスLOG
“Shinobu マンスリーライブ”
 ゲスト:菊池隼人
 住所:札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
 21:00開演
 ライブチャージ1,000円


そして今夜は岩見沢に
こちら↓のツーマンライブを見に行ってきます。

●6月12日(日)岩見沢 M's Bar(エムズバー)
 hopesign“11篇の歌と、合図」tour2011 岩見沢編!”ライブ
  ゲスト:たかしなひろゆき
 住所:岩見沢市3条西3丁目
 (JR岩見沢駅から徒歩5分弱)
  ※ 私が度々出演させて頂いている「ゆあみの」さんの斜め向かいのお店です!
 電話 0126-24-8777
 19:00開場 19:30開演
 ライブチャージ 1,500円(ワンドリンク付)


昨年アルバムをリリース、全国ツアーを行ったhopesign氏の岩見沢凱旋ライブ。
ゲストはたかしなひろゆき氏。
強烈な組み合わせです。2人とも、オリジナリティのかたまりみたいな弾き語り歌うたい。
岩見沢の皆さん、こちらのブログ見てたら、今夜はエムズでお会いしましょう♪
札幌の皆さんも、良かったら是非ご一緒に。岩見沢って、案外ご近所ですよ(^^)


旅して見送られるのには慣れてたけれど

「見送る」ことに慣れてないもんで
6/2までと何ひとつ変わってない部屋の中、
何ひとつ変わってないことを理解しつつも、なんだかガランとしてるように感じられてしまって
「なんか急に広くなったみたいだねー」ってついつい苦笑しながら、余韻とちょっぴりの寂しさに浸っていたら
あっという間に一週間です。


早いねー。

・・・っつーかまともにレポートも書いてなくて申し訳ないです;



以下、振り返りつつの箇条書き


① Shinobuセットリスト

6/3小樽 一匹長屋
 1.レクイエム201012
 2.君と走る
 3.死んだことにしてしまおう
 4.ことり(新バージョン)
 5.鬼さんこちら
 6.大の字(長津宏文さんカヴァー)
  ※1~3コンサーティナ弾き語り
   4~6ピアノ弾き語り

6/4留萌ニューポート
 1.半分だけの月
 2.路傍の車輪
 3.柘榴(ゲスト:HOBOけいすけ)
 4.方舟
 5.真岡

6/5札幌ライブハウスLOG
 1.リセット
 2.晩秋
 3.豪猪(ヤマアラシ)
 4.桜の頃
 5.三条通(ゲスト:HOBOけいすけ)

3日間で歌った計16曲(内オリジナル15曲)の順番を並べ替えれば
日頃のソロライブでのセットが完成。
トチったり歌詞が飛んだりというミスはあちこちでありましたが、それもこれも含めて今の自分。
留萌と札幌でのけいすけさんとの共演は楽しかった!そして嬉しかった!!


② 名古屋からのお2人と一緒に行った場所&食べたもの

【6/3】

 ・札幌駅まで車でお出迎え
  我が家に荷物を置いてから、ご近所の「三八飯店」へ。
  寿都名物「浜チャンポン」と、浜チャンポンと並ぶこの店の名物料理「あんかけ焼きそば」を注文。
  我々が3人で「浜チャンポン3つとあんかけ焼きそば」を注文した時、「全部で4つですね?」と確認した時の従業員さんの目はあきらかに「あんたたち、ホントに食べきれるの?」という疑いの目だった。
  それもその筈。この店のボリュームは半端じゃないのだ。それこそ小樽のウーシャン並み(ってウーシャン知らない人には何のことやらわからないでしょうが;)
  やがて、いつものように、「土鍋ですか?」ってな大きさのどんぶりいっぱいの浜チャンポンと、どう考えてもパーティー用オードブル皿だろ、って皿に盛られたあんかけ焼きそば登場。
  名古屋の2人の驚きの顔を見られただけで、今回のツアーコンダクターの役目をひとつクリアした気分(笑)。
  しかし「すげー!」と言いつつ、3人で完食。

 ・今回のツアーマネージャー(?)隼人氏と合流し、小樽へ。
  小樽ではライブ前に時間があったので、喫茶フリーランスにも立ち寄る。
  小樽へ向かう車中で熟睡していたお二人に、フリーランス名物「3倍コーヒー」をお召し上がりいただく。
  コーヒーの美味しさと同じくらい、水の美味しさにも感激のご様子。

 ・一匹長屋ではライブ後、下村さんがおつまみを出してくれて(感謝です!)、いつものお客様からのシュークリームの差し入れもいただきつつ(いつもありがとうございます!!)軽めの打ち上げ。
  ビールから焼酎、そして、この日はお客様として来てくださった“火サス俳優”ぎょにーさんオススメの小樽ワインへ。
  皆様感謝です!!

