2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

5月のライブスケジュール

咲くらのお通しセット。美味しかったー!

ほやの塩辛!お酒がすすんで大変!!(^^;

お墓参りに始まり、お墓参りに終わる我が家のGW。
中日(?)の昨日は北見で女子飲み会でした♪
楽しかったー!そして美味しかったー!


リフレッシュして
5月のライブはこれ1本!
今年もやります!!


第3回「野良牛たちが野付牛」

●5月28日(日)北見 ライブハウス夕焼けまつり
 「野良牛たちが野付牛 vol.3」
 出演:チバ大三(from東京/岩手出身)、高橋小一(from神奈川/釧路出身)、“変身忍者”佐藤豪(from東京/北見出身)、MANABU、菊池隼人、キクチシノブ
 http://maturi.yu-yake.com/
 18:00開場 18:30開演
 料金 2,000円(ワンドリンク付)
 【タイムスケジュール】
 ・18:30~19:00 キクチシノブ
 ・19:05~19:35 高橋小一
 ・19:40~20:10 MANABU
  (10分間休憩)
 ・20:20~20:50 チバ大三
 ・20:55~21:25 “変身忍者”佐藤豪
 ・21:30~22:00 菊池隼人

年に一度のチバ大三&高橋小一ライブin北見!
そして今回は、“変身忍者”佐藤豪さんも参戦決定!!
迎え撃つ北見勢は、もちろん今年もお世話になりますのMANABUさん!そしていつものダブル菊池でお送りします。
北見の皆様は勿論、他の街からも、是非いらしてください。一緒に楽しみましょう!!


なお、“変身忍者”佐藤豪さんは、6月にも北見ライブが決まりました!

●6月21日(水)北見 カーティスクリーク
(ライブタイトル未定)
 出演者および出演順:
  キクチシノブ、ayu、“変身忍者“佐藤豪(from東京/北見出身)、NIGHT SCENE
 住所:北見市春光町2-151-6(駐車場あり)
 電話:0157-33-5236
 18:30開演 料金1,000円(別途ドリンクオーダー要)
 タイムスケジュール
 ・18:30~18:50 キクチシノブ
 ・18:55~19:25 ayu
 ・19:30~20:00 “変身忍者”佐藤豪
 ・20:10~20:40 NIGHT SCENE

こちらは私は主催だけで出演はしない予定でしたが、トップバッターで少し唄わせていただくことになりました。
昨年の野良牛ライブでお世話になった北見の重鎮NIGHT SCENE、そして北見が誇る癒し系ママさんシンガーayuさんにも出演していただきます。こちらも是非!


スポンサーサイト
[ 2017/05/03 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2ヶ月ぶりの東北

ダダマの渦潮祭への出演依頼があった時には、仕事のことなど諸事情あって「ライブ当日の飛行機で東京に飛んで、翌日早めの飛行機で帰ってくる感じかなー」と思い、そういう日程で飛行機も取っていたのです。

が、

JR常磐線開通のニュースや
4月1日からの避難指示解除のニュースや
それに関連してのFB、ツイッター等での侃々諤々のやりとりや
諸々目にして耳にして


もう言葉はいいよ
行きたい
行こう


って思い立って、


東京行きの一週間前に飛行機変更。


ライブ前夜の金曜日、仕事の後に最終便で東京へ。
駆けこむように最終の新幹線に飛び乗って、東北へ。
目的地は、福島県南相馬市。
2015年に、チバ大三さんとハルミさんと一緒に初めて福島をツアーした際に訪れた街。
2ヶ月前の東北ツアーでもお世話になりまくった、宮城のIkasama宗教さんの車に乗せていただき、常磐道を一度降りて、国道6号線にて南相馬へ。
イカ宗さんの「地元では、国道6号線をロッコクって言うんだよ」って言葉から、2年前のライブで知り合って、それ以来ずっとお世話になっているご夫婦が関わっている「Rokkoku Song」っていう音楽イベントの名前の意味を初めて実感する。
天気は快晴とはいかなくて、ちょっと小雨が降っていたけれど、でも天気予報ほどの本降りになることはなくて(晴れ女パワー炸裂でした^^)北海道ではあと一か月は見られないであろう満開の桜と真っ白な木蓮の花々を眺めながらのドライブ。
南相馬の道の駅では、美味しいものをたくさん買ってきた。
福島と言えばコレ!な定番お土産から(「うまくて生姜ねぇ」最高!)、
南相馬の和菓子屋さんのおまんじゅうや(みそまんじゅう美味しかったー!)
ドライブ中に飲む用の桃ジュース(ビックリする美味さでした!)。
そして、道の駅の食堂で少し早い昼食に美味しいお蕎麦をいただいて(イカ宗さんが食べてた焼きそばも美味しそうだったー!!)。


