2011 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 04

ライオンキング

見てきた。


3時間だけ、何もかも忘れられた。
日常のこと何も考えず、物語の世界の中にいた。
感動した、なんて陳腐な表現かもしれないけれど
素直にそう思う。


行って良かった。


また明日から頑張りましょ。
立ち止まらずに、明るい方を向いて。
少しづつでも、ね。





スポンサーサイト
[ 2011/03/25 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

私は偽善者です

あの日以来
初めて泣くことが出来たのは
遠い街で、一緒に泣いてくれた人の言葉を目にしたから



「ミュージシャン」「シンガーソングライター」「ステージに立つもの」
としての自分ではなく
それ以前の自分の立ち位置ゆえに
弱音を吐ける立場ではなく
他人事であるはずもなく
圧倒的な悲しみや怒りや無力感に押しつぶされそうになりながらも
押しつぶされる暇などないのだとばかりに押し寄せる現実に
ただただ必死に全力で向き合った10日間



募金はチャリティーコンサートではなく口座振込
自分に出来ることをした
これからもそう
ずっとずっと
偽善でいい
一番必要なのはお金





評論家は嫌い
評論家気取りはなおのこと
遠く安全な場所に身を隠したままの者たちが投げつける礫の痛みは
握りこぶしの痛みとは全く異なるものだ
体温の無い言葉
顔の無い含み笑い



エコ屋とスピリチュアル屋は口を揃えて言う
これは自然から人間への警告なのだと
美しく正しい装いのその言葉は
激しい批判にさらされた某都知事の「天罰」発言と全く同一だ
命の等しさという正義を盾にして人間の傲慢さを語るなら
自然の傲慢さも等しく語れ
自分をまるでどこか別世界の高いところに置いて
奪われた命をまるで人柱のように語るエコ屋とスピリチュアル屋を
私はこれからの人生で決して信用しないだろう



口先だけの奴は嫌いだ


だから自分は動く
働く
金を稼ぐ
寄付する
偽善者でいい





今もまだ
何かを語れる段階ではなく
自分自身とて
いまだ心の中の思いを表現しうる状態にはなく
泣いた後も
また同じ毎日




けれど
まだまだ頑張れる


闇を数えても始まらない
光はある
大丈夫
信じる



信じないと、生きられないから








********************



2011.3.19 当初予定されていた出演者のお1人が今回の震災で被災なさったため、残念ながら内容が変更されたLOGのライブに、急遽出演させて頂きました。
急な変更だったにもかかわらず、御来場くださいました皆様、ありがとうございました。
そして、共演者の皆様、声をかけてくださったお店の皆様、ありがとうございました。
【LOGジョイントライブ】
 出演:菊池隼人、佐野和弘、SOLWANCO、Shinobu、長津宏文(出演順)
セットリスト
 1.鬼さんこちら
 2.リセット
 3.半分だけの月
 4.君と走る
 5.方舟


出演者みんな、素晴らしかった。


3/27のLOGライブも、全力で頑張ります。


[ 2011/03/22 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2011.3.12.札幌LOG

2011年3月12日 LOG


御来場くださいました皆様、ありがとうございました!


寺田町さん、素晴らしかった。


その寺さんのステージの前に、寺さんを爆笑&悶絶させた長津さんのステージも凄かった。


勿論、自分自身も全力で、心を込めて歌わせていただきました。


 1.201012
 2.君と走る
 3.豪猪(ヤマアラシ)
 4.方舟
 5.鬼さんこちら


東京で、そして全国各地で寺さんのことを心配してる皆さん、寺さんはご自身のブログでも書いていらしたとおり、ご無事で北海道を回られてますので安心してください。



ライブ後も残ってくださった多くのお客様と、そして寺さんと長津さんとスタッフさんと
今の、この状況のことも含め、たくさんの話が出来たのも、嬉しかった。


誰もが同じ思い。
まして、歌で旅する方々にとっては、どこもみな故郷のように愛おしい街・人々。




ならば、自分自身は?