 ・小樽からの帰路、「餃子の王将が北海道進出できなかったのは、北海道にはこのチェーン店があったからなんだよ!」と「みよしの」へご案内。我々のソウルフード(笑)みよしの餃子をお持ち帰りで購入。「ちなみにカレーも美味しいんだよー」と言ったら、けいすけ氏はカツカレーも購入。

 ・帰宅後、餃子で打ち上げ→就寝

【6/4】

 ・正午出発・・・にもかかわらず起きたのが午前11時(滝汗)
  ターフーさんはすでに起きてた。嗚呼申し訳ないっす;
  大急ぎで朝ごはん(いつもどおりの我が家の質素な朝ごはん;)をみんなで食べたら留萌に出発。

 ・午後2時半過ぎに留萌のライブ会場・ニューポート着。
  皆さんにご挨拶して楽器を下ろしたら、一度ホテルへ移動&チェックイン。
  その後リハ。
  リハ終了後、会場のななめ向かいのラーメン屋さんでラーメン&親子丼をいただく。
  昔ながらのたたずまいのお店。
  おばあちゃんが1人でやってたけど、ちゃちゃっと手早く作ってくれて、しかも美味しかった!!

 ・一度ホテルに戻ってから、車で千望台へ。
  雨の中だったけれど、夕日を見に。
  そしてお参りに。
  慰霊碑は移転してそこには無かったけれど、その場所から、いつものように心の中で手を合わせてきました。

 ・ライブ後は、会場と我々の泊まったホテルのほぼ中間くらいの位置にあるイタリアンレストランにて打ち上げ。
  イタリアンサラダとチーズ、おつまみ、豪華フルーツなどなど。
  ライブ前に食べたのに、また食べる食べる食べる。嗚呼幸せ~☆
  ライブの余韻のまま地元の皆様との会話も盛り上がる。あたたかく迎えてくださった留萌の皆様、感謝です!

 ・その後ホテルの部屋にてプチ打ち上げ。
  翌朝が早起きのため、早めに切り上げて就寝。

【6/5】

 ・朝8時半ホテルのロビー集合。
  そのままチェックアウトしてJR留萌駅2階にある「FMもえる」スタジオへ直行。
  朝9時からラジオ生出演。番組の進行役は前夜のライブでも共演していただいた地元バンド・サイマルシングセカンドのノリさん&ミートザガールズのレイレイさん&エリカさん。
  前日から続く“24時間ラジオ”の中のひと枠をいただいて、前夜のライブの音源なども紹介していただきつつ、名古屋紹介。
  なごやかに盛り上がり、無事終了
  ・・・と思いきや、次枠との入れ替え15分にて、メインパーソナリティーの下條KEN氏登場により、空気が音楽番組からお笑いトークショーへと一変(笑)。
  「オレ、北海道のたかじんって呼ばれてるから!」と怒涛の爆笑&毒舌トークを繰り広げ、名古屋のお二人を悶絶させ、その場の空気を全部持っていってしまったその人こそ、みのや○彦さんのお兄さんでありました。
  「(弟より)年もオレが4つ多い!髪もオレが4つ多い!!」って・・・笑っていいんですか?
  (って思うまでもなく大爆笑してたのは、私と隼人氏ですが/汗)
  いやー、貴重な体験させていただきました。

 ・番組終了後は、番組内で話題となったお土産物屋さん「御勝手屋 萌」と、その向かいの市場でお買い物。
  お土産と朝ごはんのおにぎり&かまぼこ購入。
  市場の魚屋さんのあまりの安さと品揃えの豊かさ&新鮮さに、クーラーバックを持ってこなかったことを心の底から後悔したのは言うまでもない。
  でもかまぼこもおにぎりも美味しかったー!!

 ・朝ごはんのおにぎりを食べたのは、黄金岬。
  お天気も良くて、でも波は高くて、そんな海を眺めながら、しばしボーっと過ごす。

 ・留萌を出て札幌に向かう途中、お約束の「国稀酒造」へ。
  酒蔵見学の後、名古屋のお二人には日本酒の試飲もしていただく。
  ここで今夜の打ち上げ用カストリ焼酎「泰蔵」と自宅用辛口日本酒「千石場所」購入。

 ・お昼過ぎに、札幌着。
  この日のライブ会場・LOGにギターを置いたら、そのままLOG近くのスープカレー屋さんへ。
  スープカレー初体験のお二人には辛すぎたかも、と若干不安ではありますが、でもお二人とも「美味しい!」と言ってくれました。

