2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 12

屈斜路~野付半島~中標津

結氷中の屈斜路湖
(美幌峠から屈斜路湖を望む。湖面は結氷中)

野付半島の流氷
(野付半島にて流氷接岸中。向こうに見えるのは国後島。)

エゾシカと
(エゾシカと見つめ合う怨念唄うたい)

昼間のお仕事が繁忙期で残業続きの毎日ですが
昨日は屈斜路湖経由、野付半島流氷観光を経て、中標津へ。
札幌在住時からよく共演していて、今は中標津にいる音楽仲間の企画によるアコースティックライブを見てきた。
いいライブでした。

音楽一本で生きていくのも、仕事や家庭を守りながら音楽やってるのも、客席から見れば、どちらもステージに立ってる人間。
どっちを選んでも、どっちも覚悟のいることだし、結局は手抜きせず悔いなく真剣に生きてるもんの勝ちなんだと思う。
いい刺激もらってきました。


地元でも東京でも全力で唄う。
頑張るぞー!



●3月26日(日)北見 Blue Chipper
 「アコギLIVE」
 住所 北見市北4西3-1-2 伊谷ビルB1
 電話 0157-26-6939
 19:00開場 19:30開演
 料金 1,500円 (1ドリンク付)

●4月8日(土) 東京 荻窪 Doctor'sBAR
 【想楽守山流Presents ダダマの渦潮祭 Vol.4 〜続けなければ渦じゃない!〜】
ダダマの渦潮音楽祭!
 出演:ももづか怪鳥、おぐまゆき、キクチシノブ(北海道)、 三原千尋(愛知)、OLD FLAG(岡山)、守山ダダマ
 住所:東京都杉並区上荻1-16-10ローレルビル4F
 18:00開場 18:30開演
 料金 入場料1500円+1D(投げ銭自由)
スポンサーサイト
[ 2017/03/19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

命日でした

ゲイリー・ムーア


昨夜は久し振りにゲイリー・ムーアにどっぷりと浸かってました。
どんなに流麗な速弾きよりも、私はこの人のごつごつざらざらとしたギターの音が大好きです。
もちろん、今でも。


好きな音楽に出会えるのは、幸せなこと。ありがたいこと。
感謝しながら
週末からは、いよいよツアー。
全身全霊込めて唄ってきます。


●2017年2月11日(土)福島県福島市 After&After
 【羽化登仙 感慨無量】
maruちゃん企画2017!
 出演およびタイムテーブル:
 ・17:40~ kissugar(O.A)
 ・18:00~ 藤野恵美
 ・18:40~ Ikasama宗教
 ・19:20~ memeko
 ・19:50~ 休憩
 ・20:10~ maru
 ・20:50~ キクチシノブ
 ・21:30~ 鈴木秀和
 住所:福島市置賜町4-27 第五清水ビル3F
 17:30開場 18:00開演
 料金 予約、当日共に1500円(1ドリンク付)

●2017年2月12日(日) 山形県鶴岡市 Bar TRASH
 【Bar TRASH Acoustic Live】
 出演:Ikasama宗教(宮城)、memeko(東京)、サトウ正春、キクチシノブ(北海道北見) 他
 住所:山形県鶴岡市末広町11-47-2F
 19:00開場 19:30開演
 料金 1,000円(1ドリンク付)

●2017年2月14日(火) 横浜市 Sam's Bar
 「Black Valentine's day 2017 Live」
 出演:禧禧、 フレイヤ、毒桜アンジェリクス、キクチシノブ
 http://www8.plala.or.jp/samsbar/
 住所:横浜市中区宮川町2-55 TKビルB1F
 19:00開場 19:30開演
 料金 1,000円(TC,飲食別,消費税別)
[ 2017/02/07 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ありがとうございました

2009年釧路ジス・イズにて
(2009年2月18日 ジス・イズ 『鎌鼬~細江英公写真展 板橋文夫ソロライブ』を観に行った際のチケット)