今、出来ることを精一杯する。
自分にも出来ること、が明らかになるその時に備えて、今は生活のリズムを整えて、きちんと暮らす。
無駄遣いしない。電気も水もお金も、そして自分自身の健康も。


明日からの仕事、頑張ります。




***********************



「ブログ」というツールを持っているものとして、ひとつだけ言わせてください。


今、インターネット上のブログ、SNS、Twitter等で
一部のニュースからの受け売りで、事実かどうか確認できていない事項を転載したり、
公式発表されている事実があたかも事実でないかのような評論にチェックをつけて注目度を高めさせ
被災(あるいは避難指示が出された範囲に該当)した地域の方々の恐怖をあおっている方、


今すぐやめてください。


北海道内でもほとんど被害の無かった某街にいて
自らの身は安全な場所に置いたまま
何ら正確な知識も無く、ただ受け売りだけの言葉で危機感を煽り評論家を気取るあなたのその言動は
現在、命がけで復旧作業にあたっている多くのプロの技術者や、被災地で復旧作業にあたっている方々を冒涜しているだけでなく
被災された方々に、更なる危険を与えることにもつながりかねないということに気付いてください。



実名を挙げようかとも思いましたが、やめます。
どうか自分で気付いてください。






極力冷静に書きましたが、実際のところ、目の前にいたらぶん殴ってしまいそうな位、はらわた煮えくり返ってます。

[ 2011/03/13 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

御見舞申し上げます

地震、津波の被害にあわれた方々に、心から御見舞申し上げます。




言葉がありません。





そして、
北海道でも被害が大きいのではないか、と心配してメールくださった皆様、ありがとうございます。
札幌も揺れは大きかったけれど、こちらは被害は無く無事に過ごしています。
ただ、北海道内でも沿岸部では津波での被害が出ているようで、心配です。





こんな状況ですが
こんな状況だからこそ
ライブは中止せず、予定どおり開催させていただきます。



●3月12日(土) 札幌 ライブハウスLOG
“寺田町 with Shinobu、長津宏文 ライブ”
 住所:札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
 20:00開演 2,000円プラス要ドリンクオーダー
 http://sapporo-log.net/log_main.html



今は祈ることしか出来ませんが
状況が判明次第、無事だった地域にいる者として、自分に出来ることも分かってくると信じて
その時に備えて、今は出来る限り冷静にいようと思います。




「ほぼ日刊イトイ新聞」の3/12更新「今日のダーリン」
無事だった地域にいるたくさんの方に、読んでいただきたいです。
http://www.1101.com/home.html




[ 2011/03/12 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

感謝!

マンスリーライブ、楽しく終了いたしました!
御来場くださいました皆様、ありがとうございました!!

2011年3月8日 札幌 ライブハウスLOG
“Shinobu マンスリーソロライブ”
セットリスト
 1.桜の頃
 2.晩秋
 3.鬼さんこちら
 4.柘榴
 5.大きな古時計(コンサーティナ演奏)
 6.201012
 7.君と走る
 8.分岐点
 9.豪猪(ヤマアラシ)
 10.三条通
 11.半分だけの月
 12.方舟


このマンスリーライブをいつも欠かさず見に来てくださる常連様に加え、
ここしばらくLOGで共演させていただいている音楽仲間の方々が足を運んでくださって
嬉しくて楽しい夜になりました。
新曲・旧曲まじえての90分。最後まで聴いてくださった皆様に感謝です。
ライブ後の打上げで、いろんな話で楽しく盛り上がれたのも嬉しかったです(^^)


自分の好きな音楽・うたを生み出しているミュージシャン仲間の方々が
自分の歌のことも好きになってくれるなんて
奇跡に近いくらいにありがたいことで
本当に本当に、感謝です。


こんな夜があるから、また頑張れるのです。
歌い続けていきます。自分なりに。


***********


そして今日は月命日。
実家にて法事。


そして
今日は、久しぶりに、小樽にも行ってきて、先ほど帰宅。
いつものフリーランスで美味しいコーヒーとガトーショコラをいただいて、近況報告などしつつ、のんびり過ごさせていただきました。
なんだか、ほっとした。
心からリラックス出来る場所があるのは、幸せだー。
感謝です。



また明日からお仕事も音楽も頑張ります!
いよいよ週末は、寺田町さんとのライブ!!
たくさんの方に足を運んでいただけたら嬉しいです。
寺田町さんのファンの方々は勿論、まだ寺さんの歌に出会っていない方々にも、是非聴いてほしい!!



