2009 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 11

ライブ楽しかった!&マンスリー決まりました

ライブハウスLOGでのジョイントライブに御来場くださいましたお客様、ありがとうございました!


共演者みんなそれぞれにカラーが違っていて、本当に楽しかった。
出演者が4人もいるのに、誰も所謂“フォークソング弾き語り”じゃなかったのって、ある意味、凄いことだと思う。
(決してフォークソング弾き語りが悪いという意味ではありません)
昨日は期せずして、私以外はみんな元バンドマンだったり、現在進行形で弾き語りとロックバンドでの活動を両方継続している方だったり、ということで、打ち上げでは、バンドでのライブのことや、それぞれに聴いてきた音楽のことなど、いろいろ話を聞かせてもらえて楽しかった。
さらに、何故か人生相談的な展開もアリ(^^)
仕事をしながらの音楽活動の苦労は、誰しも抱えていることで、それぞれに悩みつつもなんとか工夫しながら音楽を続けている。
覚悟云々という話はとりあえず横において、単純に、“苦労しているのは自分だけじゃないんだ!”って思えると、気持ちが楽になる。
これから働こうとしている若いミュージシャンに、自分自身の経験を話して「大丈夫だよ!」って言いながら、自分自身に対しても「大丈夫!」って言い聞かせることが出来た気がする。
久しぶりに車を置いていって正解でした。
ゆっくり飲んで話して、いい時間を過ごさせていただきました。
共演者とお客様に、そして何より、こういう場を与えてくれるLOGの長津さんに、感謝です。


そして、
そんな素敵な場所「LOG」で、
来年1月から、「Shinobuマンスリーライブ」をさせていただくことになりました。


毎月第2火曜日 午後8時開演です。
ジョイントライブとは異なり、たっぷりと1時間以上歌わせていただきます。
基本は私のソロですが、これまでに各所で共演させていただいた弾き語り仲間に声をかけて、毎回1人づつゲストとしてお呼びしたいと考えています。
第1回目は、昨夜のライブでも共演させていただいた佐野和弘さんにもゲストとして30分程度のステージをお願いしました。
身近な世界を題材にした独特の詞の世界を、パンク的なエレキギター弾き語りで聴かせてくれます。
ある意味、私とは真逆かもしれませんが、だからこそ面白くて、是非聴いて頂きたいです。
たくさんの御来場をお待ちしております!!


今年の春までマンスリーライブをさせていただいていたお店は、今、少し長いお休み中ですが
勿論、そのお店が復活した時には、そちらでのマンスリーライブもまたお願いするつもりです。
その日までに、自分自身成長することが出来るように、LOGでのマンスリーライブは勿論、その他のジョイントライブも、そして敬愛するメンバーとのDUOやトリオでのライブも、ひとつひとつ大切にして歌っていこうと思っています。

スポンサーサイト
[ 2009/10/30 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(3)

感謝の夜は

怒涛の笑いの夜でもありました(^^)
LOGでの「N☆112」ライブに御来場くださいました皆様、ありがとうございました!!
共演の菊池隼人さん、そして、今回のライブの出演者に選んでくださいました「N☆112」の中ちゃんさん&長津さん、ありがとうございました!!


菊池隼人くんも、“新人ユニット”(笑)の「N☆112」も、聴き応えのあるライブでした。
じっくり聴き入り
時に驚かされ(隼人くんの長津さんカヴァーにはビックリ!)
時に爆笑&悶絶し(N☆112のトークは掛け合い漫才のようで・・・もはや名人芸でした/笑)
あっという間の約2時間半。
いいライブでした。
勿論、自分自身、出演者としても全力を尽くしましたし、その手ごたえもありましたが、歌っている時以外はすっかりお客さんになって(笑)存分に楽しませていただきました。
御来場くださいましたお客様も、みんな笑顔で、心から楽しんでくださってたのが嬉しかった。


来週はLOGジョイントライブ!
今月のたくさんのライブの集大成のつもりで臨みます。
皆様是非いらしてください。たくさんの御来場をお待ちしております!!

