2010 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 08

「プロ」の仕事

もう1年以上も前のことになるけれど
昨年6月、テイセンホールに健介オフィスのプロレス興行を見に行った時のこと。


まだ単独で興行を打てるだけの選手数が揃っていない健介オフィス。
試合には、プロレスリング・ノアの選手が多数参戦していて
だから前売りチケット買ってた、というのが正直なところだった。
(勿論、佐々木健介も好きですが。)


まさか、その札幌大会の前に、あんな事故が起こるなんて夢にも思わずに。


献花台が設置される、と知ったのは、当日。
開場時刻よりもずいぶん早くに会場に着いて、その場で献花台のことを知り、一度会場を出て札幌駅地下街の花屋へ。
何も考えてなかった。
ほぼ条件反射。
思考回路なんて、多分ぜんぜん働いてなかった。


お洒落な地下街の一角にあるお花屋さんには、キレイな花束やお洒落なフラワーアレンジメントがたくさん。
でも、欲しいのは、そういうのじゃない。
予算だけを次げて、花束をお願いした。
すると、当然、店員さんは、ごく自然に、笑顔で
「お祝いごとの花束ですか?」
って尋ねてきた。


その瞬間


それまで動いてなかった頭の中で、それまでの数日間の出来事がぐあぁぁぁぁ~っ!と蘇ってきた。


お祝いじゃない花なんだ、
って、今更のように気付いてしまったら、
込み上げてきた。


やべ、と思う間もなく、目の前がぼーっと霞んできた。
あー、どうしよ、わけわかんない客になってる。えーっと、供花用、って言わなきゃ。言わなきゃ。あ、声が・・・


しかし
店員さんは、一瞬驚いたような表情になったけれど、
そのまま、何も気付かないようなそぶりで


「色の感じは、グリーンと白でいいですか?」


って、明るく尋ねてきた。


うなずきながら、鼻すすりながら、
心の中で「え?なんでこの店員さん、グリーンと白、って分かるの?」と動揺。


だが、考えてみれば、テイセンホールから一番近いこの地下街で、一番近い花屋がここ。
私以外にも、同じ目的でここに花束を買いにきたお客さんは何十人もいるはず。
事実、私が花束を作ってもらってる間にも、同じ目的と思われるお客さんがぽつりぽつりと来店。


私の花束を作ってくれていた店員さんは、他の店員さんに他のお客さんの注文への対応の指示を出しながら、花の追加発注の指示もしながら、てきぱきと、それでいてとても丁寧に、花束を作ってくれた。


出来上がった花束は、どう考えてもこちらが支払った金額以上に素晴らしいものになっていた。


すっげー、と、心から思った。


と同時に
本当に本当に、
ありがたいと思った。


**********************

なんで今更こんなことを書いているかというと


5月から今に至るまで、花を切らすことの無い日々を送るようになり
特にここしばらくは、暑さもあって仏壇その他のお花がすぐにダメになってしまうので、仕事帰りに実家に向かう途中で、実家近くのお花屋さんに立ち寄って花を買う、というのがほぼ日課になっているのだけれど


そのお花屋さんが


なんていうか・・・


・・・・・・・・・とっても残念で;


仏花のセットに枯れた花を混ぜるのは如何なものかと。
最初は偶然かと思ったけど、これで3回連続だし。
まして、「フラワーギフト券使えます」って看板出してるのに、ギフト券出したらため息、ってのはどうかと。


先月までいた店員さんはこうじゃなかったのになぁ・・・


お供えの花を買う、ということ自体が、まだ正直言って辛いこの時期に
こういう仕打ちは、結構精神的にこたえます。


嗚呼・・・


ちゃんと仕事しようよ。
仕事出来ないなら、
いや、ぶっちゃけ仕事したくないなら、いっそやめようよ。
お金を払って不快感を買いたいと思うようなドMな人は、そんなに多くないと思うのです。






自分はこうはならないように、仕事もその他も頑張ります。
明日も仕事。
そして仕事の後はLOGで唄います。
皆様、ご都合つきましたら是非いらしてください。
共演者さんたちのライブもとっても素敵ですよ。
スポンサーサイト
[ 2010/07/30 ] プロレス | TB(0) | CM(0)

日記ならぬ週記ですが

2010.7.21.一匹長屋にて


今週一週間は仕事モード全開で残業の日々でした


が、
そんな中でも
水曜日、仕事後に小樽まで車で出かけて一匹長屋でのライブ見ることも出来ました。
長屋での「全日本ギター愛好会略して全ギ」ライブ、楽しかったです!
「全ギの長屋ライブは必ず見に行きます!」なんて言ってたくせに、前回は諸事情あって見に行くことが出来なかったので、今回やっと約束を果たせて、そしてライブ自体とても楽しくて、嬉しかった。
やりたい放題な「地中海の舞踏」凄かった・・・(勿論、他にも凄い曲はたくさんあったのですが)
ギターのインスト(演奏)だけで笑いをとれるのって凄いと思います。