●3月12日(土) 札幌 ライブハウスLOG
“寺田町 with Shinobu、長津宏文 ライブ”
 住所:札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
 20:00開演 2,000円プラス要ドリンクオーダー


[ 2011/03/09 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

マンスリーライブです!

●3月8日(火) 札幌 ライブハウスLOG

“マンスリーソロライブ”

 住所:札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下

 21:00開演 ライブチャージ1,000円


毎月第2火曜日恒例、マンスリーソロライブ。
普段のジョイントライブより遅めの午後9時スタート。
多分私自身も開演時間直前に駆け込みですが(汗)でも、存分に歌わせていただきます。楽しみです。
一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。
御来場をお待ちしております!




仕事は順調に増量中(笑)
でも、ありがたいことです。
大変なこの時期。愚痴りたいのは誰も同じ。
けれど、そんな思いをそのまま吐き出すんじゃなく、笑いに変えてしまえる人達と一緒に仕事が出来ている今の状況を、とても幸せに思います。
まだまだ頑張ります。
そして、しっかり働きながら、歌っていこうと思います。



*****************


なんて思いつつ
昼休みにヤフーニュースで橋本Jr.と蝶野の写真を見て
危うく号泣しそうになっておりました。
嗚呼・・・



明日のライブも〆は「方舟」です。

天然&インド尽くしの週末

怒涛の3日間を終えての、この週末。
ひたすら寝て過ごした先週末に引き続き、今週もゆっくりさせていただきました。
土曜日は、午後に実家に行った他は部屋でゆーっくり家事をしながらぼーっとし、実家から帰ってきた後も、午後9時頃にはもう寝てた(^^;
今日は、朝から豊平峡温泉行って、温泉浸かって寝て、カレー食べてまた寝て、でひたすら休養。


豊平峡温泉名物 インドカレー&ナン

全国各地に、源泉かけ流しの「天然温泉」は多々あれど、和風の露天アリの天然温泉なのに、インド人のコックさんがいて、ナンを焼く本場の石釜もあって、あつあつ焼きたてナンと本場インドカレーを食べられるところなんて、ここくらいじゃないだろうか。(誰か他にも知ってたら教えてください。)
カレー美味しかったが、それ以上にナンが絶品!
見た目、絶対一人じゃ食べきれない大きさなのですが、食べ始めたら結構平気で食べられます。
行った時、ちょうど団体さんがいて、温泉も食堂も激混みでちょっと待たされたりもしたのですが、待つだけの価値のある美味しさでした。
幸せ~♪



そして
夜には、もうひとつの「天然」が待っていた。
ここしばらくの私の体調不良を心配し、某所にてプレゼントされたのが
これ↓

河原の石とも違います


アタマの中で、御曼けゑ志氏の「♪天然の石を売ってます~」という歌声が高らかに鳴り響いたのは言うまでもない。
いやありがたいです。感謝します。大事にします。


ちなみにコレ、私の生年月日に基づいて作っていただいたものだそうで、石と一緒に「宿曜経 鑑定書」なる解説書も添えられていた。「宿曜経」というのはインドの占星術らしい。あらこちらもインドなのね、どれどれ、と読んでゆくと、最後のところに「(同じ星に該当する)業界の著名人」という一覧が載っていた。



長渕剛・角川春樹・石原真理絵・酒井法子・・・・・・






いろんな意味で、気をつけて生きていこうと思います。


[ 2011/03/07 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

問唔さんと雛祭とヤスオバーガーさんと(3)

