2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

復活ライブはオニオンエイド!

個人的には復帰第一弾ライブとなる3月8日のオニオンエイド、詳細決定!
久し振りに流さんと共演させていただきます。
地元勢もバラエティに富んだ豪華な顔触れ。
皆様よろしくお願いします。


●3月8日(木)北見 ONION HOLL
  「ONION AID Mar 2018」
 出演:cocorocolony、シノブ、細野篤、Showhey and ayu、MASIA、流(from東京)
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~onionholl/
 住所:北見市川東37番地
 電話・FAX:0157-24-0281
 18:30開場 19:00開演
 料金 前売1,000円 当日1,500円(ともにワンドリンク別途500円要)

※ 前売予約はメール、メッセンジャー等SNSへのコメント、こちらのブログへのコメントのいずれでも受付中です。
  なお、ご予約は当日開場時間までにお願いします。



スポンサーサイト
[ 2018/02/24 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

【オカルト療法3連誕大パニック】感謝!

2018初ドクターズバー

昨夜の荻窪・Doctor's BAR、多数御来場感謝!

●2018年1月20日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
 “変身忍者”佐藤豪 生誕47年3days
 【オカルト療法3連誕大パニック】
出演者および出演順:
 くの一おはぎ一座(忍者歌謡ショウ)
 シラフ
 解離(from名古屋)
 ザ・うんこ
 キクチシノブ(from北海道)
 【変身忍者4wayマッチ】
 佐藤豪vsディック・ヨネvs気志魁星vs金子繁

一昨年知り合い、その後北見と荻窪で共演を重ねてきた北見出身の先輩ミュージシャン“変身忍者”佐藤豪さんの生誕祭3DAYSライブ。
豪さんの企画にお招きいただくのは今回が初めて。
共演者は強烈な顔触ればかり。個人的には豪さん以外ははじめましての方々ばかり。リハの時点でテンションが上がる。
しかも開場と同時にBGMがこれですよ。

サブラベルズ!

SABBRABELLS

豪さんが初めて買ったCDだそうです。
やっぱり北見はメタルシティだ。


くの一おはぎ一座(忍者歌謡ショウ)
くの一おはぎ一座

オープニングを飾ったのは、先日あらびき団にもご出演された「くの一おはぎ一座」の皆さん。
リハ後の出演者顔合わせで豪さんが「オレと違って本格的な忍者」とおっしゃっていたとおり(?)“変身”することなく最初っから忍者(笑/ちなみに会場入りから出番終わって他の出演者のステージ見てる間も皆さんずっと忍者でした!)。
“忍者歌謡ショウ”と銘打たれていますが、お芝居を挟んで唄われるのはいわゆる流行歌の歌謡曲ではなくオリジナル曲。
ステージの組み立て、演出、まさに“ショウ”。
楽しませていただきました!


シラフ
シラフ

忍者ショウの衝撃(笑劇?)覚めやらぬ中、淡々と、正統派のフォークで会場の空気を変えたシラフさん。
お名前は以前からお聞きしていて、多分ライブ会場で何度かお会いしていたようなのですが、共演は初めて。
旅の唄の数々。日々の暮らしを描いた言葉の数々。やわらかな世界。
じっくりと聞かせていただきました。


解離(from名古屋)
解離
名古屋のシンガーソングライター解離さん。
ギター1本弾き語り、高く澄んだ魅力的な声で唄われたその世界を、単純に“下ネタ”って表現はしたくない。
ち〇こま〇こを連呼されても、その唄から伝わってくるのは、共感できることばかり。好きです。
ぶっちゃけ、ウケ狙いや内輪ウケの自称下ネタミュージシャンって、いらないんだよ。
腹をくくって発せられる唄、聴けて良かった。是非また共演を!!


ザ・うんこ
ザ・うんこ

ご夫婦ユニット
これぞブルーズ!
スライドギターのカッコ良さ、歌声の素晴らしさ、そして唄われるのは人間の本質!生命の根源!!生きていく限り必ず存在する排泄と性行為を超絶にカッコ良い音楽に昇華させた唯一無二のステージング。
ご夫婦ユニットなのに、その音楽にラブラブいちゃいちゃ感が全くないのもステキで、その後自分のステージだっていうのにすっかりノリノリで堪能させていただきました。出会えて良かったです!


キクチシノブ(from北海道)
キクチシノブ
(私のライブ写真と終演後の集合写真は、お客様としてご来場くださった鋼鉄詩人・守山ダダマさんからいただきました。ありがとうございました!)