[ 2009/10/26 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(4)

最前列にて

「金丸!!」と叫びまくり、
その対戦相手である、あの、獣神サンダー・ライガーから
「F××K!!!」
と言われた客は私です。


でも全く怯まず大声で応援し続けたもんねー(爆)


10月24日 札幌 テイセンホール

赤コーナー側最前列にて観戦!

プロレスリング・ノア 「Autumn Navig.'09」
2009年10月24日 札幌 テイセンホール

第一試合
小川、○志賀、川畑vs中嶋、菊地、●青柳
 ※13分06秒 逆さ押さえ込み

小川上手いっ!
そしてカッコいいっ!!

第二試合
力皇、○ヨネvsキース、●デリリアス
 ※10分35秒 キン肉バスター

ゴング前から奇襲しかけて場外乱闘に持ち込んだキース&デリリアスが一気に勝つかと思ったけど、その後の展開、ヨネ上手かったです。
しかし、勝敗は別にしても、デリリアスはアピールというかファンサービス上手いですね。いいレスラーです。先日のセムでの試合に続いてファンになりました。

第三試合
田上、●青木vs○齋藤、杉浦
 ※15分32秒 スイクルデス→片エビ固め

田上vs杉浦の乳首攻撃合戦に続いて、斎藤への○○攻撃という序盤のコミカルファイトにビックリ(笑)
でも後半は熱戦。いい試合でした。なんか、安心した。
青木、善戦してました。

第四試合:ジュニアリーグ
▲石森太二vs▲平柳玄藩
 ※7分09秒 両者リングアウト

平柳の策略により両者リングアウト。石森は可哀想だったけど、平柳、頭いいレスラーだなーというのが何よりの印象。試合後のマイクアピールも笑えた。

第五試合:10番勝負第6戦
●谷口周平vs○小橋建太
 ※11分17秒 剛腕ラリアット→体固め

言葉にならん。久々のナマ小橋。泣けてきた。
谷口の頑張りにまた泣けた。

第六試合:ジュニアリーグ
●鈴木鼓太郎vs○リッキー・マルビン
 ※9分40秒 首固め

鼓太郎のエルボー連打とエルボースイシーダのフォームが、あまりにもその“師匠”に似ていて、ぐっときた。
しかし、最後は毒霧攻撃からの首固めでリッキー勝利。
リッキーも上手いっ!技も日本語も(笑)。

第七試合
健介、○森嶋、起田vs秋山、KENTA、●伊藤
 ※18分34秒 バックドロップ→体固め

先日のセムに引き続き、伊藤育成マッチ的印象。
んで今日は起田育成マッチ的展開も多々(^^;
いい試合でした。
試合後の森嶋のマイク挨拶、良かった。
しかし、その後の健介のマイクアピールは何言ってるかわかんなくて笑えた(^^;

第八試合:ジュニアリーグ
●金丸義信vs○獣神サンダー・ライガー
 ※14分45秒 空中胴締め落とし→体固め

いい試合でした。
金丸、勝てると思ったんだけどなー;
でも、悔しいけどライガー強いわ。体格からして全然違うし。
明日、平柳が大番狂わせでライガーから金星取ることを祈ります。
金星のためなら金的も可でしょう(←おい;)。


テイセンホール満員。安心した。
明日は見にいけないけど、明日も満員になりますように!!!


明日は自分のライブ頑張ります!!!


******************

帰宅後は、テレビで札幌ドームの両チーム全員での野村監督胴上げシーンを見てちょっとウルウル。
うまく言えませんが、いろんな意味で、日ハムっていいチームだよなーとあらためて思いました。


[ 2009/10/25 ] プロレス | TB(0) | CM(2)

セム!!!