そして、2年前には時間の都合で途中で引き返した6号線を進む。


写真は、撮りませんでした。
写真で誰かに伝えることは、他の誰かにお願いします。ニュースでもたくさん流れているし。
車の窓から見えたのは、
避難指示が解除された場所の、ささやかだけれど確実なにぎわいと、
それとは悲しいくらいに対照的な、まだ避難指示区域になっている場所の、時間が止まったような景色。
窓から見える景色は、道路側からの(車の事故等の)力じゃなく、海側からの力でねじ曲がったことが明らかに分かるガードレールがそのままになっていたり
地震で崩れた建物が、まだ残っていたり。
国道からの脇道や道路沿いの家々の門にはバリケードが置かれていて、道路わきの標識には、2年前と変わらず、歩行者禁止・2輪車走行禁止、の標識も。


でも、
そんな中でも、2年前にはたくさんの植物がからみついていて「これじゃ列車なんて走れないよ・・・」って思ってしまった線路はすっかりきれいに整備されていたし
避難指示区域になっている街の道路わきで表示されている放射線量は、2年前に見た時の半分以下にまで下がっていた。


きれいごとで希望ばかりを語ることなんて出来ないけれど
少なくとも自分は、前を向いていたいし
前を向いて、おだやかに自分の暮らしを守ろうとしてる人達が好きだから
そんな人達と一緒に、「この街が好きです」「ここは、私にとって大好きな場所なんですよ」って、言い続けてゆこうと思う。


ライブでもなく、旅行と言うにはあまりにも短時間ではあったけれど、それでも、やっぱり行って良かったです。
私のわがままなお願いに快く応じてくださったイカ宗さんに感謝です。



・・・しかし、まさかそのまま東京まで送って頂き、ライブをご覧いただくことになろうとは(感涙)
2ヶ月前の東北ツアーに引き続き、何から何まで、本当にありがとうございました。


たった2泊3日だったけれど
諸々、忘れられない旅になりました。
お会いしたすべての皆様、ありがとうございました。
また再会を!!
[ 2017/04/12 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

屈斜路~野付半島~中標津

結氷中の屈斜路湖
(美幌峠から屈斜路湖を望む。湖面は結氷中)

野付半島の流氷
(野付半島にて流氷接岸中。向こうに見えるのは国後島。)

エゾシカと
(エゾシカと見つめ合う怨念唄うたい)

昼間のお仕事が繁忙期で残業続きの毎日ですが
昨日は屈斜路湖経由、野付半島流氷観光を経て、中標津へ。
札幌在住時からよく共演していて、今は中標津にいる音楽仲間の企画によるアコースティックライブを見てきた。
いいライブでした。

音楽一本で生きていくのも、仕事や家庭を守りながら音楽やってるのも、客席から見れば、どちらもステージに立ってる人間。
どっちを選んでも、どっちも覚悟のいることだし、結局は手抜きせず悔いなく真剣に生きてるもんの勝ちなんだと思う。
いい刺激もらってきました。


地元でも東京でも全力で唄う。
頑張るぞー!



●3月26日(日)北見 Blue Chipper
 「アコギLIVE」
 住所 北見市北4西3-1-2 伊谷ビルB1
 電話 0157-26-6939
 19:00開場 19:30開演
 料金 1,500円 (1ドリンク付)

●4月8日(土) 東京 荻窪 Doctor'sBAR
 【想楽守山流Presents ダダマの渦潮祭 Vol.4 〜続けなければ渦じゃない!〜】
ダダマの渦潮音楽祭!
 出演:ももづか怪鳥、おぐまゆき、キクチシノブ(北海道)、 三原千尋(愛知)、OLD FLAG(岡山)、守山ダダマ
 住所:東京都杉並区上荻1-16-10ローレルビル4F
 18:00開場 18:30開演
 料金 入場料1500円+1D(投げ銭自由)
[ 2017/03/19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

命日でした

ゲイリー・ムーア


昨夜は久し振りにゲイリー・ムーアにどっぷりと浸かってました。
どんなに流麗な速弾きよりも、私はこの人のごつごつざらざらとしたギターの音が大好きです。
もちろん、今でも。


好きな音楽に出会えるのは、幸せなこと。ありがたいこと。
感謝しながら
週末からは、いよいよツアー。
全身全霊込めて唄ってきます。


●2017年2月11日(土)福島県福島市 After&After
 【羽化登仙 感慨無量】
maruちゃん企画2017!
 出演およびタイムテーブル:
 ・17:40~ kissugar(O.A)
 ・18:00~ 藤野恵美
 ・18:40~ Ikasama宗教
 ・19:20~ memeko
 ・19:50~ 休憩
 ・20:10~ maru
 ・20:50~ キクチシノブ
 ・21:30~ 鈴木秀和
 住所:福島市置賜町4-27 第五清水ビル3F
 17:30開場 18:00開演
 料金 予約、当日共に1500円(1ドリンク付)

