2009 031234567891011121314151617181920212223242526272829302009 05

昨夜のライブのキーワードは

「飲んだら、脱いじゃうよねー、普通。」


っていう話題でした。


ブログで時事ネタに触れるのはあまり得意じゃないのですが
今回は、ね、
笑えないというか、
責められないというか、
責めるどころか、むしろとても他人事とは思えないというか(^^;


つーか、
そんなに騒ぐことか?


(別に自分自身のこれまでの酒での失敗について開き直るつもりも正当化するつもりもありませんので、そこは誤解なきようお願いしたいのですが。あくまで今回の件についての感想、ということで。)



「酔っ払って夜中に公園で裸になって逮捕されちゃうんなら、このへんの人間みんな逮捕されちゃうよねー。」
「そうだよねー。ほとんど全員やったことあるよねー。」
「見つかっちゃったのがかわいそうだねー。」
「騒いじゃったらしいからねー。」
「でも、酔っ払ってたら、叫んじゃうよねー。」
「そうだよねー。わかんなくなっちゃうもんねー。」
「そんな時もあるよねー。」
「ねー」
「ねー」


・・・・・・


とりあえず昨日のお客様&出演者の中に、法と正義の番人的な御方がいなくて良かった。
(アルカイダな鳩ぽっぽは一体何様なんだろうね。)



そんな話題で盛り上がった昨夜のライブ。
あらためまして
昨夜のLOGにご来場くださいました皆様、ありがとうございました!
そして、ジョニーさん&林くん、KCさん、そしてそしてこんな素敵な機会を与えてくださった長津さん、ありがとうございました!!


全部素敵でした。出演者のステージそれぞれ。そしてそれを真剣に聴いて純粋に楽しんでくださるお客様一人一人のあたたかさと深さ。


5人の出演者中、1971年生まれが3人。にもかかわらず出演順は年齢順(笑)。
ちなみに私の出番はド真ん中(^^;
ジョニーさんの運転手として兵庫から初めて北海道にやってきたという林拓真くん(22才!)の熱い歌、
怒涛の濃さで笑わせ聴かせ圧倒させるMr.オリジナリティーなKCさんのステージ(あまりに旬な新曲、のけぞりました。やられました。参りました・・・そして「鼻くその歌」を客席で元気いっぱい一緒に歌っていたのは私だ;)、
に次いで、私。
気合が入らないわけがない。
でも、気負わずに歌えた。
いきなりストラップ外れたりもしたけど、動揺もしなかった。
もう、歌えること・聴いて貰えることが、ただただ嬉しくて、楽しくて、ありがたくて。
皆さんに感謝です。


ジョニーさん、やっぱりカッコ良かった。先日のリットでのライブとは違う、一人でのステージ。
しゃがれた声は勿論、そのギターも、味わい深かった。
ブルース、だけど、オリジナル。
同世代で、「歌で生きていく」って覚悟を決めて、こうして本当の旅を続けている人がいるってことが、嬉しかったりもした。


締めくくりは、勿論長津さん。
歌よりMCが長いステージ構成(笑)
この日のライブならでは、の考えられた構成なのは、言うまでもないこと。
なんか、上手く言えないけど、カッコいいな、って思った。


打ち上げも楽しかった。
みんな大人だー。思いやりのかたまりみたいな人ばっかりだー。
具体的なことを書くと、ご本人達が照れるでしょうからあまり書きませんが(笑)長津さんやKCさんの小さな気配りやさりげない言葉のひとつひとつに、実はひそかに感動しっぱなしでした。
私は今日も仕事だったから、後ろ髪を引かれつつも途中で退席させていただいたのですが(それでも久々に午前1時過ぎまでいました)仕事が無ければ朝まで一緒に語り明かしたい気分でした。
嬉しかったです。いい時間を過ごさせていただいて、皆さんに感謝します。


歌い続けてきて良かったです。本当に本当に。





4月23日 札幌 ライブハウスLOG
 「林拓真、KC、Shinobu、ジョニー(from姫路)、長津宏文(出演順) ジョイントライブ」

セットリスト
 1.柘榴
 2.歌うだけ
 3.半分だけの月
 4.三条通




スポンサーサイト
[ 2009/04/24 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(2)

三条通

リハでベーシスト様から「これって京都のですか?」と聞かれ、
おおっ!そっちもあったか!!と気づかされた。
そうですよね。京都の方にとっては、三条通といえばあの三条通。
まして私はフォーク人(?)。フォークな人にとっては、京都在住じゃなくたって、三条ったら三条堺町。
三条、と聞けば、イノダっていう珈琲屋へね、なのだ。