試合開始前のコーナーポスト


プロレスリング・ノア選手会興行 at コンカリーニョ


4試合全部良かった!!
ぬるいヤツやしょっぱい試合は何も無かった。
入門の頃から見てた選手や、他団体から参戦してた頃の選手の、
昔とは比べ物にならないほど良くなった動き・試合の組み立て方・アピールの上手さ等々に
「成長したなー」と、思いっきり年寄りくさいことを感じてしまいつつ(^^;
存分に笑って、叫んで、興奮して、楽しんだ。
いい大会でした。
久々にプロレスつながりの友達にも会えて嬉しかった(^^)


やっぱり私はプロレス大好きです。他の格闘技ではなく、プロレスが好きです。


客席は、満席では無かった。
でも、若手選手のみ、しかも潮崎欠場という状況で、あれだけのお客さんが入った、ってだけでも、今は凄いことなのだと思う。
取締役等は一切手を貸さない(手を出さない)選手会興行。
でも、客席には、元取締役で今は相談役のリングアナの姿があった。スタッフとしてじゃなく、客席で見守ってたその姿に、ちょっとウルウル・・・


そして、今週末は、ついに、やっと、ノアです。
あの事故以来初めての札幌大会。
(事故の直後に、ノア選手が多数参戦し、献花台も設置されての健介オフィス札幌大会はありましたが。)
10/24&25 テイセンホール。
24日の試合、見に行ってきます。
余計なこと考えずに、今の選手達の試合を楽しもうと思います。


******************

その前に
明日はフライアーパークでライブです!!
児玉梨奈さんとのツーマンライブ。
今日の感動を胸に、全力で歌いますので、皆様是非いらしてください。

[ 2009/10/20 ] プロレス | TB(0) | CM(0)

充実の週末でした

年に1度の音座なまらいぶ
これまではいつもソロで出演していた音座なまらいぶ


今回は、シヅカニシノブでの出演(^^)
そして、シヅカニシノブ2度目のライブ(^^)(^^)


ということで
昨日の日記にも書きましたが
Shizukaさんがいらっしゃるということで、ライブ出演以外にも、楽しい時間をたくさん過ごさせて頂きました。


昨日は午前10時半にJR札幌駅でShizukaさんをお出迎え。そのまま車で小樽に直行。
道中のBGMは小川紀美代さんのバンドネオンソロアルバム。
深い音色の美しい音楽を堪能しつつ小樽まで楽しいドライブ(^^)
小樽に入る直前、雹が降ってきて一瞬動揺するも、二人で「これはきっと、私達を歓迎するライスシャワーよね~(^^)」ということで納得する(←それでいいのか;)。


正午、小樽着。
会場「うみ・かぜ・未来」のスタッフの皆様にあらためてご挨拶。出演者ミーティングの際には、私はちょうどツアー中、Shizukaさんは帯広在住ということで2人揃って欠席となってしまったので、この会場に出演する他の出演者さんたちとはこの日が初対面。でも、皆さん良い方々ばかりで安心しました。初対面な方々だけじゃなく、久しぶりに会えた友達もいたりして、嬉しかったです。
初対面の方々には、よく聞かれるように、「どんなジャンルなんですか?」と問われました。
それに笑顔で「怨念系です(はあと)」と答えた私もどうかと思いますが、リハで思いがけず大きな拍手をいただいた後、皆様から「ホントに怨念系なんですね~!!!」と言っていただき、自分の表現の正しさを確認できたのも嬉しかったです(笑)。ありがたいことです。

さらに、リハ前に飲んだウインナーコーヒーの生クリームが絶妙な美味しさで、ライブ前から幸せいっぱい気分(^^)
出演会場がここで良かった!!
考えてみたら、今御世話になりまくってるあとりゑ・クレールや水琴窟との出会いのきっかけも、音座なまらいぶだった。今回も、良い出会いの機会をいただいて、このイベントには本当に本当に感謝です。

ウインナーコーヒー(左側のソフトクリームみたいなのが生クリーム。美味っ!)

