2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

Ikasama宗教レコ発できたよワンマンライブ!(11/14全セットリスト追記)

阿鼻叫喚!

1年2ヶ月ぶりの仙台ライブは、大先輩・Ikasama宗教さんのレコ発ライブへのゲスト参戦でした。
お会いしたすべての皆様、ありがとうございました!
そして、
イカ宗さん、お誕生日おめでとうございます&アルバム発売おめでとうございます!!


●11月12日(日)宮城県仙台市 音屋スタジオplus
 「Ikasama宗教レコ発(できるかな?)ワンマンライブ」

キクチシノブ セットリスト
 1.ことり
 2.ローリング・クレイドル
 3.アックスボンバー
 4.ライト(w/Ikasama宗教)

ワンマンと言いつつ、まず私がゲストで出演、続いて飛び入りのmaruちゃんfrom福島、さらにゲストのmemekoちゃん、更にさらに飛び入りの脱法超電磁高橋さん、に続いてIkasama宗教ワンマンライブという流れ。
濃厚なライブのトップバッターに抜擢して頂いて光栄です。
というわけで

ピアノ弾き語り!

お祝いの気持ちを込めて(でも歌は全身全霊怨念込めて)
「ことり」と「ローリング・クレイドル」はピアノ弾き語りで唄わせていただきました。
写真はイカ宗さん撮影。主催なのに、メインアクトなのに、紹介から司会進行から写真撮影まで本当にありがとうございました。
そんなイカ宗さんに、「ライト」ではギター弾いていただきました。
先日の太子ホールライブに続いての共演。しかも、今回は、個人的に念願だった、Gibson SGでの共演。
これは、本当に本当に、嬉しかったです。



***** 以下・余談 *****

「ライト」という唄は、以前ツイッターにも書いたのですが、自分の中では「アックスボンバー」と表裏一体で、ある意味、逆切れで書いたんです。
叩きたきゃ叩け。好きなだけ叩け。
でも私は毎日それこそ大袈裟じゃなく命懸けで電気をつなぐ仕事をしてる人達を心から尊敬してるし誇りに思ってるから、
打上げで絡まれるのも
ステージでぶん殴られるのも
全部覚悟の上で唄うよ。
唄い続けるよ。
そんな気持ちで書いて、唄ってるし、唄ってきたんです。

だけど
そんな思いで書いた唄を、
「いい唄」だと言ってくれて、
大好きだと言ってくれて、
ライブ動画を繰り返し繰り返しツイッター等で広めてくれたのが、Ikasama宗教さんで。

いろんなものを抱え込んで、身構えながら唄ってたうたを、
ある意味、
「ただの音楽」
として、解き放ってくれたのがイカ宗さんだったんです。

だから
その人に、ギターで(しかもエレキで)入ってもらう、っていうのは、
自分にとって本当に嬉しいことで、楽しいことだったんです。

******* 余談・以上 *********




maruちゃんfrom福島!

続いては、飛び入り枠トップバッターのmaruちゃん。
いきなり「アックスボンバー」のカバー!しかもラストのワンフレーズと絶叫だけ!(笑)
そして、シングルカット曲(?)「おっぱいオンザギター」と、個人的にmaruちゃんの毒舌ポップスターとしての真骨頂だと思う「君を離さない」。
強烈でした。来年2月、またよろしくお願いします(^^)


めめちゃん!

メメイカ親子共演!

次いで、ゲスト2人目のmemekoさん。
午前中にハーフマラソン走る、ってのは聞いてたんですよ。
でも、リハ前に連絡入って「リハに間に合うように急いで走ったら、急ぎすぎちゃったみたいで3位入賞しちゃって表彰式も出なきゃならなくて」って(爆)。
結局表彰式は辞退して、まるでレコ大から紅白に駆け付ける昭和の大スターのように音屋スタジオに駆け込んだにもかかわらず、いつもどおりのめめわーるどを展開していたのは流石。
最後の曲ではこちらもイカ宗さんがGibson SGにて共演。めめちゃんのギターもギブソンなので、「ギブソンズ」としての親子共演。良かった!

脱法超電磁高橋!

休憩を挟んで、飛び入り枠ラストは、脱法超電磁高橋さん。
空気が変わる。歌声もギターのキレも別格。
そんなキレッキレのステージを展開しつつ、曲間に保険のオバちゃん方式でのアメちゃん付けたチラシ配布は反則だー!(笑)
アルバム聴いてあらためてすげー歌だと思ってた「達者くずし」ライブで聴けたのも嬉しかった。
ゲストとかじゃなく、またいつか是非どこかでがっつり共演を!