セットリスト
 1.Skylark Song
 2.アックスボンバー
 3.蕎麦屋(カバー)
 4.曲がり角
 5.ライト

今回のセットリストは本当に迷った。プロレスつながりもあって呼んでいただいたと思うので「方舟」も「ローリング・クレイドル」も歌いたかったし。でも、どっちも長すぎるのと、今回はルーツをさらけ出す意味で、多分キクチシノブ名義になってからの東京ライブでは初めてカバー曲を入れてのセット。
聴いてくださった皆様、ありがとうございました。


【変身忍者4wayマッチ】
 変身忍者4wayマッチ!

佐藤豪vsディック・ヨネvs気志魁星vs金子繁

佐藤豪vsディック・ヨネvs気志魁星vs金子繁!

バンド編成で豪さんの歌を聴くのは今回が初めて。事前に豪さんのブログで告知されていた通り、この日はオリジナルとカバーを織り交ぜてのセットリスト。
外道もスターリンもカッコ良かったのですが、ザ・モップスの「いいじゃないか」のカバーがすんごくハマってて、この唄こんなにカッコ良かったのかと再認識!
でも、最後の「供に生きよう」とアンコールの「まんが道」で、いろんな思いが込み上げてきた。
考えてみれば、豪さんご夫妻と出会ってからの年数は、まだ2年足らずなんだけれど、豪さんの唄が大好きで、人間としてのお2人が私は大好きなんだ。
また会えるように自分も頑張らなきゃ、と、あらためて気合いが入りました。


集合写真!
大盛況の夜。
お忙しい中、そして遠方からもご来場くださった皆様、ありがとうございました!
また是非、再会を。

豪さんとケンちゃん
ケンスケくんも、また会おうねー!

って書いてから気付いた。私も記念に豪さんとツーショットで写真撮ってもらえば良かったー(><)
また次回、是非!!


あらためまして
お会いしたすべての皆様、ありがとうございました。
また再会できますように。

[ 2018/01/21 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

ONION AID Jan2018 ご来場感謝!

昨夜のオニオンホールライブご来場感謝!
共演の皆様お疲れ様でした。お誘いくださったオニオンホール小川さん、スタッフさん、ありがとうございました。

●1月13日(土)北見 オニオンホール
 「ONION AID Jan 2018」
 出演者および出演順:
  キクチシノブ、 bell sta(from斜里)、ayu、たそがれオールスターズ(from紋別)、cocorocolony、Selfarm(from札幌)

2018キクチシノブ歌い初め
(写真はお客様からいただきました。ありがとうございます!)

キクチシノブ セットリスト
 1.Skylark Song(新曲)
 2.葦の街
 3.アックスボンバー
 4.柘榴

持ち時間25分だったのでMC無しで4曲。
結果、転換込みで23分とやや短すぎたのが反省点。
予定より短くなった理由はただひとつ。新曲でテンポ走り過ぎたから。自分自身めちゃくちゃくやしい。
ちなみに新曲のタイトルは日本語の「ヒバリ」にするか英語にするか迷った末に珍しく英語で。
子供の頃、家の前は低い草の生い茂る空き地で、空にはヒバリが飛んでいた。
舞い降りる場所に巣があるものだと思い、雛鳥を見てみたいという好奇心で追い掛けて、でも巣は見つからず。
巣を守るために、母鳥はわざと巣から遠い場所に舞い降りる、というヒバリの習性を知ってからは、ヒバリへの尊敬の念(?)から追い掛けるのをやめたけれど、やがて草むらは整地され宅地へと変わり、ヒバリを見ることも無くなった。
そんな思い出と、最近の諸々の理不尽さへの思いを織り交ぜた歌です。
出来上がった歌詞を自分で読み返してみたら、相変わらずの逆切れソングでしたが。これからじっくり唄い込んでいこうと思います。


昨夜はオリジナルの方中心で、バンドあり、ソロあり、打ち込みありのバラエティに富んだ内容。
皆さんそれぞれに素敵なステージで、2018年、いいスタートを切れました。
打上げは恒例のオニオンカレー。トッピングはもちろん唐揚げ&煮たまご。美味しかった!


次回ライブは東京!