怒涛3日目は、仕事も怒涛の一日で(汗)
ライブ開演15分前にLOGに駆け込んだら、
初対面の井上ヤスオバーガーさんが、ほんわかとした笑顔で迎えてくださいました(^^)


●3月4日(金)札幌 ライブハウスLOG
 “ジョイントライブ”
 出演:Shinobu、佐野和弘、井上ヤスオバーガーfrom京都、菊池隼人、ヌルマユ永井(出演順)


トップバッターは私。いつもはライブ前は呑まないのですが、この日は仕事モードからの気持ちの切り替えにビールをひとくちだけ呑んでステージへ。
 1.201012
 2.君と走る
 3.分岐点
 4.方舟

20分の短めのステージ。ほとんど気合だけで、でも全力でしっかり歌わせていただきました。
この日も前日に引き続き、ギター2曲はスタンディングで。
首の皮、もう大丈夫な感じでした(なんかヘンな表現ですが/笑)。


佐野さんはこの日も独自路線全開!
話題の「スッカー」初めて聴いた。倒れた。
佐野和弘ライブ初体験な(当然ですが)井上ヤスオバーガーさんも悶絶してました。
でも、詩、なんですよね。
大笑いしながら、すっげー、と圧倒されてました。佐野ワールド、やみつきになります。


メインアクトの井上ヤスオバーガーさんは、ご本人の希望で、真ん中のご出演。
竹原ピストルさんのご紹介、ということでしたが、竹原さんほど毒々しくなく(笑)少ししゃがれた歌声で、ポジティブな歌世界を聴かせてくれました。
切ない気持ちも迷いも全部、少しの笑いでやわらげて音楽にしてしまう感じ。
そして、MCはさすが関西人(^^)
あっという間の40分。楽しかったです!


続いては、LOG最強(最凶?)コンビ2連発。
先行は菊池隼人氏。
トリはヌルマユ永井氏。
このお二人は、もう解説不要。
この日もそれぞれ、この人達にしか出来ない世界をぶちかましてました。
個人的にはヌさんとの共演が久しぶりだったので、新曲聴けたのが嬉しかったです。


この日は、偶然にも大阪からのお客様(長津さんの大阪ライブを主催している方の関係者さんだったようです)が来てくださって
ライブ後はコテコテの関西人とグダグダな北海道人との噛みあってるんだか噛みあってないんだか分からない会話で盛り上がり
虚実入り混じっての北海道観光ガイドがいつの間にやら風俗談義になだれ込み
「女の子いるのにゴメンネ」と言ってくれた某出演者の気配りをぶった切るように
最強の下ネタをカマしてしまったのは
誰あろうアタクシでございました(^^;
やっちまったね。ヌさん倒れてたもんね。
関西で「北海道の女性は下ネタに強い!」という噂が広まったら、原因はアタシです。
北海道の女性ミュージシャンの皆様ごめんなさい。


しかし
楽しかったー!
井上ヤスオバーガーさん、また来て欲しいです。
大阪での共演の話もいただいて、嬉しかった。
共通の知り合いも多いようで、そんな話で盛り上がれたのも嬉しかった。
出会えて良かったです。




怒涛の3日間は、充実の3日間でした。
あらためまして、
出演させてくださったお店の皆様、共演者の皆様、
そして、足を運んでくださったお客様に、感謝します。
皆様ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

[ 2011/03/06 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

問唔さんと雛祭とヤスオバーガーさんと(2)