でも、私がうたっているのは、違う場所のことなのです。


と言いつつ、
自分の思い入れと違うベクトルが歌の中に生まれてくるのは、とても嬉しいことだし、幸せなこと。
だから、違う場所を思い描いてもらえることもまた、嬉しかったのです。
一緒に演奏する人や、聴いてくれる人の中で、それぞれにうたが生きていくのなら、こんなに嬉しいことはない。
うた、って、そういう自由なものだと思う。


でも、
それとは矛盾するのだけれど、


そのうたを作った側の、
そのうたを作った時の、
ごく個人的な感情・思い入れといったたぐいのものを、
一緒にうたう(音を奏でる)人が感じ取って、同じ思いでうたってくれることも、たまらなく嬉しい。
リハでは、そんな場面もあった。


生まれ変わっていくうた、敢えて変えないうた、その両方が嬉しかった。


具体的なことを書いてしまうと、5/6のライブのネタばらしになってしまうので書けませんが
楽しくて幸せなリハでした。
こんな素敵なお二人と一緒にライブが出来るなんて、自分はなんて幸せなんだろう、ってあらためて思った。


そんな昨日のリハを思い出しつつ、
リハの間ずっと録音しっぱなしにしていた例のEDIROLを今日聴き返して、
演奏よりもその合間の会話をついついリピートしてしまったダメ人間なリーダーは私です。
お二人の会話、楽しすぎ。
っつーか○○さん危険すぎ。(さすがにお名前は伏せさせていただきます;多分バレバレでしょうが・・・;)
曲のアレンジの例えの基本が下ネタだし。
ってそれに平然と受け答えしてる私もどうかとは思うんですが・・・;


そんなところもひっくるめて、お二人が大好きです。ライブ、楽しみです(^^)





そして明日はLOGのジョイントライブ。1人でちょこっと歌います。でも時間は短いけど全力投球です。歌った後は存分に聴いて楽しみます。明日のLOGは豪華です。皆様是非是非お気軽にどうぞ。





[ 2009/04/23 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

感謝

JUNKでのマンスリーライブ、終了しました。
ご来場くださいました皆様、ライブの場を与えてくださったマスターの淳二さん、ありがとうございました!


4月14日 札幌 Bar JUNK
 「マンスリーライブ」

(1st Set)
 1.歌うだけ
 2.路傍の車輪
 3.吾木香
 4.白い空
 5.朝日のあたる家(カヴァー)

(2nd Set)
 1.平和に生きる権利(カヴァー)
 2.三条通(井浦ソロ)
 3.柘榴
 4.ことり
 5.半分だけの月

(アンコール)
 ・ローアンドロー(カヴァー)


2008年1月からスタートしたマンスリーライブ。計16回続けさせていただきました。
いろんなことがありました。いろんな経験をさせていただきました。
時にはゲストも招きながら、休むことなく毎月ライブを続けさせていただいたことに、今はただ感謝の気持ちでいっぱいです。
惰性に流されることなく、いつも緊張感を持ってライブにのぞむことが出来たのは、
「手ぇ抜いたら次は無いぞ。
 俺は、ダメだと思ったら即座にバッサリ切り捨てるからな。」
と言い続けてくださったマスターのおかげだと思っています。
そして、毎月平日の夜にもかかわらず、お忙しい中、これまで足を運んでくださったすべてのお客様のおかげです。



昨夜のライブをもって、JUNKでのマンスリーライブは終了しました。
皆様、本当にありがとうございました。

“マンスリーライブ”という機会は無くなりますが、これからも、様々な場所で、様々な形で歌っていきますので、ライブに足を運んで頂けたら嬉しいです。
また、これまでにライブに来てくださったことのある方は勿論、そうでない方にも、興味を持っていただき、ライブに足を運んでいただけるように頑張ります。
これからも、どうぞ宜しくお願いします。






[ 2009/04/15 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

宇宙ズ→CT初体験→アガルタ通信

濃い週末でした。


昨日は「くう」に『宇宙ズ』のライブを見に行ってきた。
瀬尾高志さんのリーダーバンド。リズムセクションもフロントも好きなミュージシャンのオンパレード。
これで良い音楽が生まれないわけがない!という顔ぶれなのだけれど、実際に出てくる音は、そんなこちらの期待すら軽く超越した強烈な世界。
上手いとかカッコいいだけじゃない。泥臭いというか、猥雑というか、ある種の「いかがわしさ」みたいな空気も発散する音世界がたまらなく魅力的。少なくとも、今こんな音を聴かせてくれるバンドを私は他には知らない。
今回もお客さんもたくさん入ってて、会場の雰囲気も心地よく、全てが良いライブでした。
行って良かった!出演者の皆様、お店のマスター、そして会場でお会いした皆様に感謝します。