自分自身のライブは、来週末。
そして8月は前半からライブラッシュ。
楽しみです。頑張ります。

[ 2010/07/24 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

受け継ぐもの、引き継ぐもの

いろいろ考えさせられた一日。
勿論、決してネガティブな意味でなく。


小樽に行ってきた。
フリーランスに、先月やっと完成したCDを持って。
10月の音座なまらいぶのことや、目前に迫った森山大道さんの写真展のことなど、いろいろ話したり、話を聞かせていただいたり。
楽しかった。
表のページのスケジュールにもすでに載せてますが、音座なまらいぶ、今年も大好きな帯広のピアニスト・藤原志津花さんとのDUO「シヅカニシノブ」で出演申し込みしました。
楽しみです!!
そして、私は今年はもう1枠、ソロでも申し込ませていただく予定です(^^)
今日、いろんなお話を聞いて決めました。
楽しみです。頑張ります。いや頑張る以上に楽しみます。


音座なまらいぶ、まだ申し込み受付中です。
http://onzanamalive.web.fc2.com/
趣旨に賛同して参加する方々がたくさん集まればいいな、って思います。


趣旨に賛同して、っていうのが、一番大切なことだよな、って
その後、向かったとある場所でのミーティングでも思いました。




人は誰しもそれぞれの感情を持っていて
育ってきた・暮らしてきた環境が違えば、物事の捉え方や価値観も違って当然。
全てが同じ人間なんて、いるはずもない。
そんなこと、誰に言われるまでもなく、誰しも知っていること。


けれど
みんな違う、
と、誰もがどこかで分かり合っているからこそ
そんなふうに「違う」人間が
同じものを大切にして、同じ思いを抱いて、同じ方を向いて、
受け継ぎたい、引き継ぎたいと感じている事柄のひとつひとつを
守ったり、
育てたりしていこうとする
その思いが、
たまらなく嬉しかったり、ありがたかったりするのかもしれない。




[ 2010/07/19 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

節目

の夜になった気がします。いろんな意味で。


昨夜の“寺田町ライブ at LOG”に御来場くださいました皆様、ありがとうございました!!
寺田町さん、
瀬尾高志さん、
hopesignさん、
そして、
店主・長津さん、
PAその他、長津さんをサポートして店を切り盛りしてくれた菊池隼人氏、
ありがとうございました!!


トップバッターは、今回は私ではなく、hopesignくんがつとめてくれた。
LOGでの寺田町さんのライブで出会い、その後、LOGでのジョイントライブで度々共演している素敵な音楽仲間。
対バンのたびに、hopesignくんのステージを見て、その歌を聴いてきたけれど
昨夜のステージは、これまでで一番心に響いた。
これまでもずっと素敵だったけれど、昨日は別格だった。


そんなステージの後、私の出番。
1曲目はソロでコンサーティナ弾き語り。
2曲目からは、瀬尾さんをゲストに招いて、約半年ぶりの共演で5曲。
内2曲は瀬尾さんと出会い共演してもらうようになってからずっと歌ってる曲。
1曲は去年ここで久しぶりに共演したときに一緒に演奏してもらった、割と新しい曲。
1曲は、自分自身でもまだ歌詞うろ覚え(苦笑)の新曲。


そして、もう1曲は、
以前瀬尾さんとよくDUOでやってた頃にもあった曲だけど、
今は気持ちも歌い方もあの頃とは違ってる曲。


その歌で、寺さんが泣いてくれました。


嬉しかった。


・・・あ、勿論、泣かせて嬉しかったって意味じゃありません(汗)。


受け止めてもらえたこと、見守ってもらえたこと、伝わったこと、そのいろんな思いが全部、嬉しかったんです。



勿論、何より瀬尾さんとの共演が自分自身楽しかった!
それしか言葉がありません。
まあ反省点は山盛りでしたが(^^;
(初見の曲で、本番でいきなりカポつける、ってのは、共演者イジメに等しかったですね。瀬尾さんごめん;)
でも幸せでした!
んで久々に絶叫!!
でも、最後はノーマイク・ノーPAで。
自由になれた。音とひとつになれた気がした。
瀬尾さんに、本当に本当に感謝です。