2016年1月19日
夕刻に、釧路 JAZZ THIS IS マスター 小林 東さんが天国に旅立たれました。


ジス・イズとの出会いは、10年以上前。
(といっても、ジス・イズの長い長い歴史を思えば、後半のほんの一時期に過ぎないのだとは思うけれど)
初めてお店を訪れたのは、ヤヒロトモヒロさんのライブだった。
当然、まだ札幌在住時のこと。
当時お世話になっていた札幌のジャズバーのマスターや、ジャズミュージシャンの方々から聞いていたお店の評判と
「ヤヒロさんのライブが観たい!聴きたい!」(じゃがたらライブは見られなかったので)の思いが高じて
高速バスに揺られての札幌-釧路の片道約4時間の旅。
ライブの素晴らしさと
釧路の音楽ファンの方々の厳しくも深い温かさと(この表現は、ジスイズを知っている方なら分かってくださると思います)
そして、マスターの人間としての魅力に引き込まれ
その後、頻繁に通うことは出来ずとも、数か月に一度のペースで札幌から通うようになり。
2006年の9月には、マスターからのお誘いで「100人のナーダム」というイベントにも参加させていただいた。


お店に通い初めて間もない頃
大音響で流れる音楽に耳を傾けながらのマスターとの会話の中で
私の好きな音楽や、それまでのいろんな出来事をお話しさせて頂いた時


「あなたは来るべくしてここに来たね」


って
にっこり微笑んで言ってくれた
その言葉と、あの時の笑顔は、今も自分にとって、かけがえのない宝物で、
ジスイズで教えていただいた音楽、写真、舞踏、その他諸々の“表現”の世界のいろんな作品は
すべてが自分にとって、かけがえのない財産です。


たくさんの思い出があるけれど
中でも、一番強烈に印象に残っているのは
2009年のジスイズ30周年記念公演として細江英公さんの写真展と同時開催されていた、板橋文夫さんのソロライブを見に行った際のこと。
板橋さんのソロをあの場所で聴きたい!という思いで釧路まで出かけたのだけれど
板橋さんのライブと同じくらい、同時開催の写真展に衝撃を受けた。
この時の出来事は、すべて今も強烈に自分の中に刻み込まれている。



ジスイズで出会った釧路のミュージシャンや音楽関係の方々は
「あの人(小林東マスター)は、普通に100歳以上まで生きるから大丈夫」
「そのうち復活して、ジスイズ100周年とか、普通にありそう」
って話してたから
FBのコミュニティーから、マスターの訃報に接しても
覚悟も何もできてない状態で
しばし茫然。


でも、
振り返れば、ジスイズにまつわる思い出は、どれも楽しいことばかりで
悲しいよりも
感謝の気持ちが先に立つ。


マスター、ありがとうございました。
お酒の力を借りなくても(笑)何時間でも楽しく過ごせたお店は、ジスイズだけです!
ジスイズが教えてくれた細江英公さんの写真と、去年、群馬の『虫の音』っていう素敵な喫茶店で再会できました。
細江さんの写真が好き、って会話が無かったら、その後の森山大道さんの写真との出会いや小樽のフリーランスとのご縁も無かったかもしれません。
今、自分のまわりで素敵なコトを教えてくれる方々の根っこにあるものは、何故かジスイズで教えてもらったものと繋がっていたりします。それは、北海道内外問わず。


ご冥福を、お祈りいたします。


本当に本当に、ありがとうございました。



[ 2017/01/19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

はじめての梅酒

梅酒2016製

2013年に札幌から北見に移住し、今の家に引っ越したのは2015年の夏のこと。
そして、昨年は庭の梅の木に梅の実が大豊作となったので、初めての梅酒作り。
高村光太郎&智恵子ファンとしては、念願の自家製梅酒です(笑)
半年寝かせて美味しく飲み頃になったので、このお正月は我が家と網走の友人宅にて皆様にもおすそ分け出来ました。
果実酒用ボトル3本漬けたので(←漬け過ぎ;)北見に来てから毎年恒例となっている初夏のツアーでいらっしゃる皆様にも飲んでいただけるかなー、と楽しみにしています(^^)