怒涛2日目はいつものLOG。
けれど、LOGじゃ珍しい(笑)超満員のお客様でごった返しの一夜となりました。
ただし、途中まで、でしたけど(苦笑)。


●3月3日(木)札幌 ライブハウスLOG
 “ひなまつりジョイントライブ”
  出演者多数


3番手出演の須藤ともえちゃんは、もう10年前からの歌仲間。
10年前に初めて出会った時は、ボサノバギターに乗せて、しっとりと切ない気持ちを歌ってた姿が印象に残ってた。
そして、一昨年LOGで久しぶりに再会。
かつての切ない歌や独特のコード進行の素敵なメロディはそのままに、でもがっつり迫力ある歌詞が圧倒的に増えてて、歌もたたずまいも力強くて凛とした感じがした。
この日も、最近の力強い歌と、そして最新の新曲とで、びしっと聴かせつつ、でも、和ませてくれて(^^)
ともちゃんの人柄も滲み出たステージ。新年会以来、久しぶりに会えて、歌が聴けて嬉しかったです。


ラスタのお二人とは、LOGで何度もお会いしているし、新年会等でその音楽を聴いてもいたのですが、30分のステージをちゃんと見るのは実は今回が初めてでした。
ほんわかした歌とやわらかーいギター。
ほのぼのとしてるんだけど、歌詞はちゃんとメッセージがあって、芯のある感じがとても素敵で。
その後に自分の出番だというのに、じっくり聴き入ってしまいました(^^;
でも、聴けて嬉しかったです。


そして私。
 1.君と走る
 2.ジョニーボーイ
 3.死んだことにしてしまおう
 4.三条通
 5.豪猪(ヤマアラシ)
 6.方舟


コンサーティナ弾き語り3曲とギター弾き語り3曲。
1曲目のイントロでいきなりコンサーティナの持ち手のネジがカクっと外れかける(泣)
それでもなんとか1曲完奏。でも、この日は出演者が多かったのでMC無しで25分程度のステージにするつもりだったのが、ネジを巻きながら喋ってしまって結局いつも通りの長さになってしまった気が・・・(汗)
でも前夜に引き続き、自己紹介は出来た気がします。良くも悪くも(^^;


私の後は、春猫さん。
ピアノ弾き語り歌うたい。浅川マキ直系の迫力&味わいのある歌声と、むちゃくちゃ上手いのに決して歌を殺さないジャズピアノ。
これまでにも何度か共演させてもらってきて、そのたびに「すっげぇ~!」と思ってはいたのですが、この日歌ってくれた、三上寛さんや遠藤ミチロウさんの歌と出会った頃に書いたという「柘榴エレジー」という歌には完璧にヤられました。
彼女は今も既に人気のあるシンガーだけれど、もっともっとたくさんの人に聴いて欲しいと思います。


トリは、児玉梨奈ちゃん。
梨奈ちゃんとも、これまでにLOGやフライアーパークで何度も共演させてもらってますが、梨奈ちゃんに会うのも久しぶりだったので嬉しかったです。
「最近の梨奈ちゃん、前より更にカッコ良くなってるんだよー」って噂はいろんな方から聴いてたのですが、実際に久しぶりにライブを観て、本当にそう思いました。歌もギターもたたずまいも、以前とは空気が違ってました。
しかも、そんなに素敵なことやってるのに、ステージ衣装はAKBだし髪にはカ○シンさんの股間から出てきたバラ飾ってるし(爆)
もー素敵すぎです。強烈です。大好きです。



他にも前半にバンド系の方々がいて、出演者は計7組。
トリの梨奈ちゃんのステージが終わったのが午後11時40分ということで、打上げ無しでお開きになりましたが、でもここに感想書いた方々やお客さん達とライブ中にいろんなことを話せたし、何より歌が聴けたことが嬉しかった。みんな、歌で自分自身の今をそのまま自然に表現している人達ばかりだし。
この日出会った人達に、感謝です。



(そして3日目につづく)



***********************



以下は、この日の余談ですが


同じ場所にいたけれど、「出会えなかった」人達もいた。
以前に共演した際にも、こちらから挨拶しても思いっきり無視されたりガン飛ばされたりと、若いからトンがってるというレベルを超えたとても残念な態度だったので、多分今回もそうなんだろうと思ってはいたけれど
予想していた通り(それ以上?)の相変わらずな傍若無人っぷりには、怒りを覚えるよりも哀れに思いました。