リハ後は、一度お店を出て、軽く腹ごしらえ。
今はすっかり観光中心部になっている堺町を通り(元市民にもかかわらず、知らない店が大半で、なんだかすっかり浦島太郎気分で歩いておりました・・・;)、小樽在住時代によく通っていた、古い御蕎麦屋さんへ。

横丁の二階のソバヤソバ~ヤっ!!(嘘です、1階でした;)

Shizukaさんは釜揚げうどん、私は天とじそばをいただく。
昨日の小樽は残念ながら小雨まじりの天気で、気温も低く寒かったのですが、ここであったまりました~(^^)


その後、思いっきり坂道な抜け道を通って(町並みは変わっても、坂道の傾斜は変わってなかった・・・/汗)一匹長屋へGO!
音座なまらいぶ小樽2009、最初に見たのは一匹長屋での「全ギ」!!
いや~、楽しかったです!!!
個人的には、ここしばらく全ギのライブはタイミングが合わなくて見にいけずにいたので、久しぶりに聴けて大満足。
先日の長津さん&竹原ピストルさんのライブに次いで、また長屋に顔を出せたのも良かった。
マスターの下村さんと奥様とも久しぶりにいろいろお話し出来て、嬉しいこともたくさん。
そして、この後他の会場に出演するogukunさんご夫妻や、弾き語り仲間の児玉梨奈ちゃんと、思いがけずここで会えたのも嬉しかった!
いろんなジャンルの音楽仲間&先輩方と会えるのは、やはり音座なまらいぶならでは。
いいな~。自分自身のライブ前だというのに、なんだか思いっきり心地よくくつろいでしまいました。


その後は、児玉梨奈ちゃんのライブを見に、「パブ・マッキンレー」へ。
その次が自分自身の出番ということもあり、1曲しか聴けなかったのですが(泣)、でも1曲でも聴けて良かったです。
Shizukaさんも「もっと聴きた~い!」って言ってて、なんだか自分のことのように嬉しかったりもしました(^^)
梨奈ちゃんとは、10/21(水)にフライアーパークでジョイントライブ(ツーマンライブ)です。こちらも楽しみっ!!フライアーの宗形マスターに感謝です☆


そして、タクシーで「うみ・かぜ・未来」に戻り、本番。


日頃自分がお客さんとして楽しませていただいている方や、久しぶりに会えた旅仲間、この日が初対面となる音楽ファンの方々などなど、たくさんの方々の前でライブをさせていただきました。
昨日の日記にも書きましたが、本当に楽しかったし、嬉しかったです。
この場所で、この方々の前で、ShizukaさんとのDUOでライブが出来たことが本当に本当に嬉しかった。
“シヅカニシノブ”でのライブは2度目だったし、1度目のライブは帯広平原まつりでの2曲だけのステージだったので、2人できっちりワンステージ出演したのはこれが初めてに等しい。でも、“こう行こう”と思った瞬間、一緒にその方向に音を生み出してゆくことが出来て、それがとても嬉しくて、歌いやすくて、心地よかった。
自分自身、まだまだ課題はありますが、それも次に続くものと考えれば嬉しかったりもします。
いろんな意味で、良いライブをさせていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。


ライブ後は、そのまま会場に残り、ここでの最後のステージ(「うみ・かぜ・未来」は午後6時閉店なので、音座のステージも私達の後の方々がトリでした)「OYAKO☆サミット」のお二人の演奏を堪能。
その名の通り、お父さんと息子さんによる親子ユニット。
お父さんがサイドギター、中学生の息子さんがリードギター。
んで、この息子さんのギターのテクが凄いっ!
しかも好きなギタリストがジミヘンってのがまた凄いっ!!
しかもしかも、聴かせるだけじゃなく笑えるネタ入りってのがまた強烈に凄すぎっ!!!
も~笑いすぎて腹筋痛いくらいでした(^^;
でも、笑えるだけじゃなく、この会場への感謝の歌のプレゼントや、私達他の出演者へのメッセージなどなど、いろんな心遣いがあって・・・とっても温かい気持ちになりました。素敵なステージで締め括ってくださって、感謝です。