出会い、再会、ありがたいことです。
北見に来てから、これまで以上にしみじみと思います。
そして
待つだけじゃなく、自分もどんどん動いていこう、ともあらためて思います。
せっかく、それができる街に暮らせているんだから。


強烈なツアー勢をお迎えする前に
今月も、しっかりと地元で唄います!!


●1月21日(土)北見 Blue Chipper
 「アコギLIVE」
 http://bluechipper.web.fc2.com/
 出演:キクチシノブ、LowGunz、SUMISO(斜里)、りん&ねころぶ
 住所 北見市北4西3-1-2 伊谷ビルB1
 電話 0157-26-6939
 19:00開場 19:30開演
 料金 1,500円 (1ドリンク付)

●1月28日(土)札幌 ゴリラチョップSSD
 「ゴリライブ vol.39」
 http://ssd-sapporo.crayonsite.com/
 出演:月森キナ、かりてきたcats、薄野真音会、キクチシノブ、シューイチ・ヴィシャス、てっぺん藤井
 住所 札幌市中央区南3条西6丁目フロントムカイデビル3F左
 (狸小路6丁目入口手前左側が入口)
 20:00開演
 料金 1,000円 (1ドリンク付)


[ 2017/01/14 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2016年を振り返って

自身の風邪で始まり、ダンナさんのインフルエンザで納めることとなった2016年(^^;
あらためまして、今年1年お世話になった皆様、ありがとうございました!!


音楽活動に関して振り返ってみれば
今年のライブ本数は27本。
(カヴァーライブや忘新年会等での飛び入りライブを除く)
今年は諸事情あって、本数としてはここ数年で最も少なくなったんじゃないかと思います(^^;
でも、27本のうち、18本が地元・北見。
北見移住4年目にして、毎月地元でのライブが出来る環境になったことに感慨深いものがありますし、ここに至るまでにいろいろな場所や人を紹介してくださった皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ちなみに北見以外では、東京、神奈川(横浜・野毛)、札幌が各2本ずつ、そして福島、宮城(仙台)、群馬(前橋)が各1本ずつ。
止むを得ない事情で夏場に遠征できなかったから仕方ないとはいえ、ここ10年間毎年ツアーさせていただいていた関西に行けなかったのが残念でした;
来年は是非!!
そして、ご縁の出来た場所には、北海道内外問わず、また呼んでいただけるようコツコツ頑張っていこうと思います。


メジャーを目指すわけでもなく、
辛くても大変でも、仕事を捨てることは考えもせず、
仕事と音楽との両立は当然、という日常の中で
それでも“趣味”“娯楽”って意識ではなく、自分のやりたいように、自分の唄いたいことを、ある意味、自分勝手に唄いつづけている身にとっては
「また聴きたい」「また会いたい」って言葉は、何よりの励みになります。


音楽活動を生活の糧にしていないが故、
「どうせ趣味だろう」
「サラリーマンなんだから金あるんだろう」
って言葉を浴びせられることは、札幌在住時代より減ったとはいえ、インターネット上を見れば、今もゼロではありません。
でも、
一部の人からの心無い言葉は、あくまで一部の人からのものでしかないのだという実感もあるし、
そんな人から金をたかるような言葉を投げつけられても、平然と突っぱねられるくらいには強くなりました。
これからも、良いことばかりじゃないかもしれないけれど、
不愉快なことよりも、ライブの楽しさや、音楽活動を通して知り合った素敵な人たちとの縁を大切にして
不愉快な経験もさらりと流せるくらいに強くありたいと、あらためて思います。



2017年も、よろしくお願い致します!

[ 2016/12/30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)