2009 01123456789101112131415161718192021222324252627282009 03

板橋文夫 北海道ツアー(後半)

【板橋文夫トリオ】

2009年2月17日(火)札幌 jazz spot JERICHO
出演:板橋文夫(p)瀬尾高志(b)竹村一哲(dr)


これから関東でのライブも控えているこのトリオの、多分ジェリコでは初めてのライブ。
板橋文夫プラス2、な展開を予想していたら、もう既にしっかりとトリオでした。
久しぶりに聴いた一哲のドラムに驚かされた。怯む気配すら感じさせず、板橋さんの音に真正面から向き合っていくような音・空気。良かった。
宇宙ズのライブで聴き慣れた、瀬尾オリジナル「アウタースペース」も、楽曲の妖しさを一層際立たせるような板橋さんのピアノで新たな世界が広がっていて、新鮮だった。
しかし若手二人の年齢を合わせても板橋さんの年齢に追いつかないというのに、一番パワフルなのはやはり板橋さん。
ピアノ壊れるんじゃないかと思わされた瞬間も多々。
(実際、弦が切れてたようです;)
でも、弾き方が激しいから凄かったんじゃない。生まれてくる音の迫力が凄かった。圧倒されました。
このトリオでのライブをまたいつか北海道で聴ける日が待ち遠しいです。


【板橋文夫ソロ】
ジスイズ40周年特別企画
「とてつもなく悲劇的な喜劇 日本の舞踏家 天才<土方巽>主演写真劇場2009」
 鎌鼬(かまいたち)細江英公


鎌鼬(かまいたち)


2009年2月18日(水)釧路 ジスイズ
出演:板橋文夫(p)


個人的に、今年のベストライブはこれで決まった、と思いました。


でも、何をどう書けばいいのか・・・言葉が浮かびません。


今までに、板橋さんのライブを何度も見て・聴いてきて、
いつだって圧倒され感動してきたけれど、
そんな中でも、この夜のライブは別格でした。
板橋文夫、という人の生み出す音楽の美しさ、力強さ、
純粋で繊細で、けれどどこまでも大きくあたたかいその音を全身で感じ、その世界に包み込まれた夜でした。


ジスイズにて


ジスイズのピアノ



ピアノの音の素晴らしさ。
2階で同時開催されていた土方巽さんの世界から伝わってくる呼吸。
集まったお客さん達の熱気。
この夜を特別なものにしていた要素はいくつもあれど、
結局は
「ジスイズ」
という場、そのものが最大の要素だった気がする。
あの空間の持つ力に全てのパワーが結集し、あの音楽に昇華していたんじゃないだろうか。
音がうねり、とぐろを巻き、そしてどこまでも広がり全てを包み込んでゆく様が見えた。
生まれてくる音が、生み出されたことを心から喜びながら踊り歌っていた。


この日の釧路の最低気温はマイナス15度。
けれど、ジスイズの中は、熱気に満ちていた。
酒も飲まずタバコも吸わず、音が生まれ出てくるその瞬間瞬間を凝視するかのように、音と向き合うジスイズのお客さん達。
その中には、この世にはもういない人達も普通にたくさん来ているらしい。
それを当然のものとする空気がここにはある。


2部の演奏を始める前のMCで、板橋さんは、
「この場所は奇跡だ。こういう場所があるから、また頑張ろうという気持ちになれる。」
とおっしゃっていた。
そして、アンコールが終わってもまだ鳴り止まない拍手の中、マスターは
「鎌鼬の体現者は誰か、と考えたとき、真っ先に浮かんだのが板橋文夫!」と力強くおっしゃっていた。


この場所で、このライブを体験できて本当に本当に良かった。
釧路で出会えた全ての方々、そして、釧路まで行くきっかけを与えてくれた、これまで出会ってきた全ての方々に心から感謝します。
そして、板橋文夫さんに。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
[ 2009/02/20 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

板橋文夫 北海道ツアー(前半)

【板橋文夫・奥野義典 DUO】
2009年2月13日(金) 小樽 グルービー
出演:板橋文夫(p)奥野義典(as)


板橋さん北海道ツアーの初日は小樽での奥野さんとのDUO。
カルテットやバンドでのお二人の共演は何度も聴いているけれど、DUOは初めて。


素晴らしかったです。


セットは、板橋さんと奥野さんそれぞれのオリジナルが半々くらいだったと思う。
どの演奏も素晴らしかったけれど、奥野さんオリジナルでの板橋さんの入り方というか音の広げ方の素晴らしさに鳥肌が立つ場面が何度もあった。これまでに奥野さんのバンドで聴いてきた世界とは全く違う、それでいてメロディの美しさを際立たせる演奏。暖かくて、やわらかくて、でもぴーんと響く音・・・


板橋さんのメガネが吹っ飛び、ピアノの椅子が壊れた・・・なんてことは、あの音楽の素晴らしさの前では些細なことでしかない、と思う(^^;
行って良かった!!