Ikasama宗教54歳!

そして、
メインアクト、この日54歳を迎えたIkasama宗教さん。
最近の(震災後に書かれた)曲、そしてバンド編成でのIkasama宗教名義の頃からの曲とを織り交ぜてのたっぷり1時間以上のステージ。
初めて聴いた曲もいくつもあった。
震災後の曲で、でも久し振りに聴いた曲もあった。
以前ライブで聴いた時とは唄い方もギターも変わっていた「ツブテ」。
めめちゃんのクラリネットが入って色合いを変えた「すべてが灰になりますように」。
久し振りのSGでの「生存の轍」(これは私もピアノで入らせていただきました)。
そして、イカ宗さんの三線で唄われた「安里屋ユンタ」と「女川建準行動歌」。(この2曲はメメイカシノブ・ロンリー・ハーツ・チンドン・バンドとして共演)
言葉の鋭さとユーモア、ギターのカッコ良さとメロディの魅力、そして、人間。
堪能させていただきました。

歩いてきた日々の重さを
さらけ出しつつ、でも押し付けることなく
そうして生きて来て、の、今。
だからこそ、全国各地から(本当に大袈裟じゃなく、全国各地からお客様が集まってました)、あんなにもたくさんの人達が、イカ宗さんの歌を聴きに、足を運んだのだろう。
いいライブでした。いい時間でした。
あの日あの場所で一緒に過ごさせて頂いたことに、感謝します。ありがとうございました。


打上げ!

大団円!


皆様、ありがとうございました!
祈・再会!!



●2017.11.12 音屋スタジオplus 全セットリスト

【キクチシノブ(from北海道)】
 1.ことり
 2.ローリング・クレイドル
 3.アックスボンバー
 4.ライト
   w/Ikasama宗教(E.Guitar)

【maru(from福島)】
 1.アックスボンバー(キクチシノブCover)
 2.おっぱいオンザギター
 3.君を離さない

【memeko(from東京)】
 1.星空のシグナル
 2.Shala la
 3.羽根
 4.風のリボン
  w/Ikasama宗教(E.Guitar)

【脱法超電磁高橋(仙台)】
 1.ゴスペル絶望派
 2.達者くずし

【Ikasama宗教】
 1.クレイジークレイジースパイラルのテーマ
 2.大したことない/かけがえのない
 3.ガリ
 4.油絵で孤独を描く
 5.生活リズム
 6.日々是、命辛々
 7.ツブテ
 8.枕の中の頭
 9.真実の告白
10.生死を賭けたい
11.変顔で行こう!
  w/キクチシノブ(アンデス)
12.全てが灰になりますように
  w/memeko(クラリネット)
13.安里屋ユンタ(メメイカシノブ・ロンリー・ハーツ・チンドン・バンド)
  三線&ボーカル:Ikasama宗教
  コーラス&鳴り物:memeko、キクチシノブ
14.女川建準行動歌(メメイカシノブ・ロンリー・ハーツ・チンドン・バンド)
  三線&ボーカル:Ikasama宗教
  クラリネット:memeko
  ギター:キクチシノブ
15.生存の轍
   w/キクチシノブ(ピアノ)
16.おしり集中講座
17.イス攻撃
18.さよなら理解者
19.人生大盛、汗だくで!
20.放射能が怖くてメシが喰えるか!

アンコール
21.湧き水


スポンサーサイト
[ 2017/11/13 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

10/29埼玉・川越LIVE CAFE Jammin' 『日本列島アコースティックの旅 vol.2』感謝!

台風の影響による雨の中、栃木から川越へ移動。
埼玉は、大宮に親族が住んでいることなどもあって馴染み深い場所なのですが、ライブをさせていただくのは初めて。
しかも、
北見で共演させていただいた、網走出身のチャーモさんの企画。
様々なご縁に感謝しながら、辿り着いたJammin’は、とっても素敵なお店でした!


Jammin'到着!

店内(ステージ)はこんな感じ!


初めての川越ライブ、とても素敵な時間を過ごさせていただきました。
お会いしたすべての皆様、ありがとうございました!!