20180120ポスター

●2018年1月20日(土) 東京 荻窪 Doctor's BAR
 “変身忍者”佐藤豪 生誕47年3days
 【オカルト療法3連誕大パニック】
 http://www.kouenji-reef.com/
 開場・開演・料金(1/20~22の3日間共通)
 18:30オープン
 19:00スタート
 1500円+1d(500円)
 三日間通し券3000円+1d(500円)
 二日間通し券2000円+1d(500円)
出演(1月20日分)
 くの一おはぎ一座(忍者歌謡ショウ)
 シラフ
 解離(from名古屋)
 ザ・うんこ
 キクチシノブ(from北海道)
 【変身忍者4wayマッチ】
 佐藤豪vsディック・ヨネvs気志魁星vs金子繁


なお、このライブの後、キクチシノブはしばらく遠征予定はありません。
道外まで動けるようになるのは、早くてもGW以降になるかと思います。
1/20、たくさんの方に足を運んでいただけたら嬉しいです。

[ 2018/01/14 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

百歌繚乱 -Acoustic Night vol.92-

多数ご来場感謝!
お声かけくださった主催の湊さん、そして夕焼けマスター&ピッコさん、ありがとうございました!!

百歌繚乱!

●11月23日(木) 北見 LIVE HOUSE 夕焼けまつり
 「百歌繚乱 -Acoustic Night vol.92- 」
 出演者および出演順:
  湊 恵行、くりっぷ、アール&リアル(from帯広)、キクチシノブ、Shihoちゃん's


主催:湊恵行!

某昼間のお仕事の相棒(?)が北海道で第一位に選出された勢いそのままに、熱く、そして聴かせるライブを展開してくれた主催の湊恵行さん。愚痴も愛も全力で唄い切るステージ、カッコ良かった。


百歌初登場のくりっぷ!

百歌繚乱初登場。ハードロックギタリストの木村芳樹さんがギターをアコギに持ち替えて、奥様の香織さんの魅力的な歌声と共に骨太な音楽を聴かせてくれた「くりっぷ」のお二人。


帯広から登場のアール&リアル!

帯広から登場のアール&リアル。百歌繚乱出張編では常連とのこと。さすが、湊さんが紹介してくれる人だけあって、ブルースからKISSまで、こちらのツボにハマる音楽の数々を力強い演奏で聴かせてくれました。


に続いて、4番手、セミファイナルで私。

キクチシノブ(コンサーティナ)

2017唄い納めでした
(写真は湊さんからいただきました。ありがとうございました!)

2017.11.23.キクチシノブ セットリスト
1.死んだことにしてしまおう
2.柘榴
3.晩秋
4.分岐点
5.白い空
6.ライト

個人的には2017年の唄い納めだったライブ。
久し振りの曲、そして今年いろんな街、いろんな場所で唄い続けてきた曲、精一杯詰め込んで全力で弾き唄いきった30分。
ちなみに今回の百歌のテーマは「雪」。
テーマにちなんだ曲を1曲、との依頼で選曲したのが、久しぶりの「白い空」でした。
「柘榴」と同時期、「柘榴」の前に書いた歌。
というか、もともとは日記のように書いていた一篇の詩があって、その書きなぐった詩のネガティブな部分が「白い空」になり、かすかにポジティブな思いを込めた部分が「柘榴」になった。だから、この2曲は、自分の中では一対の作品。
とはいえ、「白い空」と、そして「分岐点」は、今回歌わなかった「アックスボンバー」と並んで自分自身にとっても重い歌で、最近のライブではあまり唄っていなかったのだけれど、でも、今回はどうしても歌いたかった。
すべて、全力で唄わせていただきました。
聴いてくださった皆様、ありがとうございました。


SHIHOちゃん’s

トリは久し振りの共演、Shihoちゃん's。
Shihoさんの歌声と、ドクトルG&ナイトシーンという豪華メンバーによる素敵な演奏で繰り広げられる懐かしいナンバーの数々。
楽しくて、ほっとする時間。感謝です。

全体合唱!

百歌恒例、全体合唱は、リハのグダグダっぷりを無かったことにする楽しいひととき(笑)。
みんな、さすが本番に強いなー。


百歌札を引いてのMCとか、最後の全体合唱とか、テーマに基づいての選曲とか、普段のライブではやらないことがいくつもある百歌。
そんな中で、それでも自分のライブを貫ける、って湊さんが思った人が、このステージに立っているのかもしれない。
湊さんの優しさと温かさと、そして頑固さと真面目さとの両面があってこそ、の百歌。
久し振りに参加出来て、嬉しかったし、いい刺激になりました。感謝です。


*********************

そして、百歌繚乱では、出演者のうち1名が客入れBGM&ステージ入れ替えの際のBGMを選曲するのが恒例なのですが、
今回は、湊さんからの御指名で、私が担当させていただきました。
湊さんからは、「アコースティックにとらわれず、自由に!」とのお言葉をいただいたので
これは、BGMとしてのある意味定番的なものは求められてはいないぞ(笑)と判断。
自分で自分のハードル上げるような、ぬるいもの全てに喝を入れるような強烈なアルバムだけを、と思い、選んだのは、