そんな楽しいライブを見た後は
車で行ったので酒も飲まず、
帰宅後も、さほど夜更かしもせずにとっとと就寝したというのに


今朝、何故か体調がすぐれず
(実際には、「すぐれず」なレベルではなく、めまいと吐き気で全く起き上がれなかった)


初めて救急病院へ行き、脳CT初体験。
具合悪くない時なら写メ撮りまくって当面のブログのネタにするところですが、具合悪くてそれどころではなかったのが残念です(・・・ってそれ以前に病院内では携帯禁止だし;皆さん、こんなこと考えちゃいけませんからね~/滝汗)
脳腫瘍等の心配は無く、結局、ストレス性のもの、ということで、次回同じ症状になった時のための薬を処方されて帰宅。
ストレスって言われても、ねぇ・・・;
ちなみに脳ドックにかかれば○万円もとられる脳のCT検査ですが、今回は○千円でした。それでもかなり痛い出費ではありましたが(泣)でも年齢的にそろそろ脳ドック受診も考えていたところだったので、それよりは安く済んで、いい機会だったかもしれません。
脳、ちゃんと詰まってました(^^)v
・・・正しく機能してるかどうかは、写真じゃ分かりませんけどね・・・(^^;


そして、
しばらく休んで、夕方頃にはめまいもすっかりおさまったので
夜は、ふたたび「くう」へ。
『アガルタ通信』のライブを見に。
昨日とかぶってる出演者も多いのですが、でも、音楽的には当然、アガルタ通信独特の世界。
久しぶりに聴いたファビオさんのソプラノサックス&フルート、良かった。
そしてゴリゴリな曲に和風ともチャイニーズともエキゾチックともつかないソロを奏でる山田さんのギターの変態っぷりと、そんな山田さんに負けず劣らずの強烈な音&フレーズを響かせる南山さんのキーボードの変態っぷりが楽しくて楽しくて(^^)いや~・・・幸せでした。
勿論他のメンバーさんの演奏もそれぞれに独特でカッコ良くて、大満足なライブ。
こちらも、前回の奥野さん入りの時ほどの満員ではなかったけれど、でもお客さんもたくさん入ってて、休憩中などにお客さんといろいろ近況報告や情報交換なども出来て良かったです。
行って良かった。おかげで元気になれました。
昨日のライブの感想と同じになってしまいますが、出演者の皆様、お店の皆様、そして会場でお会いした皆様に感謝します。
皆様ありがとうございました。




いよいよ明後日は自分のマンスリーライブ!
楽しみです。
いつも通り、楽しんで歌わせていただきます。
足を運んでくださるお客様と、いつも歌わせてくださり、そして聴いてくださるマスターのために。
頑張ります。



[ 2009/04/12 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(4)

初めて使ってみた

EDIROL by Roland 

http://www.roland.co.jp/products/jp/R-09HR/index.html


噂のEDIROL。昨年末くらいから購入を考えていたのだけれど、実際に購入したのは先月のこと。
ライブで使ってみたのは昨夜のLOGが初めて。
そして、録音した音を、さっき初めて聴いた。


あまりの音質の良さにビックリ。
(あ、ライブの出来・不出来は抜きにして、単純に録音状態だけの話です/汗)


EDIROLで録音したライブのCD-R(自主制作盤として販売されたもの)も持っていたりしますので、その音質の良さは分かってました。だから買ったんだし。
でも、これまでに聴いたEDIROL録音での音源は全てジャズ(楽器演奏のみ)のライブのものだったので、正直なところ、「歌モノのライブを録音したら、ボーカルはどんな感じになるんだろう?ちゃんと臨場感のある音で録れるんだろうか?」って不安が全く無かったわけではない。
でも、杞憂でした。
今回は買った時についてきたメモリカードを使ったのでwavで40分録音するだけの容量が無く、MP3で録音したのですが、MP3で録ってこの音質なら、wavで録ったらどれほど良い音になることか。


勿論、これほど良い音なのは、昨夜のライブの出音が良かったおかげでもあるわけで、出演者でありお店のマスターでもあるのにPAも曲ごとに調整し良い音にしてくださった長津さんに感謝です。


・・・一部の方には、私は「PA嫌い」だと思われているようですが、それは誤解です。
確かに、マイクの場所を気にせずに、好き勝手にあちこち動き回って自由に歌えるからノーマイクが好き、というのは事実ではありますが(笑)
でも、PAが必要な場所(お店であれイベントであれ、その広さや環境等によって)で、PAをセッティングしていただいて、安心して自分自身のステージに集中できる心地よい音に調整していただければ、嬉しいし、歌いやすくてありがたいのは言うまでもないこと。
前回のLOGライブの感想(日記)にも書いたと思いますが、LOGでのライブは、毎回歌いやすい音をセッティングしていただいて、心地よく存分に歌わせて頂いています。