●10月29日(日)埼玉県川越市 LIVE CAFE Jammin'
 チャーモ企画『日本列島アコースティックの旅 vol.2』
 出演者および出演順:
  ケンニイ(茨城)、おのしう(栃木)、カズオリプライム(群馬&東京)、キクチシノブ(北海道)、チャーモ(埼玉)


ケンニイさんfrom茨木!

トップバッター、ケンニイさんはfrom茨城・つくば。
地域密着系ミュージシャンとご自身でおっしゃるとおり、地元が舞台のオリジナルの数々を素敵な歌声と演奏で披露。
お手製マイクスタンドを含めたセッティングへのこだわりもステキ(^^)
勢いのあるステージ、カッコ良かったです!


おのしうさん from栃木!

2番手、おのしうさん from栃木。
開演前、共演者の皆様にささやかなお土産として、水曜どうでしょうのサイコロキャラメルを差し上げたのですが、なんと、おのしうさんはどうでしょうのイベントで札幌にお越しになったことがあるほどのどうでしょうファン(汗)。
開演前から初対面とは思えない親近感の嵐だったのですが、ステージ見て、一発でファンになりました。
唄もギターもカッコいい!そしてオリジナルの世界が独特!
さらに、ライブのMCで「電気工事士免許を持っていて・・・」とのお話をされていて、もう、なんつーか、生き別れの兄弟に再会したみたいな感覚に襲われながら、ライブを楽しませていただきました。


カズオリプライム from東京&群馬!

3番手、いつもは“カズオリジナル”として音楽活動をされているカズさんのユニットにピアノが入っての“カズオリプライム”
すんげーカッコ良かったです!!
演奏のクオリティにも圧倒されたのですが、カズさんの歌声とかっちりとした演奏とが生み出す世界がとても心地よくて、でも歌詞はオシャレなだけじゃない身近な世界で、じっくりと聴き入りつつもリラックスして楽しめるというライブ。
お会いできたことに感謝です!


キクチシノブ from北海道!

キクチシノブ(ギターも弾きます)
(私のライブ写真はチャーモさんからいただきました。ありがとうございます!!)


4番手、キクチシノブ。

2017.10.29. キクチシノブ セットリスト
 1.死んだことにしてしまおう
 2.君と走る
 3.ライト
 4.曲がり角
 5.方舟
 6.柘榴

いつもなら最後に唄う「ライト」をギター弾き語りの最初に持ってきて、唄う前に「自分の職場の唄です」って言っちゃう卑怯な構成(^^;
あとは、心地よくいつも通り突っ走らせていただきました。
気合入りすぎて、ラストの「柘榴」で外付けピックアップをサウンドホールに叩き込むという久々の失態もありましたが(汗)まぁ、それだけ全力でやっちまったものは仕方ない。
聴いてくださった皆様、ありがとうございました!
そして、こんな強烈なライブに誘ってくださった主催のチャーモさんに感謝!!

の、
チャーモさんが、もちろんトリ!!

主催チャーモさん!

「闘え!キリギリス」で始まったステージ。
「ドラマティック・アイロニー」のカッコ良さ&男前なギターに圧倒された直後の「雨催いの恋」の切なくもやわらかな女性らしい歌声に完全KO(T_T)
なんなんでしょうか、この方のギターのごりごりっぷりと色っぽい歌声とのギャップは。もう、惚れるでしょコレ。
北見で見た時にも圧倒されたけど、この日のチャーモさんのステージの迫力は本当に凄かったです。
主催お疲れ様でした。そして、お誘いいただいて、ありがとうございました!!


みんなで記念撮影!

ライブ後は、みんなで記念撮影(^^)
この日お会いした皆様と、またいつか、共演できたら嬉しいです。
本当に本当に、ありがとうございました。


***********************


ライブ翌日は、チャーモさんに川越をご案内いただきました。

川越名物・まぐろラーメン!