おぐまゆき
乖離。
藤川真理
(すべて敬称略)


どれも「BGM」には全く適さない、音と言葉に真正面から向き合わなけりゃとてもじゃないけど聴けないようなアルバムばかり。
でも、それでもかけたかった。聴いて欲しかった。
結果、大正解。
マスターが曲をかけてくれるたびに「これ誰?」って声があちこちから上がるのが嬉しかった。
聴きたい、とか、どこで買えるの?って声をかけられたりもした。
喰いついてくださった皆様、感謝です。


全身全霊込めた歌は、距離を軽く超えてゆく。
今回のライブで、誰かの心に突き刺さった音楽を生みだした方々のライブが、いつの日か北見で実現しますように。


勿論、自分自身も、そんな音楽を生み出したいし、そんな音源を作らなくちゃ、とあらためて思っています。
頑張ります。


[ 2017/11/24 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)

Ikasama宗教レコ発できたよワンマンライブ!(11/14全セットリスト追記)

阿鼻叫喚!

1年2ヶ月ぶりの仙台ライブは、大先輩・Ikasama宗教さんのレコ発ライブへのゲスト参戦でした。
お会いしたすべての皆様、ありがとうございました!
そして、
イカ宗さん、お誕生日おめでとうございます&アルバム発売おめでとうございます!!


●11月12日(日)宮城県仙台市 音屋スタジオplus
 「Ikasama宗教レコ発(できるかな?)ワンマンライブ」

キクチシノブ セットリスト
 1.ことり
 2.ローリング・クレイドル
 3.アックスボンバー
 4.ライト(w/Ikasama宗教)

ワンマンと言いつつ、まず私がゲストで出演、続いて飛び入りのmaruちゃんfrom福島、さらにゲストのmemekoちゃん、更にさらに飛び入りの脱法超電磁高橋さん、に続いてIkasama宗教ワンマンライブという流れ。
濃厚なライブのトップバッターに抜擢して頂いて光栄です。
というわけで

ピアノ弾き語り!

お祝いの気持ちを込めて(でも歌は全身全霊怨念込めて)
「ことり」と「ローリング・クレイドル」はピアノ弾き語りで唄わせていただきました。
写真はイカ宗さん撮影。主催なのに、メインアクトなのに、紹介から司会進行から写真撮影まで本当にありがとうございました。
そんなイカ宗さんに、「ライト」ではギター弾いていただきました。
先日の太子ホールライブに続いての共演。しかも、今回は、個人的に念願だった、Gibson SGでの共演。
これは、本当に本当に、嬉しかったです。



***** 以下・余談 *****

「ライト」という唄は、以前ツイッターにも書いたのですが、自分の中では「アックスボンバー」と表裏一体で、ある意味、逆切れで書いたんです。
叩きたきゃ叩け。好きなだけ叩け。
でも私は毎日それこそ大袈裟じゃなく命懸けで電気をつなぐ仕事をしてる人達を心から尊敬してるし誇りに思ってるから、
打上げで絡まれるのも
ステージでぶん殴られるのも
全部覚悟の上で唄うよ。
唄い続けるよ。
そんな気持ちで書いて、唄ってるし、唄ってきたんです。

だけど
そんな思いで書いた唄を、
「いい唄」だと言ってくれて、
大好きだと言ってくれて、
ライブ動画を繰り返し繰り返しツイッター等で広めてくれたのが、Ikasama宗教さんで。

いろんなものを抱え込んで、身構えながら唄ってたうたを、
ある意味、
「ただの音楽」
として、解き放ってくれたのがイカ宗さんだったんです。

だから
その人に、ギターで(しかもエレキで)入ってもらう、っていうのは、
自分にとって本当に嬉しいことで、楽しいことだったんです。

******* 余談・以上 *********




maruちゃんfrom福島!

続いては、飛び入り枠トップバッターのmaruちゃん。
いきなり「アックスボンバー」のカバー!しかもラストのワンフレーズと絶叫だけ!(笑)
そして、シングルカット曲(?)「おっぱいオンザギター」と、個人的にmaruちゃんの毒舌ポップスターとしての真骨頂だと思う「君を離さない」。
強烈でした。来年2月、またよろしくお願いします(^^)


めめちゃん!

メメイカ親子共演!