そんな幸せなひとときの後、たっぷりと寺さんのライブを堪能。
最初は寺さんのソロ。
そして、後半は瀬尾さんを招いて。
ソロでの新曲、
初めて聴く古い曲、
そして、CDでは聴いてたけど、瀬尾さんの音世界が加わることで、CDとはまた違った世界に広がっていく歌の数々。
ぐいぐい引き込まれて、でも楽しくて、
ライブ聴きながら、ずーっと笑顔だった気がします。
多分、隣にいたhopesignくんも(笑)。


終演後も、嬉しいことがたくさんでした。
お客様もみんな笑顔で。
久しぶりに会えた方もいて、それもまた嬉しかったです。


でも一番嬉しかったのは、やっぱり、長津さんの存在で。


半年前、
一緒に前座&カウンターをつとめた隼人氏共々、寺さんや瀬尾さんに長津さんの病名を言えず、冗談で笑い飛ばしながら、
ライブ自体はとても楽しいのに、どうしても、どこか複雑な気持ちが拭えなかったあの時のことを思い返すと、
またここでこうしていられること自体が奇跡のようで
本当に本当に嬉しかった。






寺さんのライブ、そして瀬尾さんのライブ、これからもたくさんあるので、是非たくさんの方に聴いて欲しいです。
そして、LOGでも、これからも素敵なライブがたくさんあるので、是非たくさんの方に足を運んで欲しいです。
自分自身、これからも歌い続けるし、これからもいろいろな人や音や場所と出会って生きたいと思います。
ライブのたびに思うんだけれど
昨日は特にそう思った。
出会った方々に、感謝です。




【追記】

寺さんと瀬尾さんも、それぞれにブログで昨日のこと書いてくれてました。

寺田町ブログ
http://terablog.exblog.jp/14209014/

瀬尾高志ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/anabiosisofjazz/diary/201007170000/


[ 2010/07/17 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

明日からライブですっ!

って書こうとしたら日付が変わってた!!
というわけで、もう今日ですが、マンスリーライブ再開です。
そして今週末は恒例・寺田町さんのライブで前座をつとめさせていただきます。



●7月13日(火) 札幌 ライブハウスLOG
 “マンスリーライブ”
 ゲスト:菊池隼人
 住所:札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
 (地下鉄北12条駅下車徒歩5分位)
  http://sapporo-log.net/log_main.html
 21:00開演

●7月16日(金) 札幌 ライブハウス LOG
 “ 寺田町ライブ”
 出演:寺田町
 オープニングアクト:hopesign、Shinobu
 住所:札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
 (地下鉄北12条駅下車徒歩5分位)
  http://sapporo-log.net/log_main.html
 20:00開演



本日、会社の健康診断の二次検査で大腸カメラ初体験。
検査直後は予想以上のグロッキー状態でしたが、どうにか回復いたしました。
あ、検査結果は異常ナシでした(^^)v
皆様、検便の際には切れ痔に気をつけましょう。
嗚呼これって絶対女子ミュージシャンの日記じゃないわね。
って誰も女子カラーをあたしに求めてないから大丈夫よね。


某先輩シンガーから“女・友川かずき”と言われるきっかけになった新曲(と言ってももう半年くらい前から唄ってますが)、やっと歌詞が固まってきました。
明日も元気にがっつり自分の唄を唄います。

四十路リーチ


記念すべき生誕記念日を
咳と鼻水でぐだぐだな状態で迎えることになりそうです。げほげほ。


お久しぶりの日記がこんなで申し訳ありません;


日記書いてない間に

母の四十九日法要があったり
(お気遣いいただいた皆様、ありがとうございました)

会社のビックイベントがあったり
(今年も質問事項無しで無事終了いたしました)

同じ日に会社で異動があったり
(同じフロアだがまったく異業種の別部署への異動。しかも夕方4時まで前箇所の担当業務にかかりっきり。にもかかわらずその日から新部署のお仕事の伝票切ってました。嗚呼・・・)

同じ日にライブ活動再開したり
(状況はどうであれ、自分なりに全力出し尽くしました・・・ってのは一歩間違えば自己満足。次はもっと頑張ります。)

風邪ひいたり
(先述のとおり。ライブも思いっきり鼻声で情けないやら申し訳ないやら・・・明日こそ病院行くぞ。)

風邪うつしたり
(同居人氏ダウン。しかも私より重症っぽい。すまないねぇ・・・)



と、いろいろありました。


日々の雑事に追われつつ
でもやっぱり人に支えられ、音楽に支えられる毎日。
長く歌い続けていれば、自分自身気付かないところで自分の唄と出会ってくれている人もいたりするのだな、と気付くような出来事があったりもして、ありがたく、そしてあらためて、もっと頑張ろうと思ったりもしています。
いろんな出会いがある。
再会もある。
感謝です。


風邪が治ったら、各方面にご挨拶に行きますね。

[ 2010/07/02 ] 日記 | TB(0) | CM(5)