 ・一度部屋に戻ってひとやすみしたら、この日は地下鉄でLOGへ。

 ・ライブ打ち上げは札幌発祥メニュー「ラーメンサラダ」と豚しゃぶをあわせた隼人氏メニュー。
  ラーメンサラダも好評でしたが、泰蔵がウケることウケること。
  ・・・長津さん、これ見てたら是非お店の定番焼酎に加えてください。入れてくれたらアタシは即ボトルキープします(笑)

 ・午前1時半過ぎに打ち上げはお開きに。
  余韻にひたりつつ、今回の旅の“最後の北海道名物”(?)セイコーマートの100円お惣菜をおつまみに購入して帰宅。
  自宅にて4人で打ち上げ→就寝

【6/6】

 ・最終日の朝は、6/4の反省を元に「グリーンアスパラ」と「ホッケ」をご用意。
  そして自家製南幌キャベツの浅漬けで朝ごはん。
  ・・・さすがに朝からお部屋でジンギスカンは断念(汗)。

 ・お二人の飛行機が夜の便だったので、日中は札幌市内観光。
  これまでずっと車での移動だったので、最終日は札幌駅-大通間を徒歩で移動して「北海道庁赤レンガ」「札幌時計台」「テレビ塔」というベタな観光スポットめぐりにご案内。
  その後、また車に戻り「せっかくだから空港に行く前に“プー横丁”(東区の石造り倉庫を改装したレストラン)に行こう!」と向かうも、道路の渋滞に阻まれ予定変更で、近くのさぬきうどん屋さんで遅いお昼。

  ・空港にて、お2人をお見送り。
   バタバタと慌しいお見送りになってしまって申し訳なかった;
   けど、変にしんみりしなかったからむしろ良かったかも(^^;
   また会えますもんね。半年後に名古屋で。そして来年また北海道で。


③ 今年の反省&来年の課題

 ・小樽・一匹長屋と留萌・ニューポートは来年も確定
 ・共演してもらいたい札幌ミュージシャンがたくさんいるので来年の札幌は2箇所?
 ・ってか来年こそは長津さんいる時にLOGライブやりたいっす;
 ・ビール園&ジンギスカンとプー横丁の洋食は来年是非
 ・日程を一週間遅らせたらドームで日ハムvs中日戦が見られたね
 ・だけどドーム観戦後はどちらかが不機嫌になるからやっぱり却下(笑)
 ・カツゲン飲む?
 ・ガラナ飲む?
 ・倶知安方面でライブ入れたら、道中で中山峠の揚げいも食べられるね
 ・せっかく小樽行ったのに、なるとの若鶏半身揚げ買ってくるの忘れてた・・・;
 ・留萌は和菓子も美味しいぞ


・・・・・・・・・音楽のことより食べ物のことが多く浮かぶのは問題アリかもしれませんが(^^;


だって、音楽は何の心配もないものね。


今回の各会場でのライブの反響は
「聴いてもらえたら分かる!ライブ見てもらえば分かる!」
って思ってたとおりのものだった。
解説なんかいらない。肩書きなんかいらない。本物の音楽は、伝わる。


けいすけさん、ターフーさんに、感謝です。
そして、そんなライブを支えてくださった、各会場の皆さん ~ お客様・共演者・スタッフの皆様 ~ に、あらためて感謝です。
本当にありがとうございました。

[ 2011/06/10 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(2)

ミャァミャァミャァ3DAYS終了!

6/3小樽 一匹長屋、6/4留萌 ニューポート、6/5札幌 ライブハウスLOG
各会場に足をお運びくださいました皆様、ありがとうございました!!

そして、長屋の下村マスター、
留萌のニューポートの社長、FMもえるの皆様、留萌音楽村の皆様、共演してくださった留萌サイマルシンクセカンドwithミートザガールズの皆様、
札幌LOGで共演してくださったSOLWANCOのお二人、共演と店番と打上げ料理提供に大活躍してくれた菊池隼人氏、落語で打上げを盛り上げてくれた仔羊亭タイヨウ氏、
皆様本当に本当にありがとうございました!!

何より、
遠く名古屋から来てくれて、
3日間、どの会場でも素晴らしいライブを聴かせてくれた
HOBOけいすけさん、タさきフみえさん
感謝です。
昨日の最終日は、けいすけさんが、他の出演者全員のステージで、ハーモニカで共演してくれた。
SOLWANCO with HOBOけいすけ、とか、菊池隼人 with HOBOけいすけ、のステージは、音楽が素敵だったのは勿論のこと、そんなセッションが実現したことが嬉しくて、ちょっとウルウルしながら聴いてました。