次いで、ゲスト2人目のmemekoさん。
午前中にハーフマラソン走る、ってのは聞いてたんですよ。
でも、リハ前に連絡入って「リハに間に合うように急いで走ったら、急ぎすぎちゃったみたいで3位入賞しちゃって表彰式も出なきゃならなくて」って(爆)。
結局表彰式は辞退して、まるでレコ大から紅白に駆け付ける昭和の大スターのように音屋スタジオに駆け込んだにもかかわらず、いつもどおりのめめわーるどを展開していたのは流石。
最後の曲ではこちらもイカ宗さんがGibson SGにて共演。めめちゃんのギターもギブソンなので、「ギブソンズ」としての親子共演。良かった!

脱法超電磁高橋!

休憩を挟んで、飛び入り枠ラストは、脱法超電磁高橋さん。
空気が変わる。歌声もギターのキレも別格。
そんなキレッキレのステージを展開しつつ、曲間に保険のオバちゃん方式でのアメちゃん付けたチラシ配布は反則だー!(笑)
アルバム聴いてあらためてすげー歌だと思ってた「達者くずし」ライブで聴けたのも嬉しかった。
ゲストとかじゃなく、またいつか是非どこかでがっつり共演を!


Ikasama宗教54歳!

そして、
メインアクト、この日54歳を迎えたIkasama宗教さん。
最近の(震災後に書かれた)曲、そしてバンド編成でのIkasama宗教名義の頃からの曲とを織り交ぜてのたっぷり1時間以上のステージ。
初めて聴いた曲もいくつもあった。
震災後の曲で、でも久し振りに聴いた曲もあった。
以前ライブで聴いた時とは唄い方もギターも変わっていた「ツブテ」。
めめちゃんのクラリネットが入って色合いを変えた「すべてが灰になりますように」。
久し振りのSGでの「生存の轍」(これは私もピアノで入らせていただきました)。
そして、イカ宗さんの三線で唄われた「安里屋ユンタ」と「女川建準行動歌」。(この2曲はメメイカシノブ・ロンリー・ハーツ・チンドン・バンドとして共演)
言葉の鋭さとユーモア、ギターのカッコ良さとメロディの魅力、そして、人間。
堪能させていただきました。

歩いてきた日々の重さを
さらけ出しつつ、でも押し付けることなく
そうして生きて来て、の、今。
だからこそ、全国各地から(本当に大袈裟じゃなく、全国各地からお客様が集まってました)、あんなにもたくさんの人達が、イカ宗さんの歌を聴きに、足を運んだのだろう。
いいライブでした。いい時間でした。
あの日あの場所で一緒に過ごさせて頂いたことに、感謝します。ありがとうございました。


打上げ!

大団円!


皆様、ありがとうございました!
祈・再会!!



●2017.11.12 音屋スタジオplus 全セットリスト

【キクチシノブ(from北海道)】
 1.ことり
 2.ローリング・クレイドル
 3.アックスボンバー
 4.ライト
   w/Ikasama宗教(E.Guitar)

【maru(from福島)】
 1.アックスボンバー(キクチシノブCover)
 2.おっぱいオンザギター
 3.君を離さない

【memeko(from東京)】
 1.星空のシグナル
 2.Shala la
 3.羽根
 4.風のリボン
  w/Ikasama宗教(E.Guitar)

【脱法超電磁高橋(仙台)】
 1.ゴスペル絶望派
 2.達者くずし

【Ikasama宗教】
 1.クレイジークレイジースパイラルのテーマ
 2.大したことない/かけがえのない
 3.ガリ
 4.油絵で孤独を描く
 5.生活リズム
 6.日々是、命辛々
 7.ツブテ
 8.枕の中の頭
 9.真実の告白
10.生死を賭けたい
11.変顔で行こう!
  w/キクチシノブ(アンデス)
12.全てが灰になりますように
  w/memeko(クラリネット)
13.安里屋ユンタ(メメイカシノブ・ロンリー・ハーツ・チンドン・バンド)
  三線&ボーカル:Ikasama宗教
  コーラス&鳴り物:memeko、キクチシノブ
14.女川建準行動歌(メメイカシノブ・ロンリー・ハーツ・チンドン・バンド)
  三線&ボーカル:Ikasama宗教
  クラリネット:memeko
  ギター:キクチシノブ
15.生存の轍
   w/キクチシノブ(ピアノ)
16.おしり集中講座
17.イス攻撃
18.さよなら理解者
19.人生大盛、汗だくで!
20.放射能が怖くてメシが喰えるか!

アンコール
21.湧き水


[ 2017/11/13 ] ライブ感想文 | TB(0) | CM(0)