会場を出て、すぐ隣の小樽倉庫でスタンプカードと引き換えに小樽ビールを貰ってから、鋼楽団ドラマー様ご出演の「ハモンド」に車で移動。
スタンプカード引き換えやら車の出し入れで時間を食ってしまって、会場に着いたのは最後の曲の時(泣)。
でも、1曲だけでも、聴けて良かった。
以前バンドで共演してもらったドラマーさんも同じバンドに出演していた(鋼楽団ドラマーさんはパーカッション)。以前聴いた時よりも、さらに凄味が増してた。
楽しかっただけじゃなく、勉強になった部分がたくさんあった。


さらに、車で移動し
今年の音座なまらいぶ、締めくくりに見たのは、フリーランスでの小倉さんバンド。


激混みなフリーランスは、2階のステージの模様を1階のテレビで生中継というハイテクっぷり(笑)
聴けて良かった。途中からは、階段のところから見ることも出来たし。
演奏から伝わってきたものが多々あっただけじゃなく、いろいろ、感じたことがたくさんありすぎて、感想を上手く言えないのですが・・・
でも、やもすればしめっぽくなりかねなかった今回のライブを、思いっきり楽しくしてくれたドラマーさんと(あのドラムソロとMCは反則だぁ~!/笑)客席のオジサマ2人(どちらもシラフ/笑)に感謝です。
っつーか客席のお2人はお2人とも鋼のメンバーさんですね(^^;
すっげー良い人達と音楽を楽しめてる自分の今の幸福っぷりをあらためて実感しました。


************************

札幌帰宅後は、我が家に泊まっていただいたShizuka様とプチ打ち上げ。
Shizuka様のお土産の“帯広名物・美味いものおつまみ”の数々が本当に本当に美味しくて、幸せ~!!!
そんな幸せにひたりつつ、中島らもさんのDVDを久しぶりに見た。
やっぱりらもさん素敵だ・・・と思ったら、Shizuka様も同じ感想だったらしく、ハマりまくり。わ~いわ~い、仲間が増えたぁぁぁ~☆


その後、撃沈。
午前0時頃に就寝。珍しく健全でした(^^;


**************************

午前10時少し前に起床。
そして、顔も洗わず、そのまま午前10時オープンの近所の温泉へGO!


癒されまくり~~~~~~(^^)


疲れも取れたところで、同じく近所でブランチ。
Shizukaさんはタンドリーチキンカレー、私はキーマカレーをいただく。
美味~~~~~~~~~(^^)
次は、ドライブがてら、盤渓リブギャラリーへ。


ここでも楽しいひとときを過ごさせていただきました!
突然の訪問にも関わらず、あたたかく迎えて下さったオーナーさんご夫妻に感謝です(^^)
くつろいだぁ~~~~~。
札幌市内とはいえ、ここは別世界ですね。
嬉しいライブ情報などもお聞きして(まだ公表できないのかもしれませんが、すっげー楽しみです!!既に予約しちゃいました。ライブは来年だというのに/笑)、今年7月に開催されたばんけいジャズフェスのこぼれ話などもお聞きして、楽しくて嬉しいひとときでした。


まだまだ名残惜しかったのですが、
リブを出て、
夕方のJRで帯広に帰られるShizukaさんを駅までお送り。


あっという間の2日間。
楽しい思い出をたくさん作ってくれたShizuka姐さんに感謝です。


“シヅカニシノブ”、次のライブは来年2月(予定)!


その日までに、成長していられるよう、頑張ります。


2日間、お会いした全ての皆様、ありがとうございました!!
そして、これからもよろしくお願いします。

[ 2009/10/12 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

音座なまらいぶ小樽2009

今年で11回目の音座なまらいぶ小樽。
1、2回目はお客さんとして、3回目からは出演者として楽しませていただいているイベント。
昨年は残念ながら所用にて欠席となってしまったのですが、今年はまた出演させていただきました。
しかも、小樽には初登場となる帯広のShizukaさんとのDUO“シヅカニシノブ”で。

今回出演させていただいた「うみ・かぜ・未来」

ヨーグルトソフトのお店です(^^)

御来場くださいました皆様、ありがとうございました!!
そして、会場となった「うみ・かぜ・未来」のスタッフの皆様や他の出演者の皆様、音座なまらいぶ実行委員の皆様、本当に本当にありがとうございました。
そしてそして、
一緒に音を生み出してくださったShizukaさんに、心から感謝します。