まぐろラーメン絶品!
まぐろ出汁最高!
んでチャーシューが絶品!!
これは、本当に感動するレベルの美味しさでした。
川越すげーわ・・・
また絶対行く!ライブじゃなくても行く!(←おい;


そして、チャーモさんに駅までお送りいただいて、帰路へ。
本当に本当に、ありがとうございました。



台風に伴う強風の影響で、JRにも遅れが出ていたものの、無事に羽田空港着。
今回は女満別から車を運転する必要が無かったため、
初めての、
空港でビール♪

空港にて

リラックスした状態で、ほぼ定刻に離陸。
離陸時の羽田の気温は、20度。

離陸時のベアドゥくん

だけどね
飛んでからは、風の影響で飛行機大揺れ。
客室乗務員の皆様もほぼ着席しているような状態で
なんとか女満別空港に着陸してみれば

着陸時のベアドゥくん

吹雪っすよ。


ちなみに気温は
こちら↓

気温・・・



いろんな意味で、現実に引き戻された旅の終わり。


また日常で、頑張ります。
あらためまして、
札幌で、栃木で、そして埼玉でお会いしたすべての皆様、ありがとうございました。
また再会できますように。


[ 2017/11/01 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

10/28栃木県那須塩原市 American beer bar REDS『1 Coin LIVE vol.1』感謝!

初めての栃木、楽しかった!!
お会いしたすべての皆様、ありがとうございました!!


北見の最寄の女満別空港から道外へは、通年では東京便しか飛んでいないので(季節によっては関西便やセントレア便もあるのですが)、いつもなら、関東へ行く時も東北へ行く時も羽田経由なのですが
今回は、前日に札幌に行くことが決まったため、飛行機を変更して新千歳空港から仙台空港へ。
飛行機はもちろんAIR DO(^^)
機内誌に北見のカルネの塩やきそばが掲載されてて、おお~っ!と喜んでいたら、
ページをめくれば特集記事は2月に訪れたばかりの仙台うみの杜水族館(感涙)。
若干ウルウルしながら飛行機を降りたら

仙台空港!


「東北には世界に誇るボールパークがある」


到着ロビーに向かう壁一面に、これですよ。
もう泣かせる気満々でしょアナタ。
なんでクライマックスでさー・・・嗚呼もう何も言うまい。
(注:わたくし言うまでもなく北海道日本ハムファイターズファンですが、ファイターズの次に好きなチームが楽天ゴールデンイーグルスです。)


仙台空港からは、この日共演していただくIkasama宗教さまの車に同乗させていただき、東北道を通って栃木へ。
途中の福島・国見の道の駅で国見バーガーをいただき(めちゃめちゃ美味しかった!)、福島の美味いもんをお土産に購入♪
さらに、安達太良SAでも美味いもん追加購入。
もうね、食べて応援とか過去の話で、とにかくめっちゃ美味しくて、しかもここでしか手に入らないっつったら、買うでしょ。
ライブ前からテンション上がりまくりでした。


そして、
はじめての栃木!

餃子ドック

まずは餃子バーガー(^^)
美味しくてボリューム満点でした!


薬膳粥セット&餃子!


ライブ会場近くの中華屋さんで、薬膳粥セット!
さらに餃子!!
美味しかったー!!!


・・・・・食べてばかりじゃありません。
ライブですよライブ。


初めて訪れたREDSは、雰囲気も音もマスターの人柄もとっても素敵で心地よいお店でした。
そして、3年ぶりの、田村鉄火さんとの再会!嬉しかったー!!
はじめましての阿久津良空さんも素敵な方でした(^^)
台風接近の影響か、あいにくの雨模様ではあったのですが、
鉄火さんやIkasama宗教さんのファンの方々が足を運んでくださって、
とてもあたたかくて良い雰囲気の中でのライブになりました。


●10月28日(土)栃木県那須塩原市 American beer bar REDS
 『1 Coin LIVE vol.1』
 出演者および出演順:
 阿久津良空(栃木)、田村鉄火(栃木)、キクチシノブ(北海道)、Ikasama宗教(宮城)


阿久津くん!

トップバッターの阿久津良空さん。なんと、まだ19歳!
現在は東京で音楽関係のアルバイトをしながら、音楽活動を続けているとのこと。
カヴァーとオリジナルとを織り交ぜながらのステージ。
MCでお客様との意外なつながりが判明するも(笑)動揺することなく自分のステージを披露してました。
一生懸命に頑張る若者、素敵です。

ロードックンロール田村鉄火!

田村鉄火さん。
3年前の虫の音紅葉音楽祭、お会いしたすべての人達(妖怪?)の中でも特に強烈に印象に残ったのが、鉄火さんとイカ宗さんだった。
ポエトリーリーディングじゃない。どこまでもどこまでも、ロードックンロール!
この日のステージは、言葉もパフォーマンスもすべてが3年前のあの衝撃のステージさえ軽々と超越するような世界だった。
圧倒されつつ、でもとにかく楽しかった!高知シリーズには爆笑!!
再会出来たことに、感謝です。

キクチシノブ栃木初ライブ!
(私のライブ写真はIkasama宗教さんからいただきました。ありがとうございます!)