●2017年2月12日(日) 山形県鶴岡市 Bar TRASH
 【Bar TRASH Acoustic Live】
 出演:Ikasama宗教(宮城)、memeko(東京)、サトウ正春、キクチシノブ(北海道北見) 他
 住所:山形県鶴岡市末広町11-47-2F
 19:00開場 19:30開演
 料金 1,000円(1ドリンク付)

●2017年2月14日(火) 横浜市 Sam's Bar
 「Black Valentine's day 2017 Live」
 出演:禧禧、 フレイヤ、毒桜アンジェリクス、キクチシノブ
 http://www8.plala.or.jp/samsbar/
 住所:横浜市中区宮川町2-55 TKビルB1F
 19:00開場 19:30開演
 料金 1,000円(TC,飲食別,消費税別)
[ 2017/02/07 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ありがとうございました

2009年釧路ジス・イズにて
(2009年2月18日 ジス・イズ 『鎌鼬~細江英公写真展 板橋文夫ソロライブ』を観に行った際のチケット)

2016年1月19日
夕刻に、釧路 JAZZ THIS IS マスター 小林 東さんが天国に旅立たれました。


ジス・イズとの出会いは、10年以上前。
(といっても、ジス・イズの長い長い歴史を思えば、後半のほんの一時期に過ぎないのだとは思うけれど)
初めてお店を訪れたのは、ヤヒロトモヒロさんのライブだった。
当然、まだ札幌在住時のこと。
当時お世話になっていた札幌のジャズバーのマスターや、ジャズミュージシャンの方々から聞いていたお店の評判と
「ヤヒロさんのライブが観たい!聴きたい!」(じゃがたらライブは見られなかったので)の思いが高じて
高速バスに揺られての札幌-釧路の片道約4時間の旅。
ライブの素晴らしさと
釧路の音楽ファンの方々の厳しくも深い温かさと(この表現は、ジスイズを知っている方なら分かってくださると思います)
そして、マスターの人間としての魅力に引き込まれ
その後、頻繁に通うことは出来ずとも、数か月に一度のペースで札幌から通うようになり。
2006年の9月には、マスターからのお誘いで「100人のナーダム」というイベントにも参加させていただいた。


お店に通い初めて間もない頃
大音響で流れる音楽に耳を傾けながらのマスターとの会話の中で
私の好きな音楽や、それまでのいろんな出来事をお話しさせて頂いた時


「あなたは来るべくしてここに来たね」


って
にっこり微笑んで言ってくれた
その言葉と、あの時の笑顔は、今も自分にとって、かけがえのない宝物で、
ジスイズで教えていただいた音楽、写真、舞踏、その他諸々の“表現”の世界のいろんな作品は
すべてが自分にとって、かけがえのない財産です。


たくさんの思い出があるけれど
中でも、一番強烈に印象に残っているのは
2009年のジスイズ30周年記念公演として細江英公さんの写真展と同時開催されていた、板橋文夫さんのソロライブを見に行った際のこと。
板橋さんのソロをあの場所で聴きたい!という思いで釧路まで出かけたのだけれど
板橋さんのライブと同じくらい、同時開催の写真展に衝撃を受けた。
この時の出来事は、すべて今も強烈に自分の中に刻み込まれている。



ジスイズで出会った釧路のミュージシャンや音楽関係の方々は
「あの人(小林東マスター)は、普通に100歳以上まで生きるから大丈夫」
「そのうち復活して、ジスイズ100周年とか、普通にありそう」
って話してたから
FBのコミュニティーから、マスターの訃報に接しても
覚悟も何もできてない状態で
しばし茫然。


でも、
振り返れば、ジスイズにまつわる思い出は、どれも楽しいことばかりで
悲しいよりも
感謝の気持ちが先に立つ。


マスター、ありがとうございました。
お酒の力を借りなくても(笑)何時間でも楽しく過ごせたお店は、ジスイズだけです!
ジスイズが教えてくれた細江英公さんの写真と、去年、群馬の『虫の音』っていう素敵な喫茶店で再会できました。
細江さんの写真が好き、って会話が無かったら、その後の森山大道さんの写真との出会いや小樽のフリーランスとのご縁も無かったかもしれません。
今、自分のまわりで素敵なコトを教えてくれる方々の根っこにあるものは、何故かジスイズで教えてもらったものと繋がっていたりします。それは、北海道内外問わず。


ご冥福を、お祈りいたします。


本当に本当に、ありがとうございました。



[ 2017/01/19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)