今年はこれまで以上に、続けていくことの大切さと難しさ、誠実にライブに臨むこと・音と向き合うことの大切さを再認識する機会にもなりました。
嬉しい出会いや、嬉しいのは勿論ビックリしてしまうような再会が満載の中、いいライブをさせていただきました。
楽しかった!!
歌ってる歌は暗いくせにね(笑)。


出演者としてだけじゃなく、
1人のお客さん(参加者)としても、
「音座初体験のShizukaさんをご案内する!」という大義名分を背負って(笑)これまでで一番たくさんの会場をまわっていろんなライブを見ることが出来たのも、楽しかった。
全ギ楽しかった~!!!
一匹長屋の音の良さをあらためて実感したりもした。
最近は平日に小樽でライブするのが状況的に厳しくなってしまって、一匹長屋でのライブは少しお休みさせて頂いていたのですが、マスターからも温かい言葉をいただいて、またここでライブしたいなーと思えるようになりました。頑張りますっ!


他の会場で見た出演者さんたちもそれぞれに素敵でした!!
自分自身のステージの時間との兼ね合いもあり、40分フルで見ることが出来たのが全ギだけだったので(^^;個々の感想をネットに書くのは控えさせていただきますが、今日見たライブ、どれも本当に良かったし、それぞれの色があってとても素敵でした。
これだけたくさんの会場で、これだけたくさんのジャンルの音楽を全て無料でたのしむことの出来るイベントが、11年間も続いている、って、凄いことだと思います。
スタッフの方々は本当に大変だと思いますが、これからも、ずっとずっと長く続けて欲しいイベントですし、続く限りこれからも参加していきたいと思います。


板橋文夫さんのCDを聴きながら帰宅し、帰宅後は中島らもさんのDVDを見ながらプチ打ち上げ(^^)
そして今、となりの部屋ではピアニスト様が撃沈してお休みになられています。
明日はピアニスト様と一緒に、「温泉→モーニング(寝坊したらランチ/笑)→美術館めぐりor書店めぐり」という癒しのフルコースの予定です。
一緒に行きたい方、連絡ぷり~ず♪

[ 2009/10/12 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

Gladston Galliza & Tomohiro Yahiro Duo Live at くう/札幌

2009年10月6日 札幌 Coo(くう)
 Gladston Galliza & Tomohiro Yahiro Duo
 出演:グラストン・ガリッツァ(vo&g)、ヤヒロトモヒロ(per)

ブラジルの盲目のシンガー・グラストン・ガリッツァ 北海道初上陸。
ヤヒロトモヒロさんとのDUO。


至福の時でした。


風の音、空気の震え、鳥の声、はばたき、生き物たちの息吹の音、
そして、体温の伝わってくる様々な太鼓の響き、
全てが調和した音世界の奥行き、生み出される世界の広がりの心地よさ


に、浸りながら


その世界と自然に調和する、グラストンの柔らかな歌声とギターの響き。
ボサノヴァ等の馴染みのブラジル音楽のリズムに乗った軽やかな曲の数々は、ほとんどが彼のオリジナル。
軽やかでやわらか、なだけじゃない、その歌の力強さに魅了された。


なんて、書いても書いても、言葉は無力!!


とにかく楽しくて心地よかった!
それしか言えないや(^^)


今夜は、個人的には今年これまでに見た全てのライブの中で、間違いなくベスト5に入るライブでした。
(ちなみに他4本は釧路ジスイズでの板橋文夫さんソロ、札幌パトスでのKIKI BAND、札幌くうでのThe Thing+大友良英、夕張ファイブペニーズでの寺田町三日月楽団。今年は自分自身も良いライブにたくさん参加させてもらってるし、こうして良いライブをお客さんとして見て聴いて楽しむことも出来て、本当に幸せです。)
ライブ後のヤヒロさんの「また来年もこのDUOでの日本ツアーがあるかも」って言葉が嬉しかった。
今回残念ながら見逃してしまった方(客席はほぼ埋まってたものの、札幌の知り合いの姿は皆無。勿体無い・・・)、次回は是非!