【板橋文夫 ソロ】
2009年2月16日(月) 札幌 jazz spot JERICHO
出演:板橋文夫(p)


ツアー3日目(2日目の室蘭は行けず・・・/泣)。
実は、個人的に一番好きなのはソロでの板橋さんのライブ。
今回もまた、期待をはるかに超えるライブでした。
まだアタマの中で音が響いてます・・・久しぶりの「アリゲーター・ダンス」嬉しかったです。そして「渡良瀬」は、やっぱり去年のばんけいのことを思い出してしまって、涙腺ゆるみそうになりました・・・

と言いつつ
セットリスト、一応メモしてきたけど、書ききれません;
今回も、1曲1曲の中に、いろんな曲のフレーズをちりばめつつ、だったので。
中でも、「Rolling Stone」から「この道」(童謡)への流れには、やられました・・・


メロディの美しさ、
音の広がり、
生み出される空気の激しさ、そしてあたたかさ
・・・なんて、どんな言葉を紡いだところで、あの世界を言葉で表現することは出来ない。
出会えたことに、感謝です。


明日のライブも楽しみです。



[ 2009/02/17 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

「雪あかりの路」ありがとうございました!!

最愛の御方が北海道ツアー中ということで、仕事と自分のライブと練習以外はほとんど「追っかけ」に近い状態になっており、ブログ更新が滞りまくってて申し訳ありません;


そんな中、2月15日(日)「小樽雪あかりの路」最終日の特設ステージライブに出演させていただいてきました。

小樽、吹雪でした(^^;



ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!
そしてスタッフの皆様、ありがとうございました!!
あの吹雪の状況の中で、ちゃんと歌えるようセッティングしていただいたこと、そしてそれをあの極寒の中で立ち止まって聴いていただけたこと、本当に心から感謝します。
自分自身、路上ライブ経験があるとはいえ、常にアーケードの中だったわけで、本当の野外、しかも雪で作られた特設ステージの上、さらに吹雪(笑)という状況は初体験。
ライブとしての出来は・・・経験不足故、思い返すと恥ずかしいものになってしまっていた気がするのですが(汗)、でも、大変だったけどそれ以上に楽しかったです。
いい経験をさせていただきました。嬉しかったです。
皆様本当にありがとうございました。

[ 2009/02/16 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

マンスリーライブ無事終了いたしました!

日記の更新が滞っていて申し訳ありませんでした。
毎月恒例・JUNKでのマンスリーライブ、無事終了いたしました。
ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!!


2月12日 札幌 Bar JUNK
 「Shinobu マンスリーライブ」
 1.路傍の車輪
 2.歌うだけ
 3.ドライブ
 4.吾木香
 5.朝日のあたる家(カヴァー)
 6.海嶺(コンサーティナ演奏)
 7.君と走る
 8.柘榴
 9.ことり
10.半分だけの月

ここJUNKでは、以前、お客様に占める親族率が90%超、ということがありましたが
今回は、お客様に占める職場関係者率が100%(笑)
初めての経験ではありましたが、興味を持っていただけて、そして実際に足を運んでいただけるなんてありがたいことで、幸せでした。


とはいえ、歌いだしてしまえばいつも通り自分のライブをやるだけ、な上に、
今回はただでさえ重苦しいオリジナルに加えて、その上を行く重苦しいカヴァー曲もあり(汗)
決してなごやかな雰囲気にはなっていなかったかもしれないなーとも思うのですが(^^;


それでも、最後まで聴いて楽しんでいただけて、嬉しかったです。
皆様本当に本当にありがとうございました。




その翌日(昨日)見てきたライブの感想はまた後ほど。
凄かった・・・
そして明日はいよいよ小樽「雪あかりの路」特設ステージでのライブです。
小樽では初の野外。頑張ります。
無料ですので、皆様あたたかい服装でお気軽に足をお運びください。
お待ちしております。
[ 2009/02/14 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

ご報告

私事で恐縮ですが、このたび、結婚いたしました、



















うちの姉が。



・・・・・・・・・すみません、ごめんなさい、申し訳ありません、あ、殴らないで(滝汗)
めでたい話なので許してください(^^;