2017.10.28.キクチシノブ セットリスト
 1.死んだことにしてしまおう
 2.君と走る
 3.草熱れ
 4.柘榴
 5.ニジマスノウタ
 6.ローリング・クレイドル
 7.曲がり角
 8.ライト

この日は持ち時間45分だったので、長めの曲も遠慮なく歌えるということで、久しぶりの「ローリング・クレイドル」。
そしたら、鉄火さんがこの唄を聴きたいと思っていてくださったとライブの後にお聞きして、偶然とはいえ嬉しかったです。
唄もギターも完璧とはいかず反省点は多々あるのですが、でも、初めての場所で、全力出しつくしました。
聴いてくださったすべての皆様、ありがとうございました。


Ikasama宗教from宮城!

トリはIkasama宗教 from宮城!
自己紹介からの「クレイジークレイジースパイラルのテーマ」で爆笑をかっさらい、「変顔で行こう!」になだれ込む流れはさすが。
新曲の「生活リズム」と震災の日の夜空をモチーフに書かれた「日々是、命辛々」に続いてからの、震災前に書かれた曲3連発(「油絵で孤独を描く」「真実の告白」「さよなら理解者」)には圧倒された。どれも、昔からのファンの方々にとっては馴染みの唄なのだろうけれど、私にとっては『異歌集』で詩を見ていただけで、唄として聴くのは初めての曲ばかり。
なお、この日の「日々是、命辛々」と「油絵で孤独を描く」は、動画を撮らせていただきました。(ご本人了承済です)

「日々是、命辛々」
https://www.youtube.com/watch?v=7SKkcCtO7yc

「油絵で孤独を描く」
https://www.youtube.com/watch?v=4coVMrtyECE

後半は「人生大盛、汗だくで!」からの「放射能が怖くてメシが喰えるか!」で圧倒した後、きっちりと「生死を賭けたい」で落として(?)この強烈なライブを締め括ってくださいました。
9月に引き続いての共演、感謝です。
そして11月よろしくお願いします!


ライブ後も、美味しいお料理をいただきながら(エビのアヒージョをガーリックライスにかけたらコメが止まらなくて止まらなくて炭水化物天国!/感涙)共演者、お客様、そしてマスターといろんなお話が出来て、初めて訪れた街・初めて訪れた場所とは思えないくらい、楽しい時間を過ごさせていただきました。
新幹線で通過したことはあっても、降り立ったことの無かった那須塩原の街が、自分の中でとてもいとおしくて大切な場所に追加された夜。
お会いした皆様、ありがとうございました。
また再会できますように。




そして、翌朝。
北海道&北関東ツアー最終日は
埼玉・川越!!
(続く)


[ 2017/11/01 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

2017.10.27 札幌・澄川 Modan Time「アコースティックナイト」感謝!

札幌経由の北関東ツアー、無事終了しました!
3日間お会いした皆様、お世話になった皆様、ありがとうございました!!

●10月27日(金)札幌 モダンタイム
 「アコースティックナイト」
 出演者多数(オープンマイク)

久し振りの澄川モダンタイム!

地下鉄南北線で澄川駅を降りて徒歩数分。
ビルの階段をのぼって3階のドアを開ければ、マスターのマリさんの笑顔と美味しそうなカレーの香り(^^)
帰って来た、って気持ちになった。
久し振りのモダンタイムだなーと思ってはいたのですが、数えてみたら、なんと1年2ヶ月ぶり!
ご無沙汰していて申し訳ありませんでした;
にもかかわらず、マスターのマリさんにも常連の皆さんにも、あたたかく迎えていただいて
前回のライブで共演してくださった大先輩のミュージシャンがお客様として足を運んでくださって嬉しかったです!
感謝の気持ちを込めて、いつもどおり全力で
3曲唄わせていただきました。


2017.10.27.キクチシノブ セットリスト
 1.柘榴
 2.草熱れ
 3.曲がり角


モダンタイムでは、いつもお店のブッキングライブかもしくは自分自身の企画でライブをさせていただいていたので
オープンマイクへの参加は今回が初めて。
オリジナル、カヴァーそれぞれに、音楽を楽しんでいる人たちとたくさん出会えました。
楽しんでいる、とはいっても、みんなきっちり“3曲入魂”の真剣勝負。
いい夜でした。
お会いしたすべての皆様、ありがとうございました。





そして
北見から約300キロ移動しての札幌ライブの翌朝、
札幌(新千歳)からさらに約1,000キロ先の栃木へと向かったのでした。
(続く)

[ 2017/11/01 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

カーティスクリークライブ感謝!