********************


目が見えないのに凄い、のではなく
目が見えてる人達と全く同じ「音楽」として聴き比べても
その音楽自体が素晴らしい。
グラストンさんが見えてないこと、すっかり忘れてその音楽を楽しんでた。ステージから下がる時にスタッフの方が迎えに来たのを見て思い出したくらい。
こんなふうに、その人の目が見えてないってことをすっかり忘れて、ただただその音楽に圧倒されたこと、前にもあった。
見えてるとか見えてないとか関係なく、その音楽に魅了されたミュージシャン、これまでに出会った中にもいた。


そんな、見えてるとか見えてないとか関係なく、純粋に「素晴らしいミュージシャン」
金沢栄東さんが、
今年の12月、滋賀県東近江市 太子ホールでの
「 It's a Show Time!」
の大トリとして出演するという。


12月27日 日曜日
開場18:30 開演19:00
お近くの方は勿論、お近くじゃない方も、このライブは是非足を運んで欲しいです。
私自身は行けるかどうか、まだ分からないけれど、なんとか都合をつけて行きたいと思っています。
(まだ確定じゃないけれど・・・仕事頑張るぞ~!!!)



[ 2009/10/06 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(2)

リセット

間違ったことをしました。

たくさんの人に迷惑をかけました。

その結果、仕事を失いました。

社会的な制裁も受けました。



そこで、

リセット

じゃ、ダメですか?



いつまでもいつまでも、責めたてられなきゃならないのですか?



決して支持者じゃなく、むしろ反対側の人間で、

まして、やってしまったことを擁護するつもりなんて、無いのだけれど

やってしまった過ちだけが、その人の全てじゃないはずなのに、とも思う。

死んだら聖人君子かよ、な報道もどうかと思うけれど

死者に鞭打つのは、それ以上にどうかと思う。

死人に口無し。

だからこそ、慎むべき、

なんてのは、きれいごとなのかな。

私自身が弱くてもろくてみっともなくて、間違いだらけの人間だから、そう感じてしまうだけなのかな。

でも、

完全無欠、間違いの何一つ無い人なんて、いるのかな。





正しいことだの真実だの真相だのは、どうだっていいよ。

ただ

上から目線の批評、私は嫌いです。






ほんのわずかであれ、面識のある人の訃報は辛い。
ご冥福をお祈りします。

[ 2009/10/05 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(2)

完全オーダーメイド&ハンドメイドの楽器

今日完成したとのご連絡をいただいて、受け取ってきました!!

クインターマさん作 ラベンダー色のカホン☆

ギターじゃありません(^^;
でも、中に張ってもらった弦は、私の使ったギター弦です。
鋼楽団ドラマー様手作りのカホン。
「叩き語り」は難しいでしょうが、でも、いつかライブで使いたいです。
すでにイメージはあるので、それを実際の音にできるように、頑張ります。


**********************

昨日の空

昨日はとある手伝いで、一日中外にいた。
朝6時に起きて、となりの街の市民球場へ。
途中で雨が降ってきたりもして、いろいろ大変だったけれど、楽しかった。
普段はなかなか会えない他の街の同僚や先輩達と久しぶりに会えたりもして、嬉しかった。
そして、終了後は、会場での物産展(そんなのがあるんです。しかも各地の支店ごとに、すっげー気合の入った出店内容なのです!)で入手した“オオカミの桃”を持って、実家へ。
“オオカミの桃”美味いです。まだ飲んだこと無い方、是非お試しあれ♪


んで、今日は、その片付け等あれこれとした後、小樽へ。
お買い物と、カホンの受け取り、そして自分へのご褒美にコーヒーフロート(^^)
いつもの場所で、ドラマー様とお店の方とあれこれ楽しくお話しさせていただいて、ほっとするひとときを過ごさせていただきました。