・自分の出番が終わったら、次の出演者のステージが始まっていても、そのステージに響くくらいの声で、廊下で友達同士だけでわいわい大騒ぎ。


・入れ替えでスタッフがカウンターからステージ上に向かうのをジャマするように通路で立ち話。ステージを降りる他の出演者から「すみません」と声をかけられても自分達の会話が済むまでその場を避けず喋り続け、挙句に他の出演者にガン飛ばし。


・挙句、身内の客を引き連れて、ライブ終了前にぞろぞろと退席。


ゆとり教育の弊害?
ノルマ制ライブハウスでのライブの弊害?


いや、ゆとり世代にだってマトモな子はたくさんいるし、少なくとも私の知ってるバンドマンはノルマ云々抜きにして、「盗めるものは盗んでやれ」「ダメな所は反面教師にしてやれ」って位の真剣さで共演者・対バンの音楽を聴いてる人ばかりだ。



とても素敵な空間の中、そいつら一派の存在だけがとても残念でした。
女だからって、何をやっても許してもらえると甘ったれてる女が、私はとても嫌いです。

[ 2011/03/06 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

問唔さんと雛祭とヤスオバーガーさんと(1)

怒涛のジョイントライブ3DAYS、楽しく終了いたしました!
御来場くださいました皆様、共演者の皆様、そして各店の店主&スタッフの皆様、ありがとうございました!!

●3月2日(水) 札幌 161倉庫
“ジョイントライブ”
 出演:伊藤義彦、門前浩一郎、Shinobu、御曼けゑ志、やもと問唔from福岡(出演順)


LOGで会った事はあったけれど、歌を聴くのは初めてだった伊藤義彦さん。
イマドキな感じかと思いきや、がっつりアングラ系な歌詞もありつつの聴かせるライブ。
そんな伊藤さんのラストの曲「生前葬」を意識してか無意識にか
天国行きの唄からスタートの、二番手・門前浩一郎さん。
LOGで何度も共演させていただいてますが、今年に入ってからはこれが初共演。
大人な歌声とギター。渋いけど切なくて、でもじめじめしてはいないラブソング。
「笑顔」は何度聴いてもぐっときます。


そしてアタクシ。
 1.死んだことにしてしまおう
 2.君と走る
 3.晩秋
 4.鬼さんこちら
 5.柘榴
 6.方舟

帯状疱疹後、初のライブということで、大事をとってギター弾き語りの曲も全曲座って歌わせていただきました。
自己紹介ライブな気持ちでした。
何かが残り次につながれば嬉しいです。


続いては、東区のアイドル、161倉庫の主、御曼けゑ志氏。
今年に入ってからのライブの流れそのままに、長めの歌中心で、たっぷりと歌って聴かせ、でもちゃんとネタも交えて笑いもとって、なステージ。
芸人です。さすがです。
でも阿呆です。愛すべき馬鹿です。
そんなこんなもひっくるめて、1971年生まれにこの人がいてくれて良かったです。


そして、この日のメインアクト、やもと問唔さん。
なんと、この方も1971年生まれ。
博多のシンガーソングライター。
やわらかい歌声と、聴かせどころを外さない確かなギター。
ガットギターの音と歌声とメロディが、何ひとつ無駄が無くて、ふわりと調和してゆくステージ。
いい人っぷりが滲み出るMCと表情も素敵で、出会えたことが嬉しかった。
同じ年で、全国をギター1本持って一人で旅して歌い歩いて生きている人がいる、ってこと、その人が魅力的な音楽を生み出してる、ってことが、とても嬉しかった。


打上げでもモリモ亭の豪華料理を堪能!
翌日も仕事(&ライブ/汗)のため、思いっきり後ろ髪を引かれつつも午前1時頃で途中退席させていただきましたが、とっても幸せな夜でした。
皆様に感謝です!!




そして、翌日は怒涛の中の怒涛・・・(つづく)

[ 2011/03/06 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)