そんな素敵なライブを聴かせてくれた歌の旅人達は
現在我が家でおやすみ中です。
あと1時間くらいしたら、起こして朝ごはんにしましょうかねー。
今朝のおかずはホッケです。
味噌汁の出汁は日高昆布です。
(あ、室蘭がごめ昆布も買っとけば良かった・・・)
ちなみに初日のお昼は我が家のご近所にて、寿都名物・浜チャンポンとあんかけ焼きそばを召し上がっていただき、
留萌では、地元の美味しいラーメン屋さんでラーメンを食べ、
留萌ライブ後は、地元の皆様の計らいで高級イタリアン(!)での打上げ、
さらに昨日の朝は留萌名産ニシンとカズノコのおにぎりと採れたてタコの揚げカマボコ、
お昼は札幌に戻ってスープカレー。
(・・・なんでライブ報告より食べたもの報告のほうが詳細なんだ?と突っ込む声があちこちから聞こえてきそうですね;)
とりあえず、順調に、旅の行程&北海道名物をクリアしております。
あとは、ジンギスカンですかね。
・・・でも、帰りの飛行機の中でクサイですかね(^^;


帰るまでが旅、といいます。
お二人に、無事に名古屋行き飛行機に乗っていただくまで
案内人、しっかりつとめさせていただきます。



繰り返しになりますが
お世話になった皆様、ライブに足を運んでくださった皆様、
本当にありがとうございました。
また来年、お二人をお招きする日を、楽しみにしていてくださいね。
私自身、またお二人をお招きできるよう、これからも、ひとつひとつ積み重ねて、ライブ活動をつづけてゆこうと思います。


[ 2011/06/06 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(2)

ライブ報告&いよいよツアー!

ツアーまで「毎日ブログ更新!」と思っていたのですが
例によって滞ってしまって申し訳ありません;

まずは、5/31のLOGジョイントライブにご来場くださいましたお客様、
そして、共演してくれたEmmaRose氏、仔羊亭タイヨウ氏、菊池隼人氏、
ありがとうございました!

エレキギター弾き語り→コンサーティナ&アコギ弾き語り(私)→落語→アコギ弾き語り

セットリスト
1.201012(レクイエム)
2.晩秋
3.リセット
4.路傍の車輪
5.真岡


濃密な夜でした。
そして、例によって、終演後の会話も濃密でした(^^;
お客様を交えて、音楽のこと、ライブのこと、ギターのこと、車のこと(・・・あれ?/笑)
お忙しい中、久しぶりに足を運んでくださったお客様と、たくさん話せて嬉しかったです。
ツアーのことも応援してくださって、ありがたいです。



そして昨夜は仕事場からススキノに直行。
飲みに、ではなく、ライブを見に。
竹原ピストルさんの北海道ツアー。初日の昨夜の対バンは菊池隼人氏。
もう10数年前から知り合いの二人。でもステージで共演するのも10数年ぶり。
けれど、悪い意味での同窓会的なユルさは皆無。互いにそのまま「今」のステージ。
いいライブでした。
ライブ終盤のMCで初めて隼人氏のことに触れ、「お互い続けてきたからこうして会えた」って、本当に嬉しそうに言った時の竹原さんの笑顔、印象的だった。


良い刺激をいただいて
いよいよ明日からは、
名古屋からのお二人を招いての、小樽・留萌・札幌3DAYS。


一人でも多くの方に、HOBOけいすけ・タさきフみえ両氏の歌に触れて欲しいと思います。
ちなみに今回、私は3日間で1曲たりともかぶらないセットリストを予定しています。
だから、3日間全部見て欲しい!
・・・とは、さすがに言えませんが(汗)
ご都合のつく日・ご都合のよい会場に、足を運んでいただけたら嬉しいです。


●6月3日(金) 小樽 一匹長屋
“HOBOけいすけ、タさきフみえ、Shinobu ジョイントライブ”
 住所:小樽市花園3-3-3
 19:00開演 ライブチャージ1,500円(ワント゛リンク付)

●6月4日(土) 留萌 ニューポート
“ジョイントライブ”
 出演:HOBOけいすけ、タさきフみえ、サイマルシンクセカンドwith ミート・ザ・ガールズ(留萌)、Shinobu
 住所:留萌市開運町1丁目5-43
 18:00開場 18:30開演 ライブチャージ1,500円(ワント゛リンク付)

●6月5日(日) 札幌 ライブハウスLOG
“ジョイントライブ”
 出演:HOBOけいすけ、タさきフみえ、SOLWANCO(ソルワンコ)、菊池隼人、Shinobu
 住所:札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
 19:00開演 ライブチャージ1,500円(別途ドリンクオーダー要)






しっかし
「笑う犬」のコントの中の総理のアホっぷりを
現実が超えてゆきますね


けれど
愚痴を言ってもはじまらない。
批評は何も生み出さない。
生きて、
食べて、
働いて、
暮らしを守ってゆきましょうね。

[ 2011/06/02 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)