ただ、私が苦手なのは、
「自分の声量や音量の無さを棚に上げて、お店のPA機材に文句をつける一部のアマチュアミュージシャン」
と、
「自分の機材と過去の実績を振りかざし、ミュージシャンを見下しながら平然と音楽を壊す一部のPA屋」
そして、
「PAを使わなければライブではない、と思い込み、ノーマイクのライブは聴く前から拒絶する一部の人」
です。
それぞれ、ごく一部。ほんのひと握りの人達。


この話を始めると、特定の場所や人への批判だと誤解されかねないので、ここで多くは語りません。
でも、分かってくれる人は言わなくても分かってくれていると思いますし、最近では、同じ思いの方も案外多いんだな、ということを知る機会も増えています。
勿論、PAをちゃんとそろえなきゃ、って思ってくださるお店の心遣いは、ありがたいです。
でも、その店(場所)で歌わせていただきたいと思うかどうかの基準は、PAの有無なんかじゃない。
PAなんて無くても、そこに音楽があって、聴きたい、と思ってくださる方がいれば、ライブは成立する。
少なくとも私は、そう思っていつも歌わせていただいています。
PAのある場所でもない場所でも、思いは同じ。
歌わせて頂けることが、幸せで、ありがたい。ただそれだけです。





話が少し(かなり?/汗)それましたが
EDIROL、決して安くは無い買い物でしたが、買って良かった。
必要なものを、やっと手に入れた、という気がします。
出演させていただくライブも続々と決まっていることだし、たくさん記録していこうと思います。


いつか、形にして残せるように。







[ 2009/04/10 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

嬉しいこと尽くしの夜

でした。
ご来場くださいましたお客様、そして長津さん、門前さん、本当に本当にありがとうございました!!


4月9日 札幌 ライブハウスLOG
 「Shinobu・門前浩一郎・長津宏文 ジョイントライブ」
(2番目に出演)
 1.半分だけの月
 2.歌うだけ
 3.路傍の車輪
 4.君と走る
 5.柘榴
 6.三条通


共演させていただくのは初めてだったけれど、ライブで聴かせていただくのは2度目の門前さんの歌、素敵でした。
カッコよかった。ギター1本でもロックだった。詞も曲も演奏も。
そして何より、歌声が魅力的だった。力強いのに、力んではいない歌声。歌い続けてきた人の声・・・出会えて良かった、と、あらためて思った。


そんな素敵な歌を聴かせていただいた後のステージ。
自己紹介のつもりで、自然体で歌えた。
“歌いたい”という思いと“聴いて欲しい”という思いだけで、余計なことは何も考えず歌えた。
そんな場を作ってくださった全ての方々に感謝します。
歌い終えた後、今夜初めて私のうたを聴いてくださった方に握手を求められた。嬉しかった。歌い続けてきて良かった、って思った。


トリは勿論長津さん。
ここ最近の定番曲(?)「ナイフ」や、久しぶりの「白波賛歌」で和み、でも「昭和少年」には圧倒され・・・さすがです。歌の力。ことばの力。そしてMCでのやわらかさ。全部が長津さんの世界。
毎月こうして共演させていただけることに、あらためて感謝の気持ちで胸がいっぱいになった。


終演後も、門前さんやお客様とたくさんお話し出来て、嬉しかったし有意義な時間を過ごさせていただきました。
また共演したいし、また聴きたい。
そんなふうに思える素敵な出会いの機会をいただけたことに、感謝します。


お客様と門前さんがお帰りになった後は、入れ替わるように前回のLOGライブで共演させていただいたシンガーソングライター氏がご来店(^^)
久しぶりに会えて嬉しかった!
楽しい話や楽しそうなライブの計画なども聞けて良かった。
引き続き、有意義な時間を過ごさせていただきました。


そして、お客さんとして見に行く予定でいた4/23(木)のライブに、急遽出演させていただくことが決まった。
姫路のシンガーソングライター「ジョニー」さんの北海道ツアー。
ジョニーさんも私と同じく1971年生まれ。
お会いするのが今からとっても楽しみです。いいライブになりそう。皆様是非いらしてください。


[ 2009/04/10 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(4)

楽しい週末でした

親族の祝い事にて慌しい週末でしたが
楽しく充実した週末でもありました。
昨日の昼間は帯広からのお客様を小樽までご案内。
しかも、高速を使わず5号線ドライブ、昭和の香りただよう銭湯経由でフリーランス行きという私的フルコース(笑)。
夜は実家に戻らなければならなくて、あまりゆっくり出来ず、申し訳なかったですが・・・;


そして今日のお昼は全日空ホテルにてご馳走をいただき
夜は久しぶりに路上へ。
その後は友人宅にてプチ飲み会。
充実の週末でした。
お会いした皆様、ありがとうございました!!