お買い物の途中では、遠くの友達から電話が入ったりもして、嬉しかったです。
しかし、電話の向こうの
「ジュディ・オングです~(^^)」
の声に


「あ、どーも、吉永小百合です~(^^)(^^)(^^)」


と元気に答えたら、周囲にいたお客さんが一斉にこっちを向いた。


・・・小樽の皆様すみません・・・


これからもこの調子でいきますのでよろしくお願いしま~す☆(←反省の色ナシ;)


夜は、前夜に引き続き実家へ。
んで、実家で食べきれない食材をあれこれ大量にゲット。
誰か柿好きな方いらっしゃいませんか~?
トマトもあるよ~。
茄子とピーマンもたくさんあるよ~。
さらに明日はジャガイモと玉ねぎが来るよ~。


そういや昨日は月見まんじゅうももらってきたんだよな・・・


太ってチャイナ着れなくなったら「はましの」ライブ出来なくなってしまうので、食べた分だけカロリー消費するよう頑張ります。
さて、ビリー入隊するか・・・


[ 2009/10/04 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

板橋文夫流ジャズピアノ入門

発売前からYoutubeで予告ライブ動画もアップされていましたが
最新音源がついに発売されました。


と言っても雑誌の付録なんですが(^^;

オーディオ・ベーシック 板橋文夫特集


でも、雑誌の付録とは思えないクオリティです!
演奏はもちろん、録音も。さすがオーディオ雑誌。


『板橋文夫流ジャズピアノ入門』
(共同通信社発行「オーディオ・ベーシック」vol.52号付録)

以下収録曲(楽曲名等は雑誌記載のもの)

 01.アワ・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・スティ(G.ガーシュウィン)
 02.サマー・タイム(G.ガーシュウィン)
 03.ブルース・イン・C(板橋文夫)
 04.メヌエット(J.S.バッハ)
 05.旅立ち(板橋文夫)
 06.飴(あめ)(ブラジル民謡)
 07.マライカ(アフリカ民謡)
 08.曲がりょ高頂(まがりょたかてぃじ)(奄美島唄)
 09.ヨイスラ(奄美島唄)
 10.アワ・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・スティ <ライブバージョン
 11.サマー・タイム <ライブバージョン

 収録:2009年7月10日 かながわアートホール(トラック01~09)
    2009年7月19日 ジャズ・スポット・ドルフィー(トラック10~11)

雑誌掲載のインタビューの中で板橋さんご本人が語っているとおり、「初めて聴く人にも分かりやすいメロディーの曲」を「弾き方もそのメロディーが分かるように」演奏されていて、どちらかといえば板橋さんのピアノの“静”の美しさが強く出ている印象。アルバム「ダンシング東門」にも収録されていた奄美の島唄「曲がりょ高頂」も、よりやわらかな雰囲気。
けれど、熱さもしっかりと。(バッハの「メヌエット」、後半しっかり板橋ワールドです。まいります。大好きです。)
そして、全曲を通して、温もりが伝わってくる。
最近作った新曲で、これが初録音・初公開となる「旅立ち」のメロディの美しさには、やられました。
ライブで聴ける日が待ち遠しくなります・・・


インタビュー記事自体は、「ジャンボ!オブリガード!」巻末のインタビューと内容的に重なる部分も多くて、特に目新しい情報等は無かったのですが、それでも、以前打ち上げで聞かせていただいた本田竹広さんとの出会いの時のお話など、こうしてあらためて活字で触れることが出来るのは嬉しいです。
これで1500円は安いと思います。
小さな書店には置いてないみたいですが(うちの近所の本屋には無かった・・・;)私は紀伊国屋書店の札幌本店で見つけました。まだ何冊か置いてありましたので、入手してない方、是非。


ちなみに上の収録曲からリンクさせた先述のYoutube動画は、期間限定公開だそうです。まだご覧になってない方はこちらも是非!
http://www.youtube.com/watch?v=bjaPkbpDyBs
http://www.youtube.com/watch?v=nuVzcNgMLR4&feature=related








・・・でも
Youtubeより、やっぱり、本当のライブが見たいなー・・・・・・


[ 2009/10/01 ] お知らせその他 | TB(0) | CM(0)