挙式はせず、すでに入籍だけを済ませていたので、今日は正確には記念写真撮影と両家親族顔合わせ的なことだけだったのですが
めでたき一日となりました。


え?私のめでたき話題ですか?
ありません。いや、ありえません(断言)。


めでたい話題が無くても、アタマの中が年中おめでたいですから、それでよしとしてください(^^;


**************************


昨日は小樽へドライブ。先日の「雪道ですっ転んで蒙古斑復活事件」の後遺症もほとんど無くなったので、毎週小樽の温泉に通う必要も無いといえば無いのですが、単純に気持ちよいので行ってます(^^)
温泉→フリーランス、といういつものコース。

ドライカレー

晩御飯には少し早い時間でしたが、札幌に戻ってからはすぐライブを見に行く予定だったので、久しぶりにドライカレーをいただく。
美味しかったです~(^^)
食後のカフェオレも美味しくて、ほっとするひととき。


その後、15日のライブ会場(小樽運河の中央橋に設けられた、野外特設ステージ)を軽く下見してから札幌へ。
ちなみに、15日のライブは悪天候の際は中止だそうです。
皆様どうか晴れるように私と一緒に祈ってください。


札幌に戻ってからは、櫻井三樹バンドのライブへ。今年最初の月例会。
久しぶりに、トラ無し、ピアノ無しの、基本メンバー(?)4名によるライブ。
いいライブでした。心地よく楽しませていただきました。
最後の曲では、最前列で笑っちゃってすみません;
なんか、いろいろ面白くて(^^;


終演後も、出演者様と常連客な方とで楽しく盛り上がる場にご一緒させていただきました。
楽しすぎて、
飲みすぎて、
「え?明日お姉さんの結婚式なの?!だったら早く帰ったほうがいいんじゃない?!」
と言われながらもぐだぐだ飲んで、
気がつけば午前4時半(滝汗)


今朝、ちゃんと起きられた自分を褒めてあげたい(^^;


*******************************


量的にはたいして飲んでなかったので記憶は全部あるけれど、
むしろ無くしてしまいたい記憶もあり、
反省すること、お詫びしたいこと、多々あり。
本音を全部口に出して言ってしまうことは、必ずしも人間関係にとって必要不可欠ではなく、本音を言わないでいることこそがその関係を保つ上で必要不可欠だったりする時もある、なんて、今更気づくことではなくて本来とっくに気づいてなけりゃならないことだったのに。
本音を隠すのは卑怯。でも、全部を突然一気にぶちまけるのは、もっと卑怯。
上手に本音を小出しに出来ず、そのくせガマンも出来ず、ふとした瞬間に一気に吐き出してしまうから、相手は面食らってしまう。傷つけてしまう。


すみません。
って謝ればすむことでもない。
言い訳してるヒマは無い。とにかくライブ頑張ります。




【2/7 今日聴いたアルバム】

『IRRATIONAL ANTHEMS/SKYCLAD』
『MAZURUの夢/林栄一』
『自画像 作品Ⅰ/板橋文夫 with ヤヒロトモヒロ』
『東京23区推奨オモイデ収集袋/野狐禅』
[ 2009/02/08 ] 日記 | TB(0) | CM(8)

覚書 というか

単なるメモ(^^;


【2/6→2/7 聴いたアルバム】

 『WORD OF MOUTH/JACO PASTORIUS』
 『TAPESTRY/CAROLE KING』
 『UFOと恋人/筋肉少女帯』

キャロル・キングの『つづれおり』久しぶりに聴いた。良い。今聴き返しても全然古くない。
これも1971年かぁ・・・


明日は天気が良ければ小樽に行く予定。
でもその前に雪かき頑張ります。
その前にまず寝ます。おやすみなさい。
[ 2009/02/07 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

洛陽な夜

って言っても、中国に行ってたわけじゃないのですが(笑)
LOGでのジョイントライブ、楽しく終了いたしました!
ご来場くださいました皆様、共演してくださった長津さん、隼人くん、須藤さん、ありがとうございました!!


2月5日 札幌 ライブハウスLOG
 「長津宏文、菊池隼人、須藤ともえ、Shinobu ジョイントライブ」
(3番目に出演)
セットリスト
 1.半分だけの月
 2.歌うだけ
 3.路傍の車輪
 4.死んだことにしてしまおう(コンサーティナ弾き語り)
 5.君と走る(コンサーティナ弾き語り)
 6.柘榴
 7.ことり
 8.三条通


須藤さんも、隼人くんも、唄を聴いたのはもう何年ぶりかも思い出せないくらい久しぶり。
記憶の中の二人の歌よりも、ずっとずっと力強くなっていた。
歌声だけじゃない。隼人くんのギターの迫力にも圧倒された。
そして、二人とも、オリジナルの言葉に、鋭さがあった。
その鋭さは、言うまでもなく、長津さんの歌にもあるのと同質の鋭さで。
後先考えず口先だけで攻撃するような鋭さなんかじゃない。それは鋭くもなんともない、うわっつらだけのガキのたわごとだ。
そんなんじゃない。覚悟と強さのある、鋭さ。


こういう歌が好きだ。
出会えたことに、感謝です。


偶然にも、今日の出演者は全員が、今は無き“洛陽”というお店で歌ってたことのある歌うたいで。
そして、長津さんいわく、「全員揃ってアンダーグラウンド」で(笑)
でも、このままアンダーグラウンドのままじゃあ、みんな生活が辛いので(爆)今年のテーマは「ポップ」と「メジャー」でいこう、ということになりました(笑)


そんなアンダーグラウンドなライブに、
今夜は思いがけず、たくさんのお客様が足を運んでくださって、
お久しぶりです、だった方も、
いつもありがとうございます、な方も、
皆さんに会えて、聴いていただけて、本当に本当に嬉しかったです。
ありがとうございました!


[ 2009/02/06 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

明日LOGでライブです!

●2月5日(木) 札幌 ライブハウスLOG
 “ジョイントライブ”
 出演:長津宏文、菊池隼人、須藤ともえ、Shinobu
 住所:札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
 電話:011-737-5388
 http://sapporo-log.net/log_main.html
 20:00開演

昨年末に引き続いて、LOGでのジョイントライブに出演させていただきます!!
今回は、いつも御世話になっているLOGのマスターの長津さんに加えて、
歌い始めた頃に御世話になっていたお店によく出演していた菊池隼人くん、
また別のとある店でのジョイントライブの時に、一緒に出演していた須藤ともえさん、ということで
私にとっては、「お久しぶり!」な方々との再会ジョイントライブという形になりました。
毎度のことながら、出演者にとってもお客様にとっても楽しいジョイントライブになるよう組み合わせを考えてくださる長津さんに感謝です。
とても楽しみです!!
皆様是非一緒に楽しみにいらしてください(^^)




部屋でギター弾いたりコンサーティナ弾いたりしてたら気がつけば午後10時過ぎ(汗)という日が続き、2月に入ってから路上は小休止中。
でも、明日のライブが無事終わったら、今週末からは、またいつもの場所に歌いに行こうと思っています。



【2/3 昨日聴いたアルバム】

『BLACK BLACK BLACK/CRAN』
『Lover's Ghost/CRAN』

これまでに聴いたアイリッシュの中で一番好きなトリオ!
最近はあまりアイリッシュの新譜等をチェックしていないのですが、今も活動しているのかなぁ・・・他にも音源があったら聴きたいです。


【2/4 今聴いているアルバム】

『UFOと恋人/筋肉少女帯』

・・・何故アイリッシュから筋少?!と思われるかもしれませんが
今日は、「タイアップ」が聴きたい気分になってしまうショックな出来事があって
(なんでそんな気分になったかは、ネットには書けません。
知りたい方は、個人的にメールくださるか、どこかの飲み屋ででも会った時に聞いてください/苦笑)
滅入った気持ちのまま帰宅して(原因は仕事ではないんだけど、ショックな連絡があったのが仕事中だったので)
帰宅早々、久しぶりに聴き返してみたところ
「タイアップ」で大笑いして、滅入った気持ちが吹き飛んだ(^^;
他の曲も、聴いててのけぞりそうなくらいに今の気分にぴったりで
リピートして聴き続けてます(笑)


 「コアなファン 捨てても欲しい タイアップ」
 
 「ポリシーよりも 彼女に服を
  ひよったんじゃねえぜ
  心のままさ」


・・・商業主義も、ここまで堂々と歌われると、むしろ気持ちいいっすね(^^;


さっきまで「そんなもんなのかなぁ」って落ち込んでたのが嘘のように、スッキリした気分になれました。
いいな、オーケンの歌詞。
皮肉を込めた逆説表現のようで実は本音そのまんま、的な。
パンクだわぁ・・・


でも音はプログレなの。もー大好き(笑)


なんて言いつつ
明日も、自分の唄を、自分のスタイルで、いつも通り全力で歌います。
ひとつひとつのライブ、大切にしていく。
それだけ。
頑張ります。