[ 2009/04/06 ] 日記 | TB(0) | CM(6)

人生初のパッシングは

キタキツネに向けて、でした。


夕張からの帰り、長沼に入ったところ。
とことことこっと歩いて車道に出てきたので、渡るのを待とうと車を停めたら
車道の真ん中で、キタキツネも立ち止まった(^^;


見つめあうこと、5秒程。
(こういう時の5秒って結構長いです/苦笑)


どけてよ~~~、の思いを込めてパッシング。


ようやく歩き出すキタキツネ。


・・・楽しい夜のドライブでした。


そんなドライブの目的は、
寺田町三日月楽団。
札幌でのライブがどれも別の予定とぶつかってしまったので、思い切って、夕張まで見に行ってきました。

夕張

まだ雪の残る夕張。
路面は乾いていたけれど、ところどころ、ちょっと緊張の場面もあった1時間強のドライブ。
でも、行って良かった。
夕張、いい街でした。風景も自然も、そして人も。
初めての街。初めて出会う人達。なのに、とてもリラックスして楽しく話せた。
お店も素敵で、コーヒーも美味しくて、幸せなひとときでした。

音の響きがとても心地よいお店でした

勿論、何より素晴らしかったのは、ライブそのもの。
去年初めて見た時にも圧倒されたけれど、それ以上に強烈でした。
(セットリスト等の詳細は、今回の北海道ツアーが終わってからブログに書こうと思います。これから見るのを楽しみにしている方も多いと思うので・・・)


会場で、先日発売されたばかりの、寺さんと石田幹雄さんのDUOのCDも買ってきた。
帰りの車の中、ずっと聴いていた。
幹雄さんが東京に行く前に見たライブのことが思い出された。
遠くなってしまったと思っていた時間は、実は過ぎ去ってなんかいなかったんだな、と思ったりもした。
いいアルバムです。


いい1日でした。出会った皆様、ありがとうございました。
[ 2009/04/04 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

突然のお知らせで恐縮ですが、

今年の秋に、母になります。
急なお知らせな上に、いろいろ順序が逆で申し訳ありません;

















・・・とかいうお騒がせブログが各所で多発する4月1日。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
楽しいウソはつけましたか?
楽しく騙されてますか?


・・・怒っちゃやーよ(^^;
すみません、ありがちなネタで(汗)
前回の「結婚しました・・・うちの姉が」に引き続き(ってあれはネタじゃなく本当だったんですけど/笑)めでたい話題で攻めてみました(^^;
それにしても、今年もいろんなサイトでいろんなネタが飛び交ってる模様。
円谷プロの「サイボーグ009の新キャラクターとしてバカボンのパパが加入」のネタはちょっとウケました。


バカボンといえば、先日のETV特集は赤塚先生でしたね。
いろいろ、見られて良かったこともあったけれど、最後のまとめ方に若干違和感を覚えてしまった。
でも、ああいうまとめ方がN○Kなんだよなー、とも思った。
結局、特集だの何だの見るよりマンガなりアニメなりの作品そのものを全部しっかり見ろ、ってことなんだろう。
他の誰かの視点や意思を介さずに、直に触れる。そこからしか得られるものは無いのだろうし、そうして触れない限り、本当の感想なんてものは出てこないのだろう。
音楽でも小説でもマンガでもアニメでも。


なんて思った週末の後、
月曜から今日まで仕事で結構バタバタしてて、帰宅後に落ち着いてPCに向かうことができませんでした;
ブログもさすがに毎日は更新できず、せっかく毎日見に来てくださってる方、申し訳ありませんでした;
しかも久しぶりに更新したらネタだし(笑)。
重ね重ね申し訳ありません;
お詫びにブログのデザイン変えてみました・・・って意味ないし(汗)


相変わらず脈絡の無い近況報告ですみません;
でも、とりあえず、元気にしています(^^)
来週はLOGでライブ!
ありがたいことです。
ちなみに、今月のライブは、このLOGジョイントライブと14日のJUNKマンスリーとの2本だけです。
どちらも楽しいライブになりそうですので、是非いらしてください。お待ちしています。

[ 2009/04/01 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(4)