こまっちゃん企画!


カーティスクリークLIVE、多数ご来場感謝!
主催の小松博之さん、青木マスターはじめスタッフの皆様、共演の皆様ありがとうございました!


●10月24日(火)北見 Curtis Creek
 「輝け!第13回!弾き語りすと スター誕生!」
 出演者および出演順:Curtis Creek Candys、yuka.feat.piro、みな茶、 アーシャパール、MEI、キクチシノブ

カーティスライブ!

キクチシノブ ゲスト出演
(写真はねころぶ様からいただきました。いつもありがとうございます!)

キクチシノブ セットリスト
1.死んだことにしてしまおう
2.君と走る
3.柘榴
4.草熱れ
5.曲がり角

平日にもかかわらず、40名を超える超満員の店内。
女子高生をはじめとする若い共演の皆様。
日頃のライブとはかなり違った雰囲気の中でのライブではありましたが
だからこそ、あくまで「いつもどおり」歌い、
そして、
それを受け入れていただけたことを、ありがたく感じました。


本当に本当に、
ありがたい、の一言。
北見と言う街の凄さを再認識した夜。


次回ライブは、札幌!
そして、海を越えて、栃木&埼玉での初ライブ。
どれも、楽しみなライブ。
各地でお世話になる皆様、どうぞよろしくお願い致します。


●10月27日(金)札幌 モダンタイム
 「アコースティックナイト」
 出演者多数予定(オープンマイク)
 住所:札幌市南区澄川3-2 ハイツリービル3F 
 http://modantime.sunnyday.jp/
 電話 011-832-0235
 20:00開演
 料金 1,500円(ワンドリンク付)
※ 久し振りの札幌ライブはいつもお世話になっている澄川モダンタイム!
  音も雰囲気もマスターご夫妻の人柄も、すべてが安心できて心地よい時間を過ごせるお店。
  フードメニューも美味しいです!


☆ キクチシノブ 2017北海道外遠征其の五 ☆

●10月28日(土)栃木県那須塩原市 American beer bar REDS
『1 Coin LIVE vol.1』
 出演者および出演順:
 阿久津良空(栃木)、田村鉄火(栃木)、キクチシノブ(北海道)、Ikasama宗教(宮城)
  住所:栃木県那須塩原市下永田1-995
 http://blog.livedoor.jp/reds0078/
 18:00開場 19:00開演
 入場無料 要1オーダー&投げ銭
 【タイムテーブル】
 19:00〜19:45 阿久津良空(栃木)
 19:45〜20:30 田村鉄火(栃木)
 20:30〜21:15 キクチシノブ(北海道)
 21:15〜22:00 Ikasama宗教(宮城)
※ 初めての栃木ライブは2014年の群馬・虫の音紅葉音楽祭でお会いして以来の詩人・田村鉄火さんとの共演!
  そして先月のツアーに続いての宮城のIkasama宗教さん、はじめましての栃木の阿久津良空さん。楽しみです。
  45分の長めのセットでたっぷりと唄わせていただきます!


●10月29日(日)埼玉県川越市 LIVE CAFE Jammin'
 チャーモ企画『日本列島アコースティックの旅 vol.2』
 出演:キクチシノブ(北海道)、カズオリプライム(群馬&東京)、おのしう(栃木)、ケンニイ(茨城)、チャーモ(埼玉)
 住所:川越市脇田町6-16渋谷産業ビル3F TEL/FAX 049-223-5373
 http://live-cafe-jammin.com/
 18:15スタート
 チャージ無料(要2オーダー)
 【タイムテーブル】
 18:15~ ケンニイ
 18:55~ おのしう
 19:35~ カズオリプライム
 20:15~ キクチシノブ
 20:50~ チャーモ
※ 北見で知り合い共演を重ねてきた網走出身のシンガーソングライター・チャーモさんの現在のホームグラウンド・埼玉での企画ライブに初参戦させていただきます!
 共演者さんも濃厚で楽しみな方々ばかり。
 前夜の栃木に続き、埼玉もキクチシノブ初参戦です。全力で唄わせていただきます!
[ 2